死後の世界への扉

black_hole

これは母から聞いた話です。

私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。

曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。

普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳ある老人だったとのことです。

しかしそんな曽祖父も老衰には勝てず、床につくようになりました。

曽祖父は、母の住む家のごく近所に住んでいたため、母の母、つまり祖母が看病に通っていました。

母は当時高校生で、曽祖父が亡くなった日も学校へ行っていました。

一週間くらい前から、そろそろだと言われていたそうですが、まだ大人でない母に人の死に目など見せないほうが良いという祖母の判断で、母は曽祖父の床へは近付くことを許されませんでした。

学校から帰った母は、自分の部屋で畳の上に仰向けになり、取り留めもない考え事をしていました。

一時間に一度、「ぼーんぼーん」と居間にある柱時計の音が聞こえてきます。

『いま、何時だろう』

そう思って母が机の上の置時計を見上げた瞬間でした。

『あっ!』

体の自由が利きません。視線以外は全く動かせないのです。

『これは金縛りだ』

この事実に少し混乱しましたが、それと同時に母は曽祖父のことを思い浮かべました。

『まさか、おじいちゃん……』

すると、曽祖父の家がある方角の壁から突然、白い馬の首が現れました。

馬はそのまま、壁を抜けて母の部屋に入って来ます。

白い馬は、着物を着た人を乗せていました。

何もかも真っ白で、額には三角頭巾。幽霊の装束です。

幽霊を乗せた白い馬は次から次へと現れ、全部で六頭になりました。

彼らはゆっくりと、重々しく進んで行きます。

真っ白な着物のたもとが風になびくように揺れています。

その集団が母のすぐ側まで来たとき、その中の一人が母の方を見ました。

『おじいちゃん!』

それは紛れもなく曽祖父の顔でした。

曽祖父は威厳に満ちた穏やかな、しかし感情のない顔で、しばらくの間ただじっと母を見ていました。

やがて曽祖父は前を向いてしまいました。

その時になってようやく、母は首だけ動かせるようになっていました。

彼らがどこへ向かっているのか気になって、母は首をめぐらせて彼らの行く方向を見ました。

部屋の反対側の壁へ消えて行くのかと思いきや、彼らの進む方向には穴がありました。

ぽっかりと、灰色の渦のような、異次元への入り口を思わせるような穴でした。

『おじいちゃん、死んでしまったんだ』

その穴を見た瞬間、母ははっきりとそう思いました。

母が見ている前で、彼らは静々と進んで行き、やがてその穴の中へ消えてしまいました。

彼らが消えると同時に、母の金縛りも解けました。

そしてその日の晩、母は曽祖父が亡くなったことを知ったのでした。

亡くなった時刻は、ちょうど母が金縛りに遭っていた時刻だったそうです。

この話には、少し続きがあります。

後年のことですが、機会があって母は友人と金縛りの体験について話をしたそうです。

その友人の旦那さんは、頻繁に金縛りに遭う方で、親戚の誰かが亡くなると必ず金縛りに遭い、しかもその間、亡くなった人が穴へ吸いこまれて行くのを見るとの話でした。

その話を聞いて母が自分の体験談を話すと、友人にその穴の絵を描くよう言われました。

旦那もそんなような穴だと言っていたからと言うのです。

母は近くにあった子供用のクレヨンで、その穴の絵を描きました。

帰宅した友人の旦那さんにその絵を見せると、その穴はまさに、旦那さんが見る穴にそっくりだったそうです。

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。 バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。 学…

木造校舎

青い手首

ネタではありません。実際の体験談です。 世田谷区立某小学校での出来事。 ※ 入学して1年間は、戦前からある古い木造校舎で過ごしました。 2年生になった頃に木造校舎の建て…

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。 そして、その友人の中にAさんという方が居ます。 私が彼と最後に話をしたのは高校…

木の杭

俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業をやってる時にふと気になったことがあって、それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。 農作業でビニールシートを固定したりする時などに、木の杭…

真っ黒い影

まだ私が高校生だったころ、町に不思議な家があったの。 見た目は普通の家なんだけど、その家に引っ越してくる人たちは、どの人もすぐに出ていてしまっていて、6ヶ月以上続けて住んだ人はい…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。 テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。 俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。 その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。 まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

神秘的な山道

おまつり

俺の生まれ育った村は、田舎の中でも超田舎。もう随分前に市町村統合でただの一地区に成り下がってしまった。 これは、まだその故郷が○○村だった時の話。俺が小学6年生の夏のことだった。…

あの時、手を貸していたら…

あれは、私が中学生の時の事でした。塾を終え家路についていた私は、星を見ながらのんびりと自転車を漕いでいました。 時間は22時過ぎだったでしょう。家も近くなってきた頃、前の方に自転…