異世界に続く天井裏

光(フリー素材)

俺のクラスに新しく転入生の男子が来た。

彼はいつも机に突っ伏して塞ぎ込んでいて、未だに友人は一人も出来ていないようだった。

きっとクラスに馴染めずに大変なんだろうと考えた俺は、意を決して彼に話し掛けた。

「いつも浮かない顔をしているね。何か嫌なことでもあったの?」

俺の突然の問い掛けに彼は動揺したようだったが、やがて重い口を開いて話しだした。

彼が塞ぎ込んでいる原因は、転入して来る以前の、一ヶ月ほど前の出来事にあると言う。

彼は当時、住んでいた家の自分の部屋でゲームなどをして過ごしていたが、ふと気付くと部屋の天井板が少しずれているのを見つけた。

彼は椅子を使って天井裏に昇ると、懐中電灯で辺りを照らして原因を探したそうだ。

天井裏は意外にも広々とした空間になっていて、何処までも先が続いているように見えた。

彼は天井板が外れた原因探しよりも、冒険心から天井裏をどんどん先に進んで行った。

すると電池が切れたのか、突如として電灯の明かりが消え、辺りは一面の闇となった。

彼は怖くなって部屋に戻ろうとしたが、あまりにも先に進み過ぎていた。

元居た部屋の明かりは既に見えなくなっていて、彼は天井裏で完全に迷子になってしまった。

途方に暮れた彼は元の部屋を探して歩き回ったが、闇の中で方向感覚を失い、次第に自分がどの方向に向かっているのかも分からなくなった。

そのまま宛も無く歩き回っていると、彼は先に何か光りを放っているものを見つけた。

それを自分の部屋の明かりと考えた彼は、夢中になってその明かりに向かって歩き続けた。

しかし段々と近付く内に、明かりの正体は自分の部屋の明かりではないことが判った。

それは何と、見たこともない街の明かりであったと言う。

不思議な事に、天井裏に一つの大きな街があり、その明かりが遠くから見えていたのだ。

彼は宛も無いので、その街の中に勇気を出して入って行ったのだと言う。

そこまで話をすると彼は溜め息を吐いて、ボロボロと涙を落とした。

俺は突然の彼の涙に戸惑いつつも、取り敢えず彼を慰めようと彼に言葉を掛けた。

「大変だったね。でも結局は部屋に戻れたんだろ。泣くことはないよ」

すると彼はゆっくりと首を振って、こう答えた。

「まだ、その街から出られていないんだ」

関連記事

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

やみ駅←きさらぎ駅→かたす駅

皆さん、きさらぎ駅という駅を知ってますか?何年か前に、2chで有名になった怖い話だそうで、はすみさんという方がその実在しない駅に迷いこんでしまって、結局行方知れずになってしまっ…

川(フリー写真)

川を流れる仏壇

現在の家に引っ越して来る前は、物凄い田舎の村に住んでいた。周りは山に囲まれていて、大きな川も幾つもあり、殆ど外界の人が来る事は無かった。 ※ ある日、学校から帰宅すると、ち…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

車に乗った白い霊

私が学生の時に、実際に体験した話です。その当時付き合っていたある女友達は、ちょっと不思議な人でした。弟さんが亡くなっているんですが、彼女の家に遊びに行くと、どこからかマ…

宇宙は数字でできている(長編)

不思議な体験をした。簡単に説明すれば、幽体離脱をして宇宙を覗いたら、螺旋状に永遠に伸びる、うねうねとした膨大なカラフルな数字から成る道を高速スピードで飛んでいた。あまり…

抽象的(フリー素材)

親父の予言

数年前、親父が死んだ。食道静脈瘤破裂で血を吐いて。最後の数日は血を止めるため、チューブ付きのゴム風船を鼻から食道まで通して膨らませていた。親父は意識が朦朧としていたが、…

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …

ちょっとだけ異空間に行った話

ドラッグか病気による幻覚扱いにされそうだけど、多分、ちょっとだけ異空間に行った話。就活で疲れ果てて横浜地下鉄で眠り込んでしまった。降りるのは仲町台。夕方だったのに、車掌…