死者の夢

公開日: 心霊体験 | 怖い話

手(フリー写真)

俺の友人Aは、小さい頃から長い休みになると毎回父方の田舎に一人で帰省していた。

Aが中学2年生の時、数日前から体調を崩して寝込んでいた爺ちゃんが、Aと叔母さん(A父の姉)にこんなことを言った。

「夜中に目を覚ますと、死んだ○○や△△たちが布団の横に並んで、みんなで睨めつけてくる。恐ろしい」

風邪のせいで怖い夢でも見たのだろうと、その場は二人で爺ちゃんをなだめた。

5日後、爺ちゃんは体調を悪化させて死んだ。

それから2年経ち、高校1年生の時。

盆前に両親より一人早めに帰省したAが、夜にコンビニから戻ると、21時過ぎには床に就いたはずの婆ちゃんの部屋からうめき声がする。

「どうした? 婆様」

と部屋を覗くと、Aの姿を見た婆ちゃんは泣きながら抱きついてきて、

「爺ちゃんたちが布団を囲んでジーっと睨んでくる」

と言い、また泣き出した。

2年前の爺ちゃんの話を思い出して少し怖くなったが、

「大丈夫、夢でも見たんだよ」

と落ち着かせ、婆ちゃんが眠りに就くまで傍に付いていた。

3週間後、婆ちゃんは脳梗塞で急逝した。

その年の冬、帰省したAが、従兄弟(A父の弟の息子)と遊んでいると、

「そういや昨日、すっげー怖い夢見てさぁ、死んだ爺ちゃん婆ちゃんと、他にも何人か見たことある人が俺の部屋の中に居てさ、みんなで睨んでくんのよ」

これはヤバイと思ったAは、従兄弟を連れて先祖の墓参りに行き、寺で経を唱えてもらった。

2日後、従兄弟は交通事故に遭い死んだ。

それ以後、Aは正月と盆に家族と共に帰省する以外は田舎に行かなくなった。

従兄弟が死んでから5年後、叔母さんから電話があった。

「Aちゃん、お爺ちゃんとお婆ちゃん、それにBちゃん(従兄弟)が亡くなった時のこと覚えてる?」

「亡くなった親戚の人達に睨まれたってやつですか?」

「そうそれ、叔母さんね…見ちゃったのよ」

「!?」

「それでね、怖いの我慢しながら睨んでる人たちをよーく見てみたんだけど、全部で9人くらいかしらね。

お父さんにお母さん(爺ちゃん婆ちゃん)Bちゃんに○○さんに△△おじさん…みんなうちの親戚の人なのよ。

でもね、一人だけ全然知らない人が居たの。

スーツを着た40歳くらいの男の人で、結構痩せた感じの人だったわね。

しかもその人だけ笑ってるのよ、ニタニタって…気持ち悪い感じで」

「叔母さん、あの…気を付けてと言うかその……」

「分かってるわよ。取り敢えず色々探してお祓いしてもらったり、事故にも気を付けるわ。

急な病気じゃどうしようもないけどね。

それじゃ、Aちゃんも気をつけてね…」

これが今から2ヶ月前の話。

お盆にも会ったけど、叔母さんはピンピンしていた。

お祓いに行った先では特に何も言われなかったみたいだけど、祓えたのかねぇ…。

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。 そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。 実際、お…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。 担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。 放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。 何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。 ウォーリーの特徴は…

深夜のドライブ

深夜のドライブ

これからする話は、私の作り話ではない事を言っておきます。 信じてくれとは言わないし、信じてくれる人がいればそれで良いと思っています。 私は関東のT県U市(県庁所在地)に住ん…

鬼が舞う神社

叔父の話を一つ語らせてもらいます。 幼少の頃の叔父は、手のつけられない程の悪餓鬼だったそうです。 疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がすなど、子供…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。 それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。 よ…

クローゼット(フリー画像)

ユダヤ人の隠し部屋

大学の夏休みに友達二人とドイツ郊外へ旅行に出掛けました。 小さな民宿に泊まり、その次の日は早朝からドライブする予定だったので皆んなで早めに床に就いたのですが、夜中に友人が魘されて…

霊視

あるテレビ番組のディレクターが心霊番組の撮影をしていた。 母親、息子、娘の3人家族のインタビューカットから始まった。 彼らは目に涙を浮かべながら、父親の事を話してくれた。 …

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。 一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…