廃墟旅館の噂

公開日: 心霊体験

廃ホテル(フリー写真)

うちの地元に、ある旅館があった。

その旅館は、いわゆる高度経済成長の時代、レジャーブームに乗って出来たものだった。

そして80年代後半に入ると、レジャーの多様化、海外旅行ブーム、老朽化などにより、その旅館の経営は少々下り坂に入ったという。

時は折りしもバブルの時代。その旅館と敷地は開発会社に買い取られ、その旅館は閉鎖された。

噂では、長期滞在型のリゾート開発が行われ、その旅館の土地にはリゾートマンションが建設されるとのことだった。

しかし開発が始まる前に、バブルは崩壊。

旅館とその周辺の土地を買い漁った開発会社も倒産したとのことだった。

見事に不良債権となった旅館とその周辺には誰も手を付けず、荒れ果て、旅館は廃墟と化して行った。

元々道路から少し奥まった所に建っていたその旅館。

営業していた時は、道路に旅館の案内看板も建っており、道路からも明かりの灯る旅館を見る事が出来た。

それも今や漆黒の闇の中、生い茂る草木の向こうに、廃墟と化した旅館が見えるという状況。

今は営業時の面影も無く、闇に浮かぶ旅館には不気味さすら感じられるようになった。

廃墟と化し、不気味さすら漂わせるようになったためか、その頃からその旅館にある噂が漂い始めた。

いわゆる「幽霊が出る」という噂である。

曰く「オーナーが経営苦によって自殺をし、そのオーナーの霊が出る」

曰く「開発会社の社長がそこで自殺をし、その社長が…」

曰く「営業していた頃、殺人事件があり…」

もちろん、どれも根も葉もない噂である。

その旅館の元経営者は、下り坂になり始めた時に旅館と土地を開発会社に高値で売り、今でも悠々自適の生活をしている。

開発会社は倒産したらしいが、社長がそこで自殺したなどという事実は無い。

殺人事件も勿論無かった。

まあ、地元の廃墟と化した経緯を知っている人間が見ても不気味さを感じるのだから、そういう事情を知らない外の人が見れば、そんな作り話も出来るのかもしれない。

ただ、その廃墟と化した旅館の窓に「青白い光を見た」「人影を見た」という地元の人も居たのは事実である。

かく言う私も、実は旅館の窓に「青白い光」「人影」を見てドキッとしたことが二度三度あった。

しかし私や地元の人たちが「青白い光」「人影」を見始めたのは「幽霊が出る」という噂が立ち、その旅館が肝試しスポットとなりつつあった時である。

人影や青白い光の正体も、幽霊などでは勿論無く、大方肝試しに訪れた人や、その人の持つ懐中電灯などであろうと思ったし、地元の人も大半はそう信じていた。

事実、廃墟と化した旅館は、道路から見えることなどと相まって、

『幽霊が出る旅館の廃墟』

という肝試しスポットとして有名になって行った。

私は読んだ事は無いが、雑誌などにも上記の根も葉もない因縁話。

そして実際に幽霊を見たとする目撃者の話などと一緒に、何度か取り上げられたという話である。

後は、その手の廃墟のお約束で、物見遊山気分の若者たちや真夜中に大騒ぎする若者達が集まるようになり、地元でそれが問題となり、その旅館の取り壊しが求められるようになった。

そしてまた月日は流れ、その旅館がいよいよ取り壊されることとなった。

跡地には複合大型ショッピングセンターが出来るとのことだった。

その旅館が廃業してから十数年、少々不気味だったとは言え、見慣れた光景が消えることに一抹の寂しさも覚えた。

そして取り壊し工事が始まり数日後、その廃墟に警察車両が多数停まっているのを見た。

「何か事故でもあったのかな?」

家に帰りニュースを見て、警察車両が集まっていた理由を知った。

その旅館の解体工事中に、白骨化した遺体が見つかったとのこと。死後6年から10年が経過しているとのことだった。

それは『旅館の廃墟に幽霊が出る』という噂が立ち始めた時期と一致する。

関連記事

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。その時、隣に二人の女の子…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

薄暗い校舎の廊下(フリー写真)

入れ替わった鬼

あまりにも不思議で、背筋が寒くなった話。当時、中学3年生だった私。師匠というあだ名の女の子と仲が良くて、よく一緒に騒いでいた。あれは確か冬の雨の日のことだった。…

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。特に用事もなかったけど、俺は断った。でも、しつこく誘って…

古い一軒家(フリー写真)

黒く塗り潰された家

昔、今とは別の仕事をしていた時の事。その日はいつも居る支店とは違う支店エリアでの営業で、渡された地図を片手に歩きながら、飛び込み営業の仕事だった。目的のエリアに着いて『…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

夜の池(フリー写真)

夜釣りでの恐怖体験

友人から聞いた話。彼がヘラブナ釣りに嵌まり始めた頃のこと。夜中に無性に竿が振りたくなり、山奥のため池へ出掛けたのだという。餌の準備をしていると、向こう岸に誰かが…

風呂の蓋

これはある女性がOLとして働きながら、一人暮らしをしていた数年前の夏の夜の話である。彼女が当時住んでいた1DKは、トイレと浴槽が一緒になったユニットバス。ある夜、沸いた…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…