好条件物件

公開日: ほんのり怖い話

アパート(フリー写真)

まだ自分が大学在学中、あれやこれやがあって、気分を変えるため引越しをすることにした。

大学のそばにある不動産屋で、大学と係わりの強いおばちゃんに条件を提示しつつ、お勧めの物件について尋ねると…。

「ん~、その条件なら3、4件あるわ。

でも、こんなのもあるんだけど…」

と引き出しの中から封筒を取り出し、封を解いて自分に手渡した。

その物件の内容は、

『駅から徒歩2分、大学まで徒歩20分。

家賃3万、敷金礼金無し。駐車場ありだが駐車場代無し。

建ててから時間が大分経っているが、部屋も広く、板張りで押し入れあり。

トイレ風呂別。キッチンも広く冷蔵庫と洗濯機も置ける。

小さいながら庭付きの二個一の平屋(建物二つがくっついている感じ)』

というものだった。

あまりの条件の良さに『何か裏があるなぁ~』と思い尋ねてみると、愛想の良いおばちゃんの顔が曇り、

「普通の人には出せんのよねぇ~」

と、意味深な感じ。

何か曰く付きの物件だろうと思い、詳しく尋ねてみると的中。

前に住んでいた人は3日、その前は4日、その前も入居して数日の内に、何らかの理由で出て行ってしまったそうな。

土地の所有者は取り敢えず遊ばせておくのも何だからと格安にしてあるが、不動産屋の方が評判を気にして、貸し渋っていたらしい。

嫌な予感はあったが、格安であること、おばちゃんに是非入って(何とか)してくれと頼まれたこともあり、その物件に決定。

その場で書類を作り、翌日入居の運びとなった。

友人の協力もあって引っ越しも半日で済み、夕方から宴会になった。

夜も更けると皆、自分を脅して帰って行った。

その日の夜は特にこれといったことは無かった。

しかし3日目の夜、ネットも繋がっていないので早めに布団に入り、いつも通り携帯を弄りながら睡魔を待っていた。

時間は午前2時を過ぎたくらいだったと思う。

カリカリと、壁を何かが引っ掻く音がした。

隣が何かをしているのかと思ったが、音がするのは隣と面していない側の壁だった。

なので『ああ、動物か物の怪か何か出たのだろう』と、半ば諦めの気持ちでいた。

音は続いており、足元くらいの高さから徐々に上に上がって行き、ついには天井から音がするようになった。

天井に上がった音は、今度はドタドタという音を出しながら屋根の上を走り回った。

暫くすると、その音はカーテンを閉めた窓の向こうに何かが落ちる音と共に消えた。

安堵しつつも、友人に連絡でも取ろうかと思っていると、またカリカリという音が窓の外から聞こえて来た。

見てはいけないという思いと好奇心が8対2の割合であったが、今後もお世話になるのなら早い内に見ておこうと思い、布団から出てカーテンを開けた。

すると、窓の外にはやたらと長い手をした髪の長い生き物がじっと足元を見ており、網戸に手を掛け黙々と引っ掻いていた。

無言でカーテンを閉めるとキッチンへ行き、塩を持って部屋に戻ると窓のそばの床に盛り塩をして、布団に入って寝た。

その後もカリカリという音は続いていた。

翌日不動産屋へ行き、おばちゃんに

「やっぱり出ましたよ」

と言うと、

「やっぱりかぁ~」

とすまなそうに言い、別の物件を紹介すると言ってくれたが断らせてもらった。

おばちゃんは5万円を自分に渡し、手に負えないようならすぐに別の所を紹介すると言ってくれた。

その夜も、きっかり午前2時になるとカリカリと音がし始めた。

一頻りバタバタした後、網戸を引っ掻く音がしていたが、無視して寝た。

一週間程すると、パタリと妙なことは収まった。

それ以降も時折、深夜寝ていると視線を感じ、起きると部屋の中に肩を抱くようにして座っているそれが居たりしたが、無視して寝てしまった。

大学卒業後、近くに就職したため、今でも同じ建物に住んでいる。

関連記事

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

和室(フリー写真)

あき様

私の家は代々旅館を営んでおり、大きな旅館のため私が幼少の頃も両親共に忙しく、会話をした記憶も殆どありませんでした。店の者が毎日学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず…

迷いインコの怖いつぶやき

これはテレビ番組の『探偵!ナイトスクープ』で実際にあった話である。依頼の内容は、迷いインコを保護したのでその飼い主を捜して欲しいというもの。インコは「ピーコ」や「な○た…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

名も知らぬ息子

「僕のお母さんですか?」登校中信号待ちでボーっとしていると、突然隣の男が言った。当時私は20歳の大学生で、妊娠・出産経験はない。それに相手は、明らかに30歳を超えていた…

公園(フリー素材)

視える子

7歳の長男の話です。長男は所謂『視える子』らしいのですが、彼から聞き出す話のことごとくが、一般的な霊感体験談からズレていて興味深いのです。長い髪の女や不思議な子どもな…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

飲食店(フリー素材)

身代わり

少し昔の話をする。私の友人が飲食店の店長をする事になった。その店に行きたいと思いつつなかなか都合がつかず、結局その店に行けたのはオープンから一ヶ月が過ぎようとしている頃…

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。それまでは普通に入ることの出来て…