人が増える霊園

青い花(フリー写真)

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。

先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。

田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。

お墓を洗って花を供えて手を合わせて。

やる事はそれぐらいだし、男5人で結構ぎちぎち状態でのお参りだった。

それで近くのファミレスへ移動して、そこで思い出話をするかという流れになった。

振り返って霊園を出ようとしたら、出口の所に人が居る。

本当に小さな所で、出入り口は二人擦れ違うのがやっとの狭い出口が一つしかない。

自分達が大人数で通ると迷惑が掛かるだろうと思い、その人が移動するまで待つ事にしたんだ。

しかしその人は動かない。多少距離があるので表情は判らないけど、何かしている気配も無い。

仕方が無いから向こうに避けてもらって出ようと思ったら、最初に居た人の向こう側に、人が増えていることに気付いた。

待ち合わせかとも思ったけど、おかしいんだ。

晴れた日だったので少し距離があるにせよ、向こうの様子はよく見える。

出入り口の周りは荒い柵で、その外は駐車場だ。

誰かが歩いて来ていたら絶対に気付く。向こうが移動したら出ようと思い、ずっと見ていたのだから余計だ。

俺らが動き出すまで一人しか居なかった。一瞬で十人以上も増える訳がない。

思わず振り返ったら、仲間も何か微妙というか腑に落ちないという表情をしていた。

晴れた真昼間で、まだ恐怖感なんて全然無かった。

でもこれはおかしい。気持ち悪い。何だこれ。

もう一度、出口の方を見た。

更に人が増えている気がした。なのに誰も入って来ない。

多少距離があるとは言え、晴れた日で他はくっきり見えるのに、そいつらの顔は全く判らない。

なのに全員、こちらを見ている。見ているのは解る。

仲間の一人が、

「逃げた方が良い…よね?」

と言った。

どこから逃げると言うのか。

柵の向こうは人集りになっていた。

縦長の霊園。俺らから見て正面が出入り口。左手は隣接の寺の塀。右手は道路。後ろは川。

別の一人が、

「逃げろ!!」

と叫んだ。

みんな後ろの川に向かって走った。

出入り口からぶわっと人が流れ込んで来たのが気配で分かった。

川と霊園を隔てる金網をよじ登り、有刺鉄線を無理やり潜って、転がり落ちるように河川敷に落ちた。

見上げるとまだ金網に仲間がくっついていて、そいつのパーカーのフード部分を掴んでいる腕が、他の部分を掴もうと伸びる腕が何本も見えた。

そいつは金網から手を離して、殆ど飛び降りるようにして腕を振り切った。

痛みで上手く歩けないそいつに手を貸し、とにかく全員その場を離れるのに必死だった。

幸い骨折等は無かったものの、霊園と河川敷に結構な高低差があったし、有刺鉄線で引っ掻いたりもして、みんな傷だらけ。

車は例の駐車場。

何時間も経ち、少し落ち着いた頃に寺に電話して、お寺の方に付いて来てもらって車を回収して帰った。

一応状況説明はしたけど、困った顔をされただけで、除霊とか何か曰くがあるなどの話は全くされなかった…。

こちらも混乱していたし、上手く伝わらなかったのかもしれないが。

俺の車だから俺が行かなくてはならず、一人付いて来てくれたけど、後の奴はもう戻りたくないと言って離れた所で待っていた。

薄情とか言えない。自分でも怖いと思った。

夕方になり、駐車場から見た霊園は何も変わりが無いようだったけど、鳥肌が立った。

帰ってからは今のところ何も無い。

これからあいつのお墓参りどうしよう…。

関連記事

ホテルの一室(フリー写真)

ホテルの開かずの間

これは私の父が体験した話です。 父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減のため同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。 父には霊感があるのですが、当初はそのホテルから何も感じ…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

カップル(フリー素材)

恋人との思い出

怖いと言うより、私にとっては切ない話になります…。 私が高校生の時、友達のKとゲーセンでレースゲームの対戦をして遊んでいました(4人対戦の筐体)。 その時、隣に二人の女の子…

道の駅

自分が2005年に旅をしていた時、実際に体験した話。 当時、私は大学生で授業をさぼって自転車で日本縦断の旅の真っ最中。もちろん一人旅だ。 その日は朝から雨で、秋田から山形に…

ミンキーモモ

10年程前の話です。当時学生だった私は、友人とドライブに出かけました。昼間にも関わらず「横須賀の心霊スポットを見に行こう」というものでした。 場所は、ご存知の方はマニアと呼ばれる…

動物霊

動物霊をご存知だろうか。 その名の通り動物の霊なのだが、民間伝承でもよく知られているものは狐狸の類であろう。 これらに限らず、特に畜産や水産に関わる動物への信仰は強く、墓や…

ビル(フリー画像)

やっぱり連れて行かれたんだな…

この話は私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。 そのビルは警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いて…

白い日傘

今から3年ぐらい前の話になります。 僕は内装工事関係の仕事をしているのですが、その会社の社長と僕と同僚の計4人で仕事が暇になると、よくスキーに行ってました。 僕達の会社は名…

廃墟でサバゲー

夏の終わりの頃の話。 その日は会社の夏休み最終日ということもあり、仲の良い8人を集め地元の廃墟でサバゲーをすることにしたんだ。 午前中に集まって、とことんゲームをしようと決…

人が死ぬ数分間

人が死ぬ瞬間を見たことがありますか? 私は見ました。人から魂が抜けていく数分間を。 交通事故の現場での話です。数年前のある日の朝、バイクで都心に向かう時のことです。 …