事故物件アパートの恐怖体験

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

アパート(フリー素材)

これは私の友人Aが大学に通うため、世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。

そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は家賃の安さに大喜びで契約したそうです。

アパートで独り暮らしを始めたAは、夜中に妙な音を何度が聞きましたが、怖い感じはしなかったと言います。

アパートに入居して1週間ほど経った頃、ほろ酔い気分で部屋に帰ったAは何となく「ただいま~」と独り言を言ってみました。

すると、テーブルの隅で「トン」と返事をするように音がしたそうです。

次の日も部屋に帰ると「ただいま~」と言ってみました。

すると、またテーブルの隅で「トン」と答えるように音がします。

気分が良くなったAは、お風呂に入った時に「いるの?」と囁いてみると、お風呂の壁から「トン」と返事がありました。

それから楽しくなったAは、事ある毎に「いるの?」と聞いてみるようになり、その都度、必ず「トン」と返事があったそうです。

何も害は無いし、話し掛けると「トン」と返事をくれるので、きっと良い霊に当たったと思ったそうです。

その事を大学の友達に話すと、面白半分に友達がアパートに来るようになったそうです。

Aが友達の前で「今いる?」と聞くと、テーブルや壁から「トン」と返事があり、友達は皆んな驚きました。

「この部屋には座敷童のような霊がいる」と話題になり、一層人の出入りが多くなりました。

Aはこの部屋を選んだ事は正解だったと確信したと言います。

そんなある日、話を聞きつけた女友達が部屋に行きたいと言うので、Aは大喜びで女友達Kを部屋に招待しました。

Aがいつものように玄関を開け「ただいま~」と言っても、何故か返事がありません。

『あれ?』と思いましたが、Aは「取り敢えず、上がってよ!」とKを部屋に招き入れました。

そしてビールを用意しテーブルに座り、「今いる?」と霊に問い掛けました。

その時、突然「ガッシャーーン!!」とガラステーブルが粉々に砕けたそうです。

同時に「キャーーッ」というKの絶叫が聞こえ、何があったのか分からず驚いていると、Kの顔はガラステーブルの破片で血だらけになっていました。

更に部屋中が大地震のようにグラグラと揺れ、棚の物が全て落ちてきました。

AとKは慌てて部屋から逃げ出し救急車を呼び、Kは病院に運ばれました。

Aの部屋は、長く付き合っていた彼氏を他の女に奪われた女性が、手首を切って自殺した部屋だったという事です。

Aは恐怖のあまり、もうその部屋には戻れないので親を呼び、アパートの処理をしてもらったそうです。

事故物件には二度と手を出さないと言っていました。

関連記事

消防隊員(フリー写真)

見知らぬお婆さん

もう15年も前の話。 当時、俺は小田急線の経堂に住んでいて、夜中に城山通り沿いのコンビニまで夜食を買いに行った。 自転車で城山通りを走っていて、コンビニ近くのバイク屋の前を…

廊下(フリー素材)

コの字の家

私の家は都市から少し離れた町に位置しており、周りには古い日本家屋が立ち並んでいました。 地元の噂では、私の家は元々遊郭だったと言われています。 形状はカタカナの「コ」の字…

赤いベストのおっさん

今年の5月の連休だけど、会社の仲間2人と2泊3日の予定で奥秩父に渓流釣りに行った。 あのヘリが墜落したり日テレ社員が遭難した4重遭難と言われる事件で、奥秩父は怖いところだと噂が広…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。 ・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す ・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。 美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。 住まいは…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。 私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。 ある日…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

白い影

当時、私は精神的に荒んでいて、よく大型バイクをかっ飛ばしたりしていました。 その日もバイクで走っていたのですが、広めの幹線道路は渋滞していました。 そこで、道の左端をすり抜…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

しがみついて

3年前、家族でI県の海岸にあるキャンプ場に遊びに行った。キャンプ場は崖の上にあり、そこからがけ下まで階段で下りると綺麗な砂浜があった。 私達の他にもたくさんキャンプに来てる人がい…