人が増える霊園

青い花(フリー写真)

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。

先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。

田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。

お墓を洗って花を供えて手を合わせて。

やる事はそれぐらいだし、男5人で結構ぎちぎち状態でのお参りだった。

それで近くのファミレスへ移動して、そこで思い出話をするかという流れになった。

振り返って霊園を出ようとしたら、出口の所に人が居る。

本当に小さな所で、出入り口は二人擦れ違うのがやっとの狭い出口が一つしかない。

自分達が大人数で通ると迷惑が掛かるだろうと思い、その人が移動するまで待つ事にしたんだ。

しかしその人は動かない。多少距離があるので表情は判らないけど、何かしている気配も無い。

仕方が無いから向こうに避けてもらって出ようと思ったら、最初に居た人の向こう側に、人が増えていることに気付いた。

待ち合わせかとも思ったけど、おかしいんだ。

晴れた日だったので少し距離があるにせよ、向こうの様子はよく見える。

出入り口の周りは荒い柵で、その外は駐車場だ。

誰かが歩いて来ていたら絶対に気付く。向こうが移動したら出ようと思い、ずっと見ていたのだから余計だ。

俺らが動き出すまで一人しか居なかった。一瞬で十人以上も増える訳がない。

思わず振り返ったら、仲間も何か微妙というか腑に落ちないという表情をしていた。

晴れた真昼間で、まだ恐怖感なんて全然無かった。

でもこれはおかしい。気持ち悪い。何だこれ。

もう一度、出口の方を見た。

更に人が増えている気がした。なのに誰も入って来ない。

多少距離があるとは言え、晴れた日で他はくっきり見えるのに、そいつらの顔は全く判らない。

なのに全員、こちらを見ている。見ているのは解る。

仲間の一人が、

「逃げた方が良い…よね?」

と言った。

どこから逃げると言うのか。

柵の向こうは人集りになっていた。

縦長の霊園。俺らから見て正面が出入り口。左手は隣接の寺の塀。右手は道路。後ろは川。

別の一人が、

「逃げろ!!」

と叫んだ。

みんな後ろの川に向かって走った。

出入り口からぶわっと人が流れ込んで来たのが気配で分かった。

川と霊園を隔てる金網をよじ登り、有刺鉄線を無理やり潜って、転がり落ちるように河川敷に落ちた。

見上げるとまだ金網に仲間がくっついていて、そいつのパーカーのフード部分を掴んでいる腕が、他の部分を掴もうと伸びる腕が何本も見えた。

そいつは金網から手を離して、殆ど飛び降りるようにして腕を振り切った。

痛みで上手く歩けないそいつに手を貸し、とにかく全員その場を離れるのに必死だった。

幸い骨折等は無かったものの、霊園と河川敷に結構な高低差があったし、有刺鉄線で引っ掻いたりもして、みんな傷だらけ。

車は例の駐車場。

何時間も経ち、少し落ち着いた頃に寺に電話して、お寺の方に付いて来てもらって車を回収して帰った。

一応状況説明はしたけど、困った顔をされただけで、除霊とか何か曰くがあるなどの話は全くされなかった…。

こちらも混乱していたし、上手く伝わらなかったのかもしれないが。

俺の車だから俺が行かなくてはならず、一人付いて来てくれたけど、後の奴はもう戻りたくないと言って離れた所で待っていた。

薄情とか言えない。自分でも怖いと思った。

夕方になり、駐車場から見た霊園は何も変わりが無いようだったけど、鳥肌が立った。

帰ってからは今のところ何も無い。

これからあいつのお墓参りどうしよう…。

関連記事

サイパン(フリー画像)

サイパンに残された日本兵

十数年前の「人事院月報」という、国のお堅い雑誌の読者欄に何故かあった話。少し怖かったので今でも覚えています。大体下記のような内容でした。 ※ 夏休み、一家でサイパンを訪れた…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

砂嵐(フリー素材)

絶対に消えないビデオテープ

某テレビ局系列のポスプロに勤めていた時の話です。その編集所には『絶対に消えないビデオテープ』というものがありました。それは以前に心霊番組の特集を編集した際、素材のテープ…

スーパーマーケット(フリー写真)

台風の日の親子

以前スーパーで働いていた時の話。その日は台風が近付いていて、午前中は雨になる前に買い物をしておこうと客がいつもより多かった。夕方を過ぎて雨が本降りになると、客はほぼ来な…

心霊スポット巡り

今から約10年くらい前の話だ。当時俺は大学2年で、夏休みに田舎に帰省していたんだ。俺の田舎は観光地ではあったが、地元民向けの遊びスポットって少なかったんだよね。夜に遊ぶ…

い゛れでぇぇ…

友人は最近仕事が忙しく、自宅に帰るのは午前2時~3時になっていたそうです。この自宅というのは、8階建てのマンションで7階にある部屋です。いつものように、帰りが2時を過ぎ…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。そこは店からだいたい車…

エリーゼのために

研修医時代、しかも働き始めの4月です。おりしも世間はお花見・新歓シーズン真っただ中。浮かれすぎてべろんべろんになって、救急車でご来院いただく酔っ払いで、深夜も大忙しでした。 …

廃ホテル(フリー写真)

廃ホテルで消えた記憶

俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。 ※ 今から四年前の夏、友人のNと二人でY県へ車でキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようと…