深夜病棟での心霊体験

公開日: 心霊体験

病院(フリー写真)

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。

その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。

その兄が今までで一番怖かった、と言う話。

兄はその日夜勤で、たまたま一人でナースステイションで書類を書いていた。

その時、ふと視界の隅の廊下で、人影がふらふらしているのが目に入った。

兄は、入院している患者が夜中に御手洗いにでも行くのだろう程度に思っていたらしい。

だが何時まで経っても、視界の隅でその人影は廊下をふらふらとしている。

ちらりと目をやると、どうやら髪の長い、浴衣を着た若い女性のようだ。

きっと昼間に寝てしまい眠れなくなってしまったのだろうと、書類にまた目を戻したその瞬間、

『そんな訳ないっ!!』

と、咄嗟に頭の中で兄は考えた。

この病院は老人専門の病院だ。若い女性が入院してる訳がない。

同じ夜勤の看護婦ならナース服を着ているから一目で分かる。

危篤の患者の家族だとしたら、自分の所にも連絡が来ているはずだ。

第一、今夜は危篤の患者など居やしない。

では一体!?

と顔を上げると、目の前の鼻先がくっ付かんばかりのところに女の顔があった。

長い髪、血の気のない無表情な顔、何も映っていない瞳。

その瞳と目が合った瞬間、兄は踵を返し、後ろを振り返る事なく一目散に他の階のナースステーションに駆け込んだ。

怯え慌てふためいている兄の様子を見て、その階の看護婦はまだ何も言ってないのに一言。

「そのうち慣れるわよ」

その時兄は、女性の方が余程肝が座っていると思ったそうだ。

ちなみに病院とあの若い女性の因果関係は、結局判らずじまいだそうだ。

隣の女子大生

貧相なアパートに暮らす彼の唯一の楽しみは、隣に住む美女と語らうひとときだった。 ただ、一つだけ腑に落ちない点が…。 当時、彼の住むアパートは、築30年の6畳一間で、おんぼろ…

兄妹(フリー写真)

視える弟

最初に気が付いたのは、私が小学4年生で、弟が小学2年生の時。 一緒にガンダムを見ていたら、普段滅多に口を開かない大人しい弟が不意に後ろを振り返り、 「聞こえない」 と…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。 県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。 でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。 男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…

高校の修学旅行で泊まった宿が海沿いの部屋だったんだ。 6人部屋で、消灯過ぎても遊ぶじゃん。 そしたら寝落ちした奴の枕元に女が居んの。枕元でジーっと寝落ちした奴の顔見てた。 …

白い女の話

自分は小中高と、全寮制の学校に通っていた。 凄いど田舎で、そこそこ古い学校。文字通り山の中にある。 狸もよく見かけたし、雉もいた。 裏庭に生徒が何人か集まり、許可を取…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…

古いタンス(フリー素材)

入ってはいけない部屋

俺の家は田舎で、子供の頃から「絶対に入るな」と言われていた部屋があった。 入るなと言われれば入りたくなるのが人の性というもので、俺は中学生の頃にこっそり入ってみた。 何とい…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …