生き霊

公開日: 本当にあった怖い話

beautiful_abstract_girl_black_and_white_version-1523157

母の会社の同僚の話。仮に村上さんとします。

村上さんはいつからか、肩こりのようなものに悩まされていた。それまでは、そういった事に悩むような事は全く無かったそうです。

若い時に旦那を亡くしたらしく、子供もいなくアパートに一人暮らしなのだが、肩こりが始まるようになってから毎晩、不思議な気配を感じるようになったという。それも右肩あたりに。

他にもおかしな事があった。会社で吉井さん(仮名)という人と過去に何かあったらしくとても仲が悪く、というよりも憎しみ合っていて、何かにつけて衝突していたのだが、肩こり以来、吉井さんは全くつっかかってこなくなったそうです。

その代わり目が合う度に、不気味な笑みを浮かべたという。

日に日に状態は悪化していき、肩こりではすまなくなったので病院に行きました。

醜く腫れ上がりかなりの熱をもっていたが、全くの原因不明。その後も通院したが、全く回復せず。

そんなある日、法事で実家に帰った村上さんにお坊さんは怪訝そうにこう言う。

「あなたの右肩、何か良くないね。一度祓ってもらった方がいいよ」

親戚の目もあり、そこで深くは聞かなかったが、アパートに戻ると早速、祈祷師を呼んだ。

やってきた祈祷師は、村上さんを見るなり愕然とし、

「あなた、生き霊に憑かれてるわ」

と言いました。

祈祷師曰く、生き霊は肉体も生きている分、死んだ霊よりも霊力が強いのだという。その日一日では、祓いきれず何日もかかると言われました。

まだ痛みはあり、御祓いもまだ続いていたが、大分良くなった村上さんは久しぶりに会社に顔を出し母たちにその話をしていた。

そこへ目の下に、もの凄いクマを作った吉井さんがやってきて村上さんに言った。

「あなた、生き霊につかれてるんでしょう。それねえ、あたしなのよ」

ぞっとする笑みを浮かべて。

その後も、吉井さんは会社に来ていたが、村上さんは来ることはなかったそうです。

それまであった、吉井さんの目の下のクマが消えた日だったそうです。昨日、村上さんが亡くなったという話を聞いたのは。

お通夜に吉井さんの姿をみたらしいが、終始不気味な笑みを浮かべていたという。

現在も、吉井さんは会社に来てるそうですが、そのことを聞く人も、近付く人すらいないそうです。

赤ちゃんの人形

公園で友達と喋っていて、小便がしたくなったから、ちょっと離れた公園内のトイレに行った。『何やら線香くさいなぁ…』と思いながら用を足してトイレから出たら、上下スウェットで髪はぼさ…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

黒いモノ

2年前の話をします。当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった。父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたし、どちらかというと頭がよく回転…

ストーカー

俺が友達の女の子の家に泊まりに行った時の事。彼女は前からストーカー被害に遭っていると言っていたんだけど、まあ正直特別可愛い子という訳じゃないし、男からすればストーカーどころか痴…

U字溝

実家のある地域では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。んで、その日は昔からありすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だった…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

病院の老婆

一年程前の話です。当時、私はとある病院で働いていました。と言っても看護師ではなく、社会福祉士の資格を持っているので、リハビリ科の方でアセスメントやケアプランを作ったり、サービス…

小学校の廊下(フリー写真)

パソコン室の幽霊

これは俺が当時通っていた小学校の話だ。俺はその日、パソコン室に筆箱を忘れた。それに気付いたのは六時間目が始まってから(その時間は隣の女子に鉛筆を貸してもらっていた)。仕…

山の上の廃病院

高校生の時の実話。地元の中学校時代の友達2人と、近くの山に肝試しをやりに行こうという話になった。その山はそれほど高くなく、頂上が広場になっている。そばに病院が建っており…