白虎隊

公開日: 心霊体験 | 怖い話

kikuji

ある高校がF県に修学旅行に行ったそうです。

A君は友達数人で作った班で自由行動を楽しんでいました。

しかし、A君は慣れない土地のためか、班が一緒のB君とその班からはぐれてしまいました。

迷ううちにどんどん繁華街から離れてしまい、A君とB君は丁度目に入った古い感じの家で道を聞くことにしました。

中から出てきたのは腰の曲がったおばあさんでした。

おばあさんは二人に上がってお茶でも飲んでいきなさいと言ったので、疲れていた二人は迷うことなくそのうちにお邪魔することにしました。

その家の中もかなり古い感じで、家のところどころがすすけた感じでした。

おばあさんは、二人を居間に座らせ、なぜか「目をそらしちゃいけないよ」と言うとお茶を入れに居間を出て行ってしまいました。

二人が部屋の中を物珍しそうに見まわしていると、部屋には不似合いな大きな鏡が目に入りました。

A君とB君はなぜか二人ともその鏡から目が離せなくなっていました。

二人がその鏡をじっと見つめていると人がぼおっと映りはじめました。明らかにその人の顔は鏡を見ているA君、B君の顔ではありませんでした。

その映った顔は傷だらけで、血を流しています。髪型も服も現代の人とは違いました。

その格好はまさにA君、B君が昨日説明を受けた白虎隊のものでした。

二人はなぜかその鏡から目をそむける事が出来ませんでした。鏡に映る人の顔はどんどん変わっていきます。そして変わるたびに気持ちの悪いものとなっていきます。

初めはまだ顔に怪我した程度だったものが、顔が半分つぶれた状態になってしまっていたり、目に矢が刺さった状態になってしまっている顔などになっていきました。

ついにA君とB君は悲鳴をあげて顔をそむけてしまいました。

するといつのまにか入ってきていたのか、おばあさんが二人をじっと見ていました。そして一言、「そらしたね」と言いました。

二人はもう、怖くて怖くてその家を飛び出して、逃げました。どこをどう走ったのか、二人が気づくと泊まっている旅館に着いていました。

二人は帰って来られたことにほっとしていました。何より次の日には修学旅行も終るのでこの土地から離れられることが嬉しかったのです。

次の日、二人は家に無事帰ることもできて、もう昨日あった不気味なことなど忘れていました。

そしてあの日から一週間後の朝、二人はそれぞれの家で布団の中で血だらけになって死んでいるのが見つかりました。

顔はぐちゃぐちゃにつぶれていて、体の傷はなぜか刀で傷つけられたものだったそうです。

この話を聞いた人には同じような結果が待っています。

嫌なら一週間以内に夜2時ちょうどに一人で鏡を見て、そこに映る顔を最後まで見れば助かるのだそうです。

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。 それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

寝たフリ

小学校の先生Aから聞いた話。 高校の部活の合宿で、20人くらいが一つのでかい部屋に布団敷いて詰め込んで寝るってシステムだった。 練習がきついからみんな疲れて夜10時には寝ち…

ポコさん

私の住んでいた家の近くの公園には、いつもポコさんという大道芸人みたいなおじさんが週に3回来ていた。 顔は白粉か何かで白く塗り、眉毛は太く塗り、ピエロの様な格好でいつもニコニコして…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

廃屋(フリー写真)

ト・コ・ヨ・ワ・タ・リ

家の近所に『青柳タンス』という廃屋があった。 別にタンス屋だった訳ではなく、ただの民家だったのだが、壁面にそういう看板が掛けてあった。 そこには電話番号も書いてあり、その番…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、 「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」 という会話をしていた時だった。 その叔母さんが、お客さ…

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。 恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。 今も出稼ぎがある地だから推して知る…

階段の角

当時俺が小3、弟が5才ぐらいだったかな。 そのとき一軒家に住んでて、弟と両親が一階、俺一人が二階で寝てたんだ。 家が古いせいか、かなり家鳴りみたいなのがするんだよ。ガキだっ…

悪夢

寺生まれのTさん

俺は久々に嫌な夢を見た。 ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている。 俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。 すると男は突然、ノコギリで家の柱を…