OK

kokkuri

小学生の頃、学校でコックリさんをやりました。

当時は人面犬や口裂け女など怪しい噂のブーム再燃と言った感じで、TVはもちろん、コロコロコミックなどの児童雑誌でも怪談話が山のように掲載されていました。

そんなこんなで色々と知識をつけ、当然の流れのように皆でやってみようとなりまして。

同じ飼育係だったJ君、Nちゃん、Fちゃん、そして私の計4人、不謹慎にもウサギ小屋のすぐ横でコックリさんを開始したのでした。

4人の人差し指を十円玉に乗せ、

「コックリさんコックリさん御出でください」

と言うだけの、聞きかじりの簡単な儀式を行うと、直ぐに変化が現れました。

場所も屋外で、まだ日も落ちてなく、周りに通行人もちらほらといたこともあり、みんなただはしゃいで色々と質問を繰り返しました。

「J君の好きな人は誰だ?」

と聞けば『FとN』と返ってくるような、その程度の下らないものばかりです。

でも、質問を繰り返していくうちに、ひとつ気になることが出てきました。

このコックリさん、『はい』か『いいえ』で答える質問をすると、なぜか必ず『OK』と選ぶのです。

文字板にはひらがなとアルファベット、数字の他に、『はい』と『いいえ』もあるのに、どういう訳か態々アルファベットを2文字に架けて、『OK』と選びます。

その時はまだ、ハイカラなコックリさんだなあ、等とみんなで笑っていられました。

そうこうするうちに日も暮れ始め、質問することも無くなったので、そろそろコックリさんにも帰って頂くことにしました。

「コックリさんコックリさん、鳥居よりお帰り下さい」『OK』

しかし十円玉はOとKを選んだ後、鳥居のマークには行きません。

「お帰りになられましたか?」『OK』

「本当にお帰りになられますか?」『OK』

「帰ってください」『OK』

何を言っても帰ってくれず、ただ『OK』と繰り返すだけのコックリさん。

OとKを移動する速度はドンドン加速して行き、やがては質問をせずとも『OKOKOKOKOKOK』と勝手に移動を繰り返すほどに。

私たちはパニックに陥りました。

女の子2人は泣き出し、Jも私も半泣きでした。

Jが声を震わせながら、「もう離そうぜ」と私たちに提案し、私の「一斉のせ」の掛け声で同時に手を離すことにしました。

「一斉のせ」

みんな手を離しました。

私以外全員。

何故か私だけ、金縛りにあったかのように手が離せなかったのです。

私の指はまだ『OKOKOKOKOKOK』と目まぐるしく動き回っていました。

さすがに私も泣き出してしまい、「何なんだよ!?」とかそのようなことを半狂乱で叫んだのを覚えています。

私にとって洒落にならないくらい怖い思い出です。

放送室の女

どこの学校にも怖い話はいくつかあるものだけど、俺の母校の小学校は、なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。数え切れない噂があるんだけど、中には実際に起きている出来事もあったり…

広島県F市某町の『お札の家』

2年程前の話ですが、つい最近完結した話があるので書いていこうと思います。長くなりそうで申し訳ないのですが、霊感0の自分が唯一味わった霊体験です。広島県F市某町、地元の人…

ベランダの女

俺が小学4年生の時の実体験。俺が初めて学校をサボった時の話です。親にばれると怒られるのは目に見えていたから、学校に行くふりをして家の近くで時間を潰した。姉貴と両親が出か…

病室

盛り塩

俺が足を怪我して入院していた時、俺より早くから入院していた奴と仲良くなった。ある日、消灯後に喫煙所でダベっていると「あ~、部屋帰りたくね~」と言う。俺と奴は病室が違う。…

ジャングルジム(フリー素材)

不幸の言葉

下駄箱に手紙が入っていたことがあります。不幸の手紙です。「この手紙を24時間の内に同じ文で5人に送らなければ、お前に不幸が訪れる」と書いてあったので、家にあるコ…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

宿直の夜

俺は東北の港近くで工場勤めをしていた。県名は書けないけど、被災地で津波が来たとだけ書いとく。でも工場は、奇跡的に10〜15センチほど水没しただけだったんだよね。だから1…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。更にそれを思い出しながら書くので、…

生き人形

呪いの生き人形。稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…