黒いワゴン

公開日: 本当にあった怖い話

profile_evo_03

俺の後輩が実際に体験した話です。

後輩たちはその日、数人で暇を持て余しドライブをしていたらしいんです。

車を走らせる内に地元の海にたどり着きました。

時刻は夕方の17時頃。

夏ならいざ知らず、その時季節は秋。

海の駐車場には後輩たちの車以外には2、3台がまばらに駐車してあっただけだったそうです。

後輩たちは「せっかく海に来たんだから砂浜の方へ行ってみよう」ということで、車を停め砂浜の方へ向かったそうです。

何だかんだと砂浜で喋っているうち、すっかり日も暮れ「さすがに腹も減ったし帰るか」ということになりました。

駐車場へ戻ってみると、もう自分たち以外の車は無いかと思われましたが、1台だけ残っていたそうです。

すると、後輩の友達の一人が不思議そうに言ったそうです。

「あの車、俺たちが来た時にも停めてあったよな。まだいたのか」

それに反応して、皆で駐車場の薄暗いライトに照らされた黒いワゴンを見ました。

普段ならこれと言って気にすることでもないのですが、何故かその時はみんな少し様子がおかしいと感じたそうです。

そこで、後輩たちは車に近付いてみることにしました。

近付いて行くと、異変に気付きました。

黒いワゴンのマフラーから運転席の窓に差し込まれた筒のようなもの。

「おい、やばいぞ!!」

すぐに自殺をしているんだと気付いた後輩たちは、皆で車に駆け寄り、窓を覗き込みました。

そこには、既に意識が無いのかぐったりとしている女性と、その息子とみられる男の子がいました。

急いで警察に連絡すると同時に、後輩たちは何とか親子を助けようとしました。

しかし、ドアは開きません。

仕方なく窓を破ろうとするものの、いざ壊そうとしてもなかなか壊れず、なんとか自分たちの車に積んであったスコップを使って窓を破ったそうです。

そうこうしている内にパトカーが到着し、あとは警察に任せることになったそうです。

後日、警察から簡単な表彰をしてもらうという事で、後輩たちは警察署を訪ねたそうです。

その時に警察官から聞いた話らしいのですが、その自殺を図った親子の内、お子さんは既に亡くなっていたらしいのですが、母親だけが一命を取り留めたらしいのです。

しかし母親は自分だけが生き残ってしまい子供だけを殺してしまった事で精神を病み、運ばれた病院で暴れて大変だったらしいです。

更に、自分を助けてくれた後輩たちをも逆恨みしていたらしいのです。

「どうして自分だけ生きているんだ、どうして死なせてくれなかった」

と、騒ぎ立てていたのだそうです。

ただ、とてもすぐには病院から出られる状態でもないし、心配はしなくてもいいと警察官からは言われたらしいです。

その後、その女性がどうなったのかについては、さすがに後輩たちにも分からないそうです。

そんな事件があり、後輩は今でも黒いワゴンを見ると、どうしてもあの母親が乗っていそうな気がしてならないそうです。

横穴

ゆうちゃんとトミー

中学生時代の友達で「ゆうちゃん」という男がいた。 彼は直感が優れていて、何かの危険が迫っていると「嫌な感じがする」と呟き、さりげなく回避行動に出られるタイプの男だった。 俺…

棲家

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。 主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。 壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど…

ダークな抽象模様(フリー画像)

情け

苦しんでいる霊達が居たら全部救ってやれば良いのに、と考えるのは、霊感の無い人間の思考であると実感した体験談。 ※ 高校時代のある日、友人Aが相談をして来た。 夜道で霊らしきも…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

廃墟(フリー写真)

廃ホテルでの心霊体験

高校生の頃、十数人でサバイバルゲームをやった時の話。 場所はよくある荒れ果てたホテル跡で、人家からかなり離れているので誰も来ないし、幽霊が出るという噂からヤンキーすらあまり来ない…

イタコ

以前、北東北の寒村に行った際にお寺のご住職夫人から聞いた話。 恐山のような知名度はないんだけど、彼の地にも古くから土着のイタコがいたの。 今も出稼ぎがある地だから推して知る…

廃ホテル(フリー写真)

心霊ロケ

某廃墟ホテルに霊能者を連れて行き、その様子をカメラに収めるという番組があった。 そのホテルは昔、火災が発生し多くの人が亡くなった場所でもあり、 「女性の霊を見た」 「…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。 それから地名、人名等は仮名としました。 もったいぶ…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。 当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。 一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

呪いのゲームソフト

昔、ゲーム雑誌会社で働いていました。 当時はゲームと毎日向かい合っていたので振り返るのをやめていましたが、会社自体が潰れて暫く経ち、どこの会社かバレても支障がなくなったので、その…