禍々しい心霊写真

公開日: 心霊体験

アナログカメラ(フリー素材)

私が学生の時の話です。

同じゼミに気の合う友人が居ました。

本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。

ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました。

「変なモノが撮れたんだ…」

彼曰く、先週の飲み会の時に撮った写真の中に、変なモノが写ったとの事。

早速見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、なかなかその写真を見せてはくれません。

もちろん気にはなりましたが、彼の落ち込み様を見ていると、強く押し通す事は躊躇われました。

その三日後、彼は更に深刻な顔で落ち込んでいました。

目にクマまで作り、暫くの間安睡できていない事は一目瞭然でした。

きっとあの写真が原因だろう。

そう思った私は、その時に湧き上がる嫌な予感を押し込めるようにして、彼にあの写真を見せてくれるよう再度頼んでみました。

「…解った」

何かを決意した彼は、やっとその写真を見せる事を了承してくれました。

本当に見て良いのか?

自分でお願いをしておきながら、その写真を見る事への不安は纏わりついたままで、私は何だか気持ち悪くなっていました。

彼の家でそれを見せてもらう事を約束し、その場を後にしました。

その日の夜。彼のアパートを訪れました。

「ピンポーン」

何度チャイムを鳴らしても、彼は一向に出て来ません。部屋の電気は点いているのに。

『寝ているのか?』

そう思った私は、ドアノブに手を掛けました。

「カチャリ」

開いています。

狭い部屋なので、ドアを開け部屋を覗いた瞬間、不在か否か確認できます。

彼は家を開けたまま不在でした。

『いいよな、別に…』

と思いつつ、部屋に勝手に上がらせてもらい、彼の机の上にふと視線を向けました。

そこには灰皿があり、燃え滓が残っていました。

写真とネガの燃え滓です。

それを見た時、何故か解りませんが、押し潰されそうな物凄い不安に捕われた事を、今でも憶えています。

その燃え滓については、完全に燃え尽きてしまっていて、何が写っているのかまでは判別できませんでした。

そして次に、その机の下に一枚だけ写真が落ちている事に気付きました。

その写真には、異様なモノが映っていました。

彼の顔がねじ切られるように、グニャリとしたものになっているのです。

禍々しい。一言で言ってしまえば、心霊写真そのものです。

もうそこには一秒たりとも居られませんでした。

彼はその日を境に行方不明になりました。

関連記事

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

学校の校門(フリーイラスト)

校門を閉じる習慣

私の通っていた高校には、17時のサイレンが鳴ると共に、用務員の人が急いで校門を閉める習慣がありました。まだ下校のチャイムすら鳴っていないのに正門を閉めるのです。生徒はい…

アパート(フリー写真)

引っ掻く音

大学時代にアパートで一人暮らしをすることになった。そのアパートは、太陽の光が当たる二階の部屋と、駐車場に近い一階の部屋が空いていて、俺は駐車場が近い一階の部屋に住むことにした。…

雪国(フリー写真)

無医村

爺ちゃんは当時、凄い田舎の山村に住んでいて、村にはあまり評判の良くない医者が一軒しかなかった。ある時、爺ちゃんの知り合いの年配の男性が盲腸になり、仕方なくその医者に手術してもら…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

かんかんだら(長編)

中学生の頃は田舎もんの世間知らずで、悪友の英二、瞬と三人で毎日バカやってた。まぁチンピラみたいなもん。俺と英二は両親にもまるっきり見放されてたんだが、瞬のお母さんだけは必ず瞬を…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。いつものように、帰りが2時を過ぎ…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

高田馬場のアパート

7年前の話。大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…