立ち入り禁止の波止場

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

20120608181230660

友達の怖い話。

仮にK君としよう。彼は沖縄出身で、若い頃は結構やんちゃなやつ。

「本当におばけなんかいるのか? じゃあ、試してみよう」なんて言うやつだった。

例えば夜中の防空壕。沖縄には今でも白骨化した死体とか結構残っていて、夜中にお化けを写そうと友人にカメラ向けてピースで写真を撮ったり、夜中2時くらいに海で泳いで友人にカメラ持たせて写せとか。そんな肝っ玉優れたやつ。

ある日、悪友達を連れて車3台で夜中ドライブに行ったんだって。立ち入り禁止の波止場に入って行って、夏だから花火をして酒飲みながら遊んでた。

鞍馬のヘッドライトの先、海の中10メートルくらい先に6人くらいがいて、その中の一人が「誰か溺れてる!」って叫んだ。

見れば、子供が一人があっぷあっぷしてる。

「えーどこ見えないよー」

「いるだろあそこ」

その内の一人が、誰か呼んで来ると言い近くの民家に走って行った。

「早く助けないと!」

「どこ? どこにいるの?」

そんな遣り取りをしている内に、向こうからおじさんと、助けを呼びに行ったやつが走ってくる。

「お前たち、ここは立ち入り禁止だろ!」

そのおじさんは漁師で、今にも救出しようとして服を脱いでいるやつに向かって「やめろ!!」と叫んでる。

「いや、でも子供が…」

漁師のおっさんはなんか必死に止めようとしている。

その状況はと言うと、子供が溺れてる。6人中3人は見える。他のやつには見えない。

漁師「見えるのか?」

友達「だっているだろ。早く助けなきゃ!!」

10メートル先くらいに確かにいる。

友達「どこ? いないよ? 見えない」

漁師「じゃあ見える奴。アイツの顔見てみろ。あの子供、助けを求めてるように見えるか?」

よく見ると「ううん…笑ってる」

漁師「いるんだよ…お前たちみたいな奴らが助けに飛び込んで、引き込まれるんだ。そして、そんな状況で水死体が上がるんだよ。だから、いつもここは関係者以外立ち入り禁止にしているんだ」

関連記事

書斎(フリー写真)

電話を切りなさい

会社の先輩(女性)が学生の頃に体験した話。 学校から帰ってみると、家に誰も居なかった。 先輩は特に気にすることもなく、父親の三畳ほどの広さの書斎にある電話で友達とおしゃべり…

アパート(フリー素材)

事故物件アパートの恐怖体験

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。 そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家…

ドアノブ

ドアノブという単語を見て嫌な体験を思い出した。 少し迷ったが書いてみようと思う。拙い文章だけど興味のある人は読んで欲しい。 以前、とある地方のアパートに住んでいた。霊感とか…

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

夜の学校(フリー素材)

児童の数

小学生の時、夏休みに学校で一泊する、という行事はありませんでしたか? 何年か前、近所の小学校でそういう行事があり、ナレーションの仕事を地味にやっている私にお呼びがかかりました。…

お札

金の亡者

以前勤めていた、ある土木調査会社での体験です。少し長いですが。お付き合いください。 東京湾を望む広い埋立地に建っていたその会社は、バブル期の乱開発による不備(地盤沈下や排水不備等…

ここにいたあ

13日に田舎の墓参りに行ってきた。 毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった寺には一族郎党が集まり、仲の良い従兄弟のDも来ていた。 お経も終わり墓参りも終わ…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。 私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。 母が婚前に英語の教師をした影響…

アパートの磨りガラス(フリー写真)

同じ長さの髪の毛

ちょうど一昨年の今ぐらいの時期に起きた出来事。 大学のサークルの友人Aが、 「引っ越しをするので手伝ってくれ」 と言って来た。 お礼に寿司を奢ってくれると言うの…

差し込む光(フリー写真)

井戸の女性

伯父に聞いた戦時中の話です。 実家は長崎にあるのですが、伯父は原爆が投下された時には少し離れた市の親戚の家に居たので無事でした。 戦争が終わり、暫くして実家に戻ると、家の裏…