禍々しい心霊写真

公開日: 心霊体験

アナログカメラ(フリー素材)

私が学生の時の話です。

同じゼミに気の合う友人が居ました。

本当に気が合う友人で、よく飲みに行ったりする仲でした。

ある日、何だか神妙な顔をして彼が話し掛けてきました。

「変なモノが撮れたんだ…」

彼曰く、先週の飲み会の時に撮った写真の中に、変なモノが写ったとの事。

早速見せてもらおうとお願いしましたが、彼は何故か躊躇し、なかなかその写真を見せてはくれません。

もちろん気にはなりましたが、彼の落ち込み様を見ていると、強く押し通す事は躊躇われました。

その三日後、彼は更に深刻な顔で落ち込んでいました。

目にクマまで作り、暫くの間安睡できていない事は一目瞭然でした。

きっとあの写真が原因だろう。

そう思った私は、その時に湧き上がる嫌な予感を押し込めるようにして、彼にあの写真を見せてくれるよう再度頼んでみました。

「…解った」

何かを決意した彼は、やっとその写真を見せる事を了承してくれました。

本当に見て良いのか?

自分でお願いをしておきながら、その写真を見る事への不安は纏わりついたままで、私は何だか気持ち悪くなっていました。

彼の家でそれを見せてもらう事を約束し、その場を後にしました。

その日の夜。彼のアパートを訪れました。

「ピンポーン」

何度チャイムを鳴らしても、彼は一向に出て来ません。部屋の電気は点いているのに。

『寝ているのか?』

そう思った私は、ドアノブに手を掛けました。

「カチャリ」

開いています。

狭い部屋なので、ドアを開け部屋を覗いた瞬間、不在か否か確認できます。

彼は家を開けたまま不在でした。

『いいよな、別に…』

と思いつつ、部屋に勝手に上がらせてもらい、彼の机の上にふと視線を向けました。

そこには灰皿があり、燃え滓が残っていました。

写真とネガの燃え滓です。

それを見た時、何故か解りませんが、押し潰されそうな物凄い不安に捕われた事を、今でも憶えています。

その燃え滓については、完全に燃え尽きてしまっていて、何が写っているのかまでは判別できませんでした。

そして次に、その机の下に一枚だけ写真が落ちている事に気付きました。

その写真には、異様なモノが映っていました。

彼の顔がねじ切られるように、グニャリとしたものになっているのです。

禍々しい。一言で言ってしまえば、心霊写真そのものです。

もうそこには一秒たりとも居られませんでした。

彼はその日を境に行方不明になりました。

関連記事

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

箪笥(フリー写真)

形見の箪笥

高校時代の英語教師に聞いた話。解り易い授業と淡々としたユーモアが売りで、あまり生徒と馴れ合う事は無いけれど、なかなか人気のある先生でした。 ※ 昔、奥さんが死んだ時(話の枕…

離島の駐在所

私はある離島の駐在所に勤務しております。この駐在所に来る前は、派出所に勤務しておりました。田舎に住む事になりましたが、私は不運だったと思っていません。職住接近だし、3直…

Sデパート

これは警備員のバイトをしていた時に職場の先輩から聞いた話です。都内Sデパートが縦に長い建物である事は、先程述べましたが、当然一人で受け持つ巡回経路は複雑で長いものです。…

骨董品屋

晴れ着

俺がまだ大学生だった10年前、自称霊感の強い後輩Aと古いリサイクルショップへ行った時の話。リサイクルショップと言っても、築30年は軽く経っていそうなボロボロの外観で、どちらかと…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」という会話をしていた時だった。その叔母さんが、お客さ…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

仏間から聞こえる声

俺の婆ちゃんの家は、不思議な現象が沢山起こる家だった。俺自身、仏間の隣の部屋で寝ていたら、夜中に見知らぬ誰かに寝顔を覗き込まれるという経験をした事があり、翌朝、婆ちゃんにその事…