深夜病棟での心霊体験

公開日: 心霊体験

病院(フリー写真)

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。

その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。

その兄が今までで一番怖かった、と言う話。

兄はその日夜勤で、たまたま一人でナースステイションで書類を書いていた。

その時、ふと視界の隅の廊下で、人影がふらふらしているのが目に入った。

兄は、入院している患者が夜中に御手洗いにでも行くのだろう程度に思っていたらしい。

だが何時まで経っても、視界の隅でその人影は廊下をふらふらとしている。

ちらりと目をやると、どうやら髪の長い、浴衣を着た若い女性のようだ。

きっと昼間に寝てしまい眠れなくなってしまったのだろうと、書類にまた目を戻したその瞬間、

『そんな訳ないっ!!』

と、咄嗟に頭の中で兄は考えた。

この病院は老人専門の病院だ。若い女性が入院してる訳がない。

同じ夜勤の看護婦ならナース服を着ているから一目で分かる。

危篤の患者の家族だとしたら、自分の所にも連絡が来ているはずだ。

第一、今夜は危篤の患者など居やしない。

では一体!?

と顔を上げると、目の前の鼻先がくっ付かんばかりのところに女の顔があった。

長い髪、血の気のない無表情な顔、何も映っていない瞳。

その瞳と目が合った瞬間、兄は踵を返し、後ろを振り返る事なく一目散に他の階のナースステーションに駆け込んだ。

怯え慌てふためいている兄の様子を見て、その階の看護婦はまだ何も言ってないのに一言。

「そのうち慣れるわよ」

その時兄は、女性の方が余程肝が座っていると思ったそうだ。

ちなみに病院とあの若い女性の因果関係は、結局判らずじまいだそうだ。

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

日本家屋(フリー写真)

押し入れの右下

5年前の夏、祖母の家で体験した出来事です。 祖母は少々偏屈で、父がいくらうちで一緒に暮そうと言っても聞かなかった。 それも理由があってのことだったらしいと、後から判ったのだ…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

アナログカメラ(フリー素材)

禍々しい心霊写真

私が学生の時の話です。 同じゼミに気の合う友人が居ました。 本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。 ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました…

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。 リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

トンネル(フリー写真)

車の手形

ある日、大学生のカップルが山へドライブに行きました。 夕方になり、辺りが薄暗くなった頃に帰ろうとしたのですが、道を間違えたのか、行きでは通らなかった古びたトンネルに行き着いてしま…

民家

さしあげますから

もう10年以上前の大学時代の事。 当時、実家の近所にある小さな運送会社で、荷分けやトラック助手のバイトをしていた。 現場を仕切っていたのは、社長の息子で2つ年上の若旦那。 …

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。 長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。 広島県F市某町、地元の人…

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。 オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。 しかし…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。 嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。 今は多少綺麗に並んで…