人が増える霊園

公開日: 心霊体験 | 本当にあった怖い話

青い花(フリー写真)

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。

先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。

田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。

お墓を洗って花を供えて手を合わせて。

やる事はそれぐらいだし、男5人で結構ぎちぎち状態でのお参りだった。

それで近くのファミレスへ移動して、そこで思い出話をするかという流れになった。

振り返って霊園を出ようとしたら、出口の所に人が居る。

本当に小さな所で、出入り口は二人擦れ違うのがやっとの狭い出口が一つしかない。

自分達が大人数で通ると迷惑が掛かるだろうと思い、その人が移動するまで待つ事にしたんだ。

しかしその人は動かない。多少距離があるので表情は判らないけど、何かしている気配も無い。

仕方が無いから向こうに避けてもらって出ようと思ったら、最初に居た人の向こう側に、人が増えていることに気付いた。

待ち合わせかとも思ったけど、おかしいんだ。

晴れた日だったので少し距離があるにせよ、向こうの様子はよく見える。

出入り口の周りは荒い柵で、その外は駐車場だ。

誰かが歩いて来ていたら絶対に気付く。向こうが移動したら出ようと思い、ずっと見ていたのだから余計だ。

俺らが動き出すまで一人しか居なかった。一瞬で十人以上も増える訳がない。

思わず振り返ったら、仲間も何か微妙というか腑に落ちないという表情をしていた。

晴れた真昼間で、まだ恐怖感なんて全然無かった。

でもこれはおかしい。気持ち悪い。何だこれ。

もう一度、出口の方を見た。

更に人が増えている気がした。なのに誰も入って来ない。

多少距離があるとは言え、晴れた日で他はくっきり見えるのに、そいつらの顔は全く判らない。

なのに全員、こちらを見ている。見ているのは解る。

仲間の一人が、

「逃げた方が良い…よね?」

と言った。

どこから逃げると言うのか。

柵の向こうは人集りになっていた。

縦長の霊園。俺らから見て正面が出入り口。左手は隣接の寺の塀。右手は道路。後ろは川。

別の一人が、

「逃げろ!!」

と叫んだ。

みんな後ろの川に向かって走った。

出入り口からぶわっと人が流れ込んで来たのが気配で分かった。

川と霊園を隔てる金網をよじ登り、有刺鉄線を無理やり潜って、転がり落ちるように河川敷に落ちた。

見上げるとまだ金網に仲間がくっついていて、そいつのパーカーのフード部分を掴んでいる腕が、他の部分を掴もうと伸びる腕が何本も見えた。

そいつは金網から手を離して、殆ど飛び降りるようにして腕を振り切った。

痛みで上手く歩けないそいつに手を貸し、とにかく全員その場を離れるのに必死だった。

幸い骨折等は無かったものの、霊園と河川敷に結構な高低差があったし、有刺鉄線で引っ掻いたりもして、みんな傷だらけ。

車は例の駐車場。

何時間も経ち、少し落ち着いた頃に寺に電話して、お寺の方に付いて来てもらって車を回収して帰った。

一応状況説明はしたけど、困った顔をされただけで、除霊とか何か曰くがあるなどの話は全くされなかった…。

こちらも混乱していたし、上手く伝わらなかったのかもしれないが。

俺の車だから俺が行かなくてはならず、一人付いて来てくれたけど、後の奴はもう戻りたくないと言って離れた所で待っていた。

薄情とか言えない。自分でも怖いと思った。

夕方になり、駐車場から見た霊園は何も変わりが無いようだったけど、鳥肌が立った。

帰ってからは今のところ何も無い。

これからあいつのお墓参りどうしよう…。

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。 何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。 で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

フィルムノイズ(フリー素材)

白い影の正体

私は親族に、主に妻の家族に隠し事をしている。 なぜ私だけが知り、なぜあの時、お義父さんが私だけに話したのか。 それは10年以上経過した現在でも判らない。 ※ 妻の母親、…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。 入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。 壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。 駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。 しかし一つだけ不思議な点があった。 それは、何故かいつ…

ゲームセンター(フリー写真)

早く閉まるゲーセン

もう3年以上前になるかしら。 当時行き付けだったゲーセンは、何故だか知らないが必ず22時に閉店していた。 元々寂れたゲーセンではなかったし、大学の近くだったのもあってか、…

お婆さんの願い

会社の仕事を終え、夜の帰り道。 最寄り駅から自宅まで歩いていると、帰路途中の家のドアが開いていて、お婆さんが手招きをしていた。 『高いところにあるものを取って欲しいとか、そ…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。 その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。 何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…

白い女の子

先日、祖母の葬式のために生まれ故郷を訪れた。そこは山と畑しかないような、いわゆる寂れた山村だ。 私が小学生の時に両親と市内に引っ越したために足が遠のき、さらに大学に通うのに東京に…

沖縄の夕日(フリー写真)

霊感のある生徒

これから話すのは高校の先生から聞いた話。 先生が初めて担任を持った時、いつも窓の外を見ている生徒が居たらしい。 その生徒が関わる幾つかの体験をお話します。 ※ まずは何…