卒業式に撮った写真

学校の屋上(フリー背景素材)

俺がまだ小学生の頃、ある日の道徳の授業の時のこと。

先生が学生時代の頃に「こっくりさん」が流行っていて、その時にクラスの女子が取り憑かれ、みんなでお祓いに連れて行ったという話があった。

幽霊など信じない俺は『女子はそんなん好きだよな』くらいに思い、その授業を聞いていた。

若い女の先生なのだけど、自分の卒業式の時の話を泣きながら話し始めた。

以下、先生が話した内容。

卒業式が終わった後、仲の良い友達数人で、屋上で写真を撮ろうという話になった。

友達の一人が、

「私、ジャンプするから跳んでるところを撮って!」

と言ったらしい。

先生と友人二人が写真に映り、一人が撮影する流れになった。

「はい、チーズ」

写真を撮り終え、次は撮影役を交代しようとしたら、

「あれ? 〇〇ちゃんは?」

跳んでいるところを撮って欲しいと言っていた友達が居ない。

次の瞬間、校庭から悲鳴。

その友達は校庭で変わり果てた姿になっており、死因は事故死ということになった。

暫く経ったある日、先生はあることに気が付いた。

『あれ? 卒業式に屋上で撮った写真だけ無い…』

先生はそのことを友達に話したらしい。

事故死となった友達だが、みんなが疑問に思いながらも口にしなかったことがある。

友達がジャンプして写真撮影をしてから、校庭で悲鳴が上がるまでほんの数秒。

ジャンプしてそのまま校庭に落ちたという感じなのだけど、写真撮影した場所から屋上の端までは数メートル離れている。

しかも助走を付けて跳んでも跳べない高さのブロックを越えて落ちたことになる。

その写真だけが無いことがどうしても疑問で仕方無かった先生と友達は、現像に出した写真店へ行くことにした。

先生と友達は、写真店の主人に撮影した写真が一枚足りないと話した。

すると店の主人は、

「あー、〇月〇日のやつかー」

と言って調べてくれた。

暫くして、

「撮れてなかったね。真っ暗だったよ」

と言った。

みんなが哀しそうな顔をして涙を浮かべていると、主人が

「何かあったの?」

と聞いてきた。

事情を主人に伝えると、困った顔で言った。

「あまり酷い写真は、お客さんに渡さないことにしているんだ。でも、どうしても見たいと言うなら…」

と言って写真を渡してくれた。

リアルに映った沢山の手が、ジャンプした友達を掴んでいた…。

この写真を道徳の時間に先生から見せてもらい、凄く怖かったのを覚えている。

まあ、その後は幽霊やこっくりさんなどで絶対遊ぶなという話になった。

凄まじい写真だったのは覚えているが、今となっては記憶が曖昧だ。

今だに幽霊は信じていないけどね。

関連記事

思い出のビデオ

先月、父親からビデオが送られてきたんだ。 それは、昔、父が僕の姿をビデオカメラで撮影していたもので、1時間30分くらいに編集されていた。 誕生日会やホッケーの試合、クリスマ…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

白金にまつわる話

知る人ぞ知る港区の白金トンネル。幽霊が出るという有名な場所だ。 この間、叔父さんから聞いた話。 都内で小さな商店を持ってる叔父さんは、その夜店も終わり、仕事関係の人に持って…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。 お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。 そこは店からだいたい車…

クローゼット(フリー画像)

ユダヤ人の隠し部屋

大学の夏休みに友達二人とドイツ郊外へ旅行に出掛けました。 小さな民宿に泊まり、その次の日は早朝からドライブする予定だったので皆んなで早めに床に就いたのですが、夜中に友人が魘されて…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

生き人形

呪いの生き人形。 稲川淳二氏が、テレビ等の心霊特集に欠かせない存在になった切っ掛けの心霊体験談がこれです。 この話は稲川淳二氏自身は勿論、テレビ、雑誌、漫画等も未だに敬遠し…

俺の曾爺ちゃんの話を書いてみようと思う。 と言っても、曾爺ちゃんは俺が物心付く前に死んでしまったので、爺ちゃんに聞いた話なのだけれど…。 更にそれを思い出しながら書くので、…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる? 実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。 走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。 この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。 いつものように、帰りが2時を過ぎ…