深夜病棟での心霊体験

公開日: 心霊体験

病院(フリー写真)

私の兄は、神奈川県の某老人病院で看護士をしている。

その病院では、夜中に誰も乗っていないエレベーターが突然動き出したりなど、如何にも病院らしい話がよくあるとの事。

その兄が今までで一番怖かった、と言う話。

兄はその日夜勤で、たまたま一人でナースステイションで書類を書いていた。

その時、ふと視界の隅の廊下で、人影がふらふらしているのが目に入った。

兄は、入院している患者が夜中に御手洗いにでも行くのだろう程度に思っていたらしい。

だが何時まで経っても、視界の隅でその人影は廊下をふらふらとしている。

ちらりと目をやると、どうやら髪の長い、浴衣を着た若い女性のようだ。

きっと昼間に寝てしまい眠れなくなってしまったのだろうと、書類にまた目を戻したその瞬間、

『そんな訳ないっ!!』

と、咄嗟に頭の中で兄は考えた。

この病院は老人専門の病院だ。若い女性が入院してる訳がない。

同じ夜勤の看護婦ならナース服を着ているから一目で分かる。

危篤の患者の家族だとしたら、自分の所にも連絡が来ているはずだ。

第一、今夜は危篤の患者など居やしない。

では一体!?

と顔を上げると、目の前の鼻先がくっ付かんばかりのところに女の顔があった。

長い髪、血の気のない無表情な顔、何も映っていない瞳。

その瞳と目が合った瞬間、兄は踵を返し、後ろを振り返る事なく一目散に他の階のナースステーションに駆け込んだ。

怯え慌てふためいている兄の様子を見て、その階の看護婦はまだ何も言ってないのに一言。

「そのうち慣れるわよ」

その時兄は、女性の方が余程肝が座っていると思ったそうだ。

ちなみに病院とあの若い女性の因果関係は、結局判らずじまいだそうだ。

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

顔を両手で覆う人々

人混みに紛れて妙なものが見えることに気付いたのは去年の暮れからだ。 顔を両手で覆っている人間である。ちょうど赤ん坊をあやすときの格好だ。 駅の雑踏の様に絶えず人が動いている…

呼ばれてる

皆さんは深夜、急に喉が渇いて水を飲みに2階から1階まで降りた事はありませんか? もしかしたらマンションやアパート、平屋建ての方もいるかもしれませんが。 そんな時は霊に呼ばれ…

中古車

視える娘

娘が3才くらいの時、中古で大き目の車を買いました。 私も娘も大喜びで、大きな車を楽しんでいました。 しかし数週間経った頃、娘が車に乗り込もうとした時に急に大泣き。 「…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。 その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。 目的のエリアに着いて『…

変なタクシー

昨日、ひどく恐ろしい体験をしました。 便宜上昨日と言いましたが、実際は日付が変わって本日の午前1時過ぎのこと。 残業のため終電で帰ってきた私は、家の近くまで走っているバスが…

トンネルの女の子

ちょっと書かせてもらう。怖かったんだ。ほんとに怖かったんだ。 20数年生きてて心霊現象なんてついぞお目にかかったことがなくてさ。 怖い話は好きだけど、そんなの実際にはありえ…

着信あり

自分なりに恐かった体験を書いてみようと思う。 もう4、5年は経ったし、何より関係者全員が無事に生きてる。 恐い思いをしただけで済んだのだからいいやと思う反面、やっぱりあれは…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …

河川敷(フリー素材)

昔の刑場

俺のおふくろは戦前、満州から北朝鮮の辺りに開拓移民で居たのだが、夕暮れ時に街角の十字路で1メートルを超える人魂を見たことがあると言っていたな。 ぽっかりと浮かんだ人魂は、逢魔が時…