白虎隊

公開日: 心霊体験 | 怖い話

kikuji

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。

A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。

しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてしまいました。

迷ううちにどんどん繁華街から離れてしまい、A君とB君は丁度目に入った古い感じの家で道を聞くことにしました。

中から出てきたのは腰の曲がったおばあさんでした。

おばあさんは二人に上がってお茶でも飲んでいきなさいと言ったので、疲れていた二人は迷うことなくそのうちにお邪魔することにしました。

その家の中もかなり古い感じで、家のところどころがすすけた感じでした。

おばあさんは、二人を居間に座らせ、なぜか「目をそらしちゃいけないよ」と言うとお茶を入れに居間を出て行ってしまいました。

二人が部屋の中を物珍しそうに見まわしていると、部屋には不似合いな大きな鏡が目に入りました。

A君とB君はなぜか二人ともその鏡から目が離せなくなっていました。

二人がその鏡をじっと見つめていると人がぼおっと映りはじめました。明らかにその人の顔は鏡を見ているA君、B君の顔ではありませんでした。

その映った顔は傷だらけで、血を流しています。髪型も服も現代の人とは違いました。

その格好はまさにA君、B君が昨日説明を受けた白虎隊のものでした。

二人はなぜかその鏡から目をそむける事が出来ませんでした。鏡に映る人の顔はどんどん変わっていきます。そして変わるたびに気持ちの悪いものとなっていきます。

初めはまだ顔に怪我した程度だったものが、顔が半分つぶれた状態になってしまっていたり、目に矢が刺さった状態になってしまっている顔などになっていきました。

ついにA君とB君は悲鳴をあげて顔をそむけてしまいました。

するといつのまにか入ってきていたのか、おばあさんが二人をじっと見ていました。そして一言、「そらしたね」と言いました。

二人はもう、怖くて怖くてその家を飛び出して、逃げました。どこをどう走ったのか、二人が気づくと泊まっている旅館に着いていました。

二人は帰って来られたことにほっとしていました。何より次の日には修学旅行も終るのでこの土地から離れられることが嬉しかったのです。

次の日、二人は家に無事帰ることもできて、もう昨日あった不気味なことなど忘れていました。

そしてあの日から一週間後の朝、二人はそれぞれの家で布団の中で血だらけになって死んでいるのが見つかりました。

顔はぐちゃぐちゃにつぶれていて、体の傷はなぜか刀で傷つけられたものだったそうです。

この話を聞いた人には同じような結果が待っています。

嫌なら一週間以内に夜2時ちょうどに一人で鏡を見て、そこに映る顔を最後まで見れば助かるのだそうです。

関連記事

爺ちゃんとの秘密

俺は物心ついた時から霊感が強かったらしく、話せるようになってからは、いつも他の人には見えない者と遊んだりしていた。 正直生きている者とこの世の者ではないものとの区別が全くつかなか…

夜の学校

夜の学校

小学6年生の夏休み直前の話。その日、僕は肝試しに誘われていた。 メンバーは友達の新堂君、荒井君、細田君、僕の4人。舞台は学校だった。 昼休みに新堂君が通用口の鍵を開けたとの…

旧家(フリー写真)

旧家の古井戸

俺が携わったのは、築100年以上で何世代にも渡って改修工事をして来た家の改築だった。 古く増改築を繰り返しているので、図面も残っていないし、形は不自然。 まずは図面を起こす…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

古民家(フリー写真)

木彫りの仏様

母方の祖母が倒れたという電話があり、家族で帰省した時の話です。 祖母は倒れた日の数日後、うちに遊びに来る予定でした(遠方に住んでいるため滅多に来ません)。 その遊びに来るこ…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。 ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。 街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

旅館(フリー素材)

お気遣い

私は趣味で写真を撮っています。 主に風景ばかりで、休みが取れた時は各地を回っているのですが、その時に宿泊した民宿での体験です。 ※ その日、九州の方に行っていたのですが、天候…

繰り返し見る夢

夢に関する不思議な話を。 同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。 別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつも…

医療器具(フリー素材)

謎のカルテ

これは2年前の夏、病院で夜勤中に体験した出来事です。 その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。 何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした…

叔母のCTスキャン

俺の叔母は脳腫瘍をこじらせて鬼籍に入った。 無論悲しかったが、それ以上に恐ろしい死に方だったのだと、今にしてみれば思う。 入院してから早いうちに脳腫瘍だという診断は受けてい…