白虎隊

公開日: 心霊体験 | 怖い話

kikuji

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。

A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。

しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてしまいました。

迷ううちにどんどん繁華街から離れてしまい、A君とB君は丁度目に入った古い感じの家で道を聞くことにしました。

中から出てきたのは腰の曲がったおばあさんでした。

おばあさんは二人に上がってお茶でも飲んでいきなさいと言ったので、疲れていた二人は迷うことなくそのうちにお邪魔することにしました。

その家の中もかなり古い感じで、家のところどころがすすけた感じでした。

おばあさんは、二人を居間に座らせ、なぜか「目をそらしちゃいけないよ」と言うとお茶を入れに居間を出て行ってしまいました。

二人が部屋の中を物珍しそうに見まわしていると、部屋には不似合いな大きな鏡が目に入りました。

A君とB君はなぜか二人ともその鏡から目が離せなくなっていました。

二人がその鏡をじっと見つめていると人がぼおっと映りはじめました。明らかにその人の顔は鏡を見ているA君、B君の顔ではありませんでした。

その映った顔は傷だらけで、血を流しています。髪型も服も現代の人とは違いました。

その格好はまさにA君、B君が昨日説明を受けた白虎隊のものでした。

二人はなぜかその鏡から目をそむける事が出来ませんでした。鏡に映る人の顔はどんどん変わっていきます。そして変わるたびに気持ちの悪いものとなっていきます。

初めはまだ顔に怪我した程度だったものが、顔が半分つぶれた状態になってしまっていたり、目に矢が刺さった状態になってしまっている顔などになっていきました。

ついにA君とB君は悲鳴をあげて顔をそむけてしまいました。

するといつのまにか入ってきていたのか、おばあさんが二人をじっと見ていました。そして一言、「そらしたね」と言いました。

二人はもう、怖くて怖くてその家を飛び出して、逃げました。どこをどう走ったのか、二人が気づくと泊まっている旅館に着いていました。

二人は帰って来られたことにほっとしていました。何より次の日には修学旅行も終るのでこの土地から離れられることが嬉しかったのです。

次の日、二人は家に無事帰ることもできて、もう昨日あった不気味なことなど忘れていました。

そしてあの日から一週間後の朝、二人はそれぞれの家で布団の中で血だらけになって死んでいるのが見つかりました。

顔はぐちゃぐちゃにつぶれていて、体の傷はなぜか刀で傷つけられたものだったそうです。

この話を聞いた人には同じような結果が待っています。

嫌なら一週間以内に夜2時ちょうどに一人で鏡を見て、そこに映る顔を最後まで見れば助かるのだそうです。

関連記事

和室(フリー写真)

白い顔

俺は4歳になるまで、夜はばあちゃんの家に預けられていた。夜はばあちゃんと並んで寝るんだけど、その部屋に亡くなったじいちゃんの仏壇があったんだ。夜中に目が覚めたりすると、…

土地にまつわる因縁話

知り合いの霊能力がある人の話。普通、霊能者と言えば厳かな感じの人が多いというイメージがあるんだが、知り合いの人はそこら辺にいそうな、筋トレ好きな体育会系のおっさんなのよね。 …

隠された部屋

友人が引っ越しをした。引っ越し先は築10年の一戸建てで、そこそこの広さもある良い家だった。だが、家賃が異常なまでに安い。周囲の物件の半分程度しかないのだ。俺たち…

鳥居(フリー素材)

カキタ様

俺が田舎に転校していた頃の話。俺の家庭は当時ごたごたしていてさ。それが理由で学校とか行きづらくなっちゃって。友達は「気にすんなよ、一緒に遊ぼうぜ」と言ってくれるんだけど…

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

アケミくるな

僕は運送大手の○川でドライバーをしていました。ある夜、○○工場内(九州内にあります)で作業中、どうにも同僚Sの様子がおかしいことに気が付きました。Sは仕事中だというのに…

廃墟ホテル(フリー素材)

廃墟ホテルのワンピース

暑い季節になり去年のことを思い出してきたので、ここで去年の暑い季節にあったことを書いてみたいと思う。 ※ 去年の夏、私は彼女と友人と友人の彼女の4人でロッジを借り、余暇を楽しむ計画…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。故に深夜ビル…

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

母からの手紙

息子が高校に入学してすぐ、母がいなくなった。「母さんは父さんとお前を捨てたんだ」父が言うには、母には数年前から外に恋人がいたそうだ。落ち込んでいる父の姿を見て、…