廃墟旅館の噂

公開日: 心霊体験

廃ホテル(フリー写真)

うちの地元に、ある旅館があった。

その旅館は、いわゆる高度経済成長の時代、レジャーブームに乗って出来たものだった。

そして80年代後半に入ると、レジャーの多様化、海外旅行ブーム、老朽化などにより、その旅館の経営は少々下り坂に入ったという。

時は折りしもバブルの時代。その旅館と敷地は開発会社に買い取られ、その旅館は閉鎖された。

噂では、長期滞在型のリゾート開発が行われ、その旅館の土地にはリゾートマンションが建設されるとのことだった。

しかし開発が始まる前に、バブルは崩壊。

旅館とその周辺の土地を買い漁った開発会社も倒産したとのことだった。

見事に不良債権となった旅館とその周辺には誰も手を付けず、荒れ果て、旅館は廃墟と化して行った。

元々道路から少し奥まった所に建っていたその旅館。

営業していた時は、道路に旅館の案内看板も建っており、道路からも明かりの灯る旅館を見る事が出来た。

それも今や漆黒の闇の中、生い茂る草木の向こうに、廃墟と化した旅館が見えるという状況。

今は営業時の面影も無く、闇に浮かぶ旅館には不気味さすら感じられるようになった。

廃墟と化し、不気味さすら漂わせるようになったためか、その頃からその旅館にある噂が漂い始めた。

いわゆる「幽霊が出る」という噂である。

曰く「オーナーが経営苦によって自殺をし、そのオーナーの霊が出る」

曰く「開発会社の社長がそこで自殺をし、その社長が…」

曰く「営業していた頃、殺人事件があり…」

もちろん、どれも根も葉もない噂である。

その旅館の元経営者は、下り坂になり始めた時に旅館と土地を開発会社に高値で売り、今でも悠々自適の生活をしている。

開発会社は倒産したらしいが、社長がそこで自殺したなどという事実は無い。

殺人事件も勿論無かった。

まあ、地元の廃墟と化した経緯を知っている人間が見ても不気味さを感じるのだから、そういう事情を知らない外の人が見れば、そんな作り話も出来るのかもしれない。

ただ、その廃墟と化した旅館の窓に「青白い光を見た」「人影を見た」という地元の人も居たのは事実である。

かく言う私も、実は旅館の窓に「青白い光」「人影」を見てドキッとしたことが二度三度あった。

しかし私や地元の人たちが「青白い光」「人影」を見始めたのは「幽霊が出る」という噂が立ち、その旅館が肝試しスポットとなりつつあった時である。

人影や青白い光の正体も、幽霊などでは勿論無く、大方肝試しに訪れた人や、その人の持つ懐中電灯などであろうと思ったし、地元の人も大半はそう信じていた。

事実、廃墟と化した旅館は、道路から見えることなどと相まって、

『幽霊が出る旅館の廃墟』

という肝試しスポットとして有名になって行った。

私は読んだ事は無いが、雑誌などにも上記の根も葉もない因縁話。

そして実際に幽霊を見たとする目撃者の話などと一緒に、何度か取り上げられたという話である。

後は、その手の廃墟のお約束で、物見遊山気分の若者たちや真夜中に大騒ぎする若者達が集まるようになり、地元でそれが問題となり、その旅館の取り壊しが求められるようになった。

そしてまた月日は流れ、その旅館がいよいよ取り壊されることとなった。

跡地には複合大型ショッピングセンターが出来るとのことだった。

その旅館が廃業してから十数年、少々不気味だったとは言え、見慣れた光景が消えることに一抹の寂しさも覚えた。

そして取り壊し工事が始まり数日後、その廃墟に警察車両が多数停まっているのを見た。

「何か事故でもあったのかな?」

家に帰りニュースを見て、警察車両が集まっていた理由を知った。

その旅館の解体工事中に、白骨化した遺体が見つかったとのこと。死後6年から10年が経過しているとのことだった。

それは『旅館の廃墟に幽霊が出る』という噂が立ち始めた時期と一致する。

関連記事

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

ゼンゾウ

伯父が都内の西側にちょっと広い土地と工場の跡地を持っていたんだ。不況で損害を被った伯父は、これを売りたがっていたんだよ。と言っても伯父も金が無くてね。更地には出来なかっ…

抽象画

息子を迎えに来ますからね

知人のおばあさんは我が強くて恐い人だけど、自分の母親の話をする時だけは顔つきが穏やかになる。その人から聞いた昔話が原因の出来事。 ※ そのおばあさんの母親(仮にAさんとする)は、お…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

古民家(フリー写真)

庭にあるお墓

そんなに怖くないかもしれませんが、私の体験談です。埼玉県のとある地域に住んでいるのですが、何代も前から住んでいる人たちの間に、ある習慣があります。それにまつわるお話です…

プログラマーの残業

元同僚のプログラマーから聞いた話なんですが、彼女(A子とします)が以前勤めていた会社での体験です。A子が転職する間際のことだったそうなんですが、退職間際になっても残案件が山積み…

だ~れだ?

今から2年程前のことです。とあるアパートに彼女と同棲していました。その日はバイトが早めに終わり、一人でテレビを見ながら彼女の帰りを待っていると、「だ~れだ?」という声と共に目隠…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…