黒いワゴン

公開日: 本当にあった怖い話

profile_evo_03

俺の後輩が実際に体験した話です。

後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。

車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。

時刻は夕方の17時頃。

夏ならいざ知らず、その時季節は秋。

海の駐車場には後輩たちの車以外には2、3台がまばらに駐車してあっただけだったそうです。

後輩たちは「せっかく海に来たんだから砂浜の方へ行ってみよう」ということで、車を停め砂浜の方へ向かったそうです。

何だかんだと砂浜で喋っているうち、すっかり日も暮れ「さすがに腹も減ったし帰るか」ということになりました。

駐車場へ戻ってみると、もう自分たち以外の車は無いかと思われましたが、1台だけ残っていたそうです。

すると、後輩の友達の一人が不思議そうに言ったそうです。

「あの車、俺たちが来た時にも停めてあったよな。まだいたのか」

それに反応して、皆で駐車場の薄暗いライトに照らされた黒いワゴンを見ました。

普段ならこれと言って気にすることでもないのですが、何故かその時はみんな少し様子がおかしいと感じたそうです。

そこで、後輩たちは車に近付いてみることにしました。

近付いて行くと、異変に気付きました。

黒いワゴンのマフラーから運転席の窓に差し込まれた筒のようなもの。

「おい、やばいぞ!!」

すぐに自殺をしているんだと気付いた後輩たちは、皆で車に駆け寄り、窓を覗き込みました。

そこには、既に意識が無いのかぐったりとしている女性と、その息子とみられる男の子がいました。

急いで警察に連絡すると同時に、後輩たちは何とか親子を助けようとしました。

しかし、ドアは開きません。

仕方なく窓を破ろうとするものの、いざ壊そうとしてもなかなか壊れず、なんとか自分たちの車に積んであったスコップを使って窓を破ったそうです。

そうこうしている内にパトカーが到着し、あとは警察に任せることになったそうです。

後日、警察から簡単な表彰をしてもらうという事で、後輩たちは警察署を訪ねたそうです。

その時に警察官から聞いた話らしいのですが、その自殺を図った親子の内、お子さんは既に亡くなっていたらしいのですが、母親だけが一命を取り留めたらしいのです。

しかし母親は自分だけが生き残ってしまい子供だけを殺してしまった事で精神を病み、運ばれた病院で暴れて大変だったらしいです。

更に、自分を助けてくれた後輩たちをも逆恨みしていたらしいのです。

「どうして自分だけ生きているんだ、どうして死なせてくれなかった」

と、騒ぎ立てていたのだそうです。

ただ、とてもすぐには病院から出られる状態でもないし、心配はしなくてもいいと警察官からは言われたらしいです。

その後、その女性がどうなったのかについては、さすがに後輩たちにも分からないそうです。

そんな事件があり、後輩は今でも黒いワゴンを見ると、どうしてもあの母親が乗っていそうな気がしてならないそうです。

神に愛されるということ

私は占い師に「長生きできんね」と言われたことある。理由も聞いた。 「あんた、大陸に行ったことあるだろう? そこで憑かれたんだと思うけど、悪霊なんてもんじゃない。神に近いから、まず…

青い花(フリー写真)

人が増える霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって4年経つ。 先週、サークル仲間で集まって墓参りに行ったんだ。 田舎の小さな霊園だから、休日の昼間なのにお参りしてる人はあまり居なかった。 …

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は7月初旬で、昼休みには海岸で弁当を食うのが日課でした。 初めは一人で食べに行ってましたが、途中から仲良くなった同年…

死者からの着信

実際の体験談を書きます。友人(H)が自殺をした時の話。 Hとは高校時代からの仲で、凄く良い奴だった。 明るくて楽しい事も言えて、女子には人気が無かったが、男子には絶大なる人…

前世

僕が15才だったとき、3才の妹が洗面台に置いてあった緑色の除光液を、マウスウォッシュだと間違えて飲んでしまったんだ。 すぐに近所の薬局の人に、誤飲用の薬を持ってきてもらって、妹に…

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。 友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。 山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる? 実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。 走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。 場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。 俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。 その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

家族の奇行の真相

自分の身に起こった今でも信じられない実話です。 まだ僕が中学3年だった頃、父親と母親と弟の4人家族でした。 紅白歌合戦を見終わって、良い初夢でも見るかな…ってな具合で寝たの…