禍々しい心霊写真

公開日: 心霊体験

アナログカメラ(フリー素材)

私が学生の時の話です。

同じゼミに気の合う友人が居ました。

本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。

ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました。

「変なモノが撮れたんだ…」

彼曰く、先週の飲み会の時に撮った写真の中に、変なモノが写ったとの事。

早速見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、なかなかその写真を見せてはくれません。

もちろん気にはなりましたが、彼の落ち込み様を見ていると、強く押し通す事は躊躇われました。

その三日後、彼は更に深刻な顔で落ち込んでいました。

目にクマまで作り、暫くの間安睡できていない事は一目瞭然でした。

きっとあの写真が原因だろう。

そう思った私は、その時に湧き上がる嫌な予感を押し込めるようにして、彼にあの写真を見せてくれるよう再度頼んでみました。

「…解った」

何かを決意した彼は、やっとその写真を見せる事を了承してくれました。

本当に見て良いのか?

自分でお願いをしておきながら、その写真を見る事への不安は纏わりついたままで、私は何だか気持ち悪くなっていました。

彼の家でそれを見せてもらう事を約束し、その場を後にしました。

その日の夜。彼のアパートを訪れました。

「ピンポーン」

何度チャイムを鳴らしても、彼は一向に出て来ません。部屋の電気は点いているのに。

『寝ているのか?』

そう思った私は、ドアノブに手を掛けました。

「カチャリ」

開いています。

狭い部屋なので、ドアを開け部屋を覗いた瞬間、不在か否か確認できます。

彼は家を開けたまま不在でした。

『いいよな、別に…』

と思いつつ、部屋に勝手に上がらせてもらい、彼の机の上にふと視線を向けました。

そこには灰皿があり、燃え滓が残っていました。

写真とネガの燃え滓です。

それを見た時、何故か解りませんが、押し潰されそうな物凄い不安に捕われた事を、今でも憶えています。

その燃え滓については、完全に燃え尽きてしまっていて、何が写っているのかまでは判別できませんでした。

そして次に、その机の下に一枚だけ写真が落ちている事に気付きました。

その写真には、異様なモノが映っていました。

彼の顔がねじ切られるように、グニャリとしたものになっているのです。

禍々しい。一言で言ってしまえば、心霊写真そのものです。

もうそこには一秒たりとも居られませんでした。

彼はその日を境に行方不明になりました。

関連記事

なんで逃げちゃったの

これは数年前に友人(仮にAとします)から聞いた話です。その当時Aは高校2年生。そしてそれは夏休みの出来事だった。夜22時頃にAの携帯が突然鳴った。Aの近所に住む中学校か…

赤い顔

赤い爺さん

友人Yから聞いた話。今から二年程前、Yの爺さんが亡くなった。Yは昔から超が付く程の爺さんっ子だったものだから、葬式の時は年甲斐もなく鼻水を垂らしながらわんわん泣いたらし…

(゚Д゚)ハァ?って表情になって消えた

学生の頃の話。夜、部屋で寝てたら急に金縛りになった。変な気配がしたので目だけ動かして窓の方を見たら、顔が沢山浮かんでこっち見てた。なんか霊とかってどんなものかよ…

木更津古書店

これは自分の体験談という訳ではないんですが…。幽霊やなんかの仕業なのかもよく分かりません。私も大分絡んではいるんですが、祖母の様子がちょっと変なんです。原因は判っています。一通…

観音開きの蓋

私がまだ小さかった頃に体験した話です好奇心旺盛だった私はよく馬鹿な事をして怪我をし、親に心配をかけるようなそそっかしい子供でした。その当時、私と家族は10階建ての団地の…

峠(フリー写真)

峠の廃村

俺はオフロードバイクでソロツーリングするのが趣味だ。連休にはよく一人で遠出する。今年のお盆休みに、九州の南端を目指して三泊四日の予定でツーリングに出発した。もちろん、…

立ち入り禁止の波止場

友達の怖い話。仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。例えば夜…

花(フリー写真)

連れて帰って来た子

小学3年生の時、友達の妹が亡くなった。医療事故とのことですが、詳細は不明。私もよく一緒に遊んでいたので、お葬式に行った。 ※ 家に帰ると、当時3才の弟が普段とは違う…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルの調査

俺がフリーの調査業をやっていた頃に経験した話です。その時に受けた仕事は、とある出版社の心霊関係の特集の調査で、俗に言う心霊スポットを調査して事実関係を調べる仕事でした。…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…