死者の夢

公開日: 心霊体験 | 怖い話

手(フリー写真)

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。

Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこんなことを言った。

「夜中に目を覚ますと、死んだ○○や△△たちが布団の横に並んで、みんなで睨めつけてくる。恐ろしい」

風邪のせいで怖い夢でも見たのだろうと、その場は二人で爺ちゃんをなだめた。

5日後、爺ちゃんは体調を悪化させて死んだ。

それから2年経ち、高校1年生の時。

盆前に両親より一人早めに帰省したAが、夜にコンビニから戻ると、21時過ぎには床に就いたはずの婆ちゃんの部屋からうめき声がする。

「どうした? 婆様」

と部屋を覗くと、Aの姿を見た婆ちゃんは泣きながら抱きついてきて、

「爺ちゃんたちが布団を囲んでジーっと睨んでくる」

と言い、また泣き出した。

2年前の爺ちゃんの話を思い出して少し怖くなったが、

「大丈夫、夢でも見たんだよ」

と落ち着かせ、婆ちゃんが眠りに就くまで傍に付いていた。

3週間後、婆ちゃんは脳梗塞で急逝した。

その年の冬、帰省したAが、従兄弟(A父の弟の息子)と遊んでいると、

「そういや昨日、すっげー怖い夢見てさぁ、死んだ爺ちゃん婆ちゃんと、他にも何人か見たことある人が俺の部屋の中に居てさ、みんなで睨んでくんのよ」

これはヤバイと思ったAは、従兄弟を連れて先祖の墓参りに行き、寺で経を唱えてもらった。

2日後、従兄弟は交通事故に遭い死んだ。

それ以後、Aは正月と盆に家族と共に帰省する以外は田舎に行かなくなった。

従兄弟が死んでから5年後、叔母さんから電話があった。

「Aちゃん、お爺ちゃんとお婆ちゃん、それにBちゃん(従兄弟)が亡くなった時のこと覚えてる?」

「亡くなった親戚の人達に睨まれたってやつですか?」

「そうそれ、叔母さんね…見ちゃったのよ」

「!?」

「それでね、怖いの我慢しながら睨んでる人たちをよーく見てみたんだけど、全部で9人くらいかしらね。

お父さんにお母さん(爺ちゃん婆ちゃん)Bちゃんに○○さんに△△おじさん…みんなうちの親戚の人なのよ。

でもね、一人だけ全然知らない人が居たの。

スーツを着た40歳くらいの男の人で、結構痩せた感じの人だったわね。

しかもその人だけ笑ってるのよ、ニタニタって…気持ち悪い感じで」

「叔母さん、あの…気を付けてと言うかその……」

「分かってるわよ。取り敢えず色々探してお祓いしてもらったり、事故にも気を付けるわ。

急な病気じゃどうしようもないけどね。

それじゃ、Aちゃんも気をつけてね…」

これが今から2ヶ月前の話。

お盆にも会ったけど、叔母さんはピンピンしていた。

お祓いに行った先では特に何も言われなかったみたいだけど、祓えたのかねぇ…。

老婆の顔

これは私が中学生の頃の話です。朝練のために朝早く登校した私の友達が、運悪く学校の近くの川で自殺したおばあさんを見つけてしまったのです。その日はもちろん大騒ぎになり、友達…

ドアを開けるな

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。T「今バイト終わったから…

ドルイド信仰

ドルイドとは、ケルト人社会における祭司のこと。「Daru-vid: オーク(ブナ科の植物)の賢者」の意味。ドルイドの宗教上の特徴の一つは、森や木々との関係である。ドルイ…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

倉庫(フリー背景素材)

曰く付きの絵画

一つ俺の体験談をば。秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行か…

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

集合住宅(フリー素材)

団地のエレベーター

高校時代の時に体験した話。当時、俺の友人Aが住んでいた団地には、割とベタな怪談があった。5年程前にそこの2階の住人が自殺したのだけど、その人は自殺当日の夜23時半頃に、…

かくれんぼ

かくれんぼの夢

これは四つ下の弟の話。当時、弟は小4、俺は中2、兄貴は高1だった。兄貴は寮に入っていたから、家に帰って来ることは殆ど無かった。俺は陸上部に入っていて、毎朝ランニングをし…

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…