死者の夢

公開日: 心霊体験 | 怖い話

手(フリー写真)

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。

Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこんなことを言った。

「夜中に目を覚ますと、死んだ○○や△△たちが布団の横に並んで、みんなで睨めつけてくる。恐ろしい」

風邪のせいで怖い夢でも見たのだろうと、その場は二人で爺ちゃんをなだめた。

5日後、爺ちゃんは体調を悪化させて死んだ。

それから2年経ち、高校1年生の時。

盆前に両親より一人早めに帰省したAが、夜にコンビニから戻ると、21時過ぎには床に就いたはずの婆ちゃんの部屋からうめき声がする。

「どうした? 婆様」

と部屋を覗くと、Aの姿を見た婆ちゃんは泣きながら抱きついてきて、

「爺ちゃんたちが布団を囲んでジーっと睨んでくる」

と言い、また泣き出した。

2年前の爺ちゃんの話を思い出して少し怖くなったが、

「大丈夫、夢でも見たんだよ」

と落ち着かせ、婆ちゃんが眠りに就くまで傍に付いていた。

3週間後、婆ちゃんは脳梗塞で急逝した。

その年の冬、帰省したAが、従兄弟(A父の弟の息子)と遊んでいると、

「そういや昨日、すっげー怖い夢見てさぁ、死んだ爺ちゃん婆ちゃんと、他にも何人か見たことある人が俺の部屋の中に居てさ、みんなで睨んでくんのよ」

これはヤバイと思ったAは、従兄弟を連れて先祖の墓参りに行き、寺で経を唱えてもらった。

2日後、従兄弟は交通事故に遭い死んだ。

それ以後、Aは正月と盆に家族と共に帰省する以外は田舎に行かなくなった。

従兄弟が死んでから5年後、叔母さんから電話があった。

「Aちゃん、お爺ちゃんとお婆ちゃん、それにBちゃん(従兄弟)が亡くなった時のこと覚えてる?」

「亡くなった親戚の人達に睨まれたってやつですか?」

「そうそれ、叔母さんね…見ちゃったのよ」

「!?」

「それでね、怖いの我慢しながら睨んでる人たちをよーく見てみたんだけど、全部で9人くらいかしらね。

お父さんにお母さん(爺ちゃん婆ちゃん)Bちゃんに○○さんに△△おじさん…みんなうちの親戚の人なのよ。

でもね、一人だけ全然知らない人が居たの。

スーツを着た40歳くらいの男の人で、結構痩せた感じの人だったわね。

しかもその人だけ笑ってるのよ、ニタニタって…気持ち悪い感じで」

「叔母さん、あの…気を付けてと言うかその……」

「分かってるわよ。取り敢えず色々探してお祓いしてもらったり、事故にも気を付けるわ。

急な病気じゃどうしようもないけどね。

それじゃ、Aちゃんも気をつけてね…」

これが今から2ヶ月前の話。

お盆にも会ったけど、叔母さんはピンピンしていた。

お祓いに行った先では特に何も言われなかったみたいだけど、祓えたのかねぇ…。

関連記事

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。 私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。 ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

畑(フリー写真)

人面芋

兄夫婦の嫁さんが教えてくれた話。 兄嫁(仮名・K子さん)のお父さんは、昔から農家をしている人だった。 農家というのは、幼い頃からお手伝いをさせられるから大変だったと、K子さ…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。 諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。 それまで祖母とは小さな漁師…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。 川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。 老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…

山道

窓側を見てはいけない

ある夜、会社員のAさんは残業で遅くなり、タクシーを拾いました。タクシー内では運転手さんと様々な話題で盛り上がっていました。やがて、タクシーは山の中の暗い道を走り始めました。周囲はうっ…

団地(フリー写真)

深夜の足音

昔、俺が社会人一年目の頃に体験した話。 当時は五階建ての団地に一人暮らしをしていた。 周りはとても静かで、俺はその場所をとても気に入っていた。 しかし一つ問題があった…

路地(フリー写真)

子供の幽霊

昔、喫茶店で会社の同僚から聞いた話。 K氏(同僚)は若い頃、すすきのの飲食店に勤めていた。 ある早番の日、同じく早番だった職場の先輩と、仕事上がりに飲み屋に寄った。 …

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。 当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。 元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…