一緒に遊ぼうよ

夜の公園(フリー素材)

高校生の頃、彼女と近くの公園で話していたら、5、6歳くらいの男の子が「遊ぼうよー」と言ってきた。

もう夜の20時くらいだったから、「もう暗いから早く帰んなくちゃダメだよ」と彼女が言ったら号泣。

仕方がないから30分くらいブランコしたり鬼ごっこしたりして遊んであげた。

その間、その男の子はテンション上がりっぱなし。

「もう遅いから」と言っても聞かないから、「お兄ちゃんたちはこれから勉強しに行かなくちゃいけないんだ。もう暗いしお家まで送って行くよ」と言った。

それでも「まだ遊ぶ!一緒に遊ぼうよ!」と押し問答。

あまりにしつこいので、「勉強しないとお母さんに怒られちゃうから」と言い、強引にその公園を後にした。

その後、彼女と他の公園で話そうかという事になり、自転車に乗って移動。

1時間くらい経った頃かな? 話したりジュースを飲んだり純情高校生のデートをしていたら、また男の子が来た。補助輪付きのチャリで。

「もうお勉強終わったの? 一緒に遊ぼうよ」

おいおい、もう22時くらいだぞ…。小さな子が一人ぼっちで遊ぶ時間か?

しかもさっきの公園からここまでかなり遠いし。

俺は思い切り引いていたけど、彼女が「もうちょっとだけ遊んであげようよ」と言うから、またまた鬼ごっこしてあげた。

そしたら急に蹲って、「何すんの!何すんの!」と喚き出した。

「どうしたの?」と聞いても返事してくれないし、瞳孔は開き切って目が座っているし。

『逃げねぇ?』と彼女とアイコンタクトしていたら、男の子が急に復活。

「お腹空いちゃったからもう帰るね」と笑顔で言う。

続けて「お兄ちゃんたち優しいから宝物あげる」と言い、機関車トーマスの絵が描いてあるポケットティッシュをくれた。

そして補助輪付きチャリに乗り、猛ダッシュで帰って行った。

小さな子の目が座った表情って本当に異様だったし、普通じゃない空気も感じ取っていたから、帰り道にあったゴミ捨て場に捨てて来ちゃった。ごめん。

でも、話はそこで終わらないんだ。

家に帰ってリュックの中から物を出していたら、リュックのポケットに機関車トーマスのティッシュが。

彼女の悪戯だろうと思い、「マジ冗談キツイよ」とベルを入れたら「何が?」と返ってきた。

電話で聞いてみても「そんな事する訳ないじゃん!」と言う。

そりゃそうだよな。俺より男の子にビビっていたし、ティッシュに触ろうともしていなかったし。

もう10年くらい前の話だけど、今だに補助輪付きのチャリを見るとあの出来事を思い出すよ。

関連記事

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。小学4年生の夏休みの事だ。トイレに行って居間へ戻った…

森(フリー写真)

不思議な子供とおじいさん

20歳の頃だったか、まだ実家でプータローをやっていた時の話。うちは物凄い田舎で、家のすぐ傍が森や山みたいな所だったのよ。それで何もやる事がないし、家に居たら親がグチグチ…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。部室で無線機をチェック中に、「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」と部員が聞いて来た。その場に…

子供にしか見えない

その友人親子は夕方に近くの公園まで散歩をするのが日課でした。友人の仕事の関係上、いつも日暮れ前には帰宅していましたので、夕食ができるまでの間に4歳になる息子と毎日遊んであげてい…

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

ピアノ騒音殺人事件

新興住宅地で起きた事件で、新興住宅地の欠陥が現れたものとして、有名なピアノ殺人事件を取上げる。これは1974年平塚市で起きた事件で、当時大変話題になった事件であり、かつ過去に繋…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

呪われた土地

俺の親友の話をしたいと思う。小4の頃にそいつ(以下H)の親が二階建ての大きな家を建てた。建設業を営むHの父親が建てた立派な外観のその家は、当時団地住まいだった俺にとって…