棲家

公開日: 怖い話 | 本当にあった怖い話

A__49243e98ce29c

9歳の時引っ越した私の家には何かが居た。

主に私の部屋で、金縛りはしょっちゅう起きるし、色んな人の声もする。

壁の中からだったり、寝ている自分の上や枕元、ベッドの下からなど。

「こういうのは慣れると寄ってくる」

と聞いたから気を付けていたけど、これ本当かも。

ある日、枕元で4人位の男女の声が聞こえた。正直慣れちゃってたから放置してた。

それが続いて3日目にはガヤガヤと人数が増えてうるさくなって、流石に「ヤダなー」って。

気づいてないフリをしてたら騒音がピタっと止まって「ヤバイ?!」と思ったら、頭の下の枕の中から女性の細い指が、私の髪に巻き付いて、ガシ!ワシャ!って髪を鷲掴みして、枕の中に引きずり込もうとしてきた。

ヤバイ!ヤバイ!と金縛りで動けないなりにジタバタ必死に抵抗してるうちに夜が明けだして、気を失った。目覚めたら枕が捻れてた。大勢が集まったのはこの時だけで済んだ。

関連記事

肝試しから戻らない7人

この話は実際に新聞に載った話です。ある高校生の男女8人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。夜も更けてきた所で、肝試しに行くことになりました。でも本当…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

夜の駅(フリー素材)

地図に無い駅

その日、彼は疲れていました。遅くまで残業をし、電車で帰る途中でした。既にいつも使っている快速は無く、普通電車で帰るしかありませんでした。その為いつもよりも電車で…

倉庫(フリー背景素材)

曰く付きの絵画

一つ俺の体験談をば。秋口の頃だったか、俺の勤めている会社の社長の菩提寺が建物の一部を修復するとかで、俺も含めて若い社員が5、6人と、監督役の係長が一人、荷物の運搬を手伝いに行か…

鍵盤(フリー写真)

古いオルガン

家に古いオルガンがあった。私が生まれるより前に、母が中古で買ったらしい。小学生の時に一度だけ弾こうとしてみたが、ベース(足用鍵盤)の音が全く出なかった。 ※ 時は流…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

ネットワーク

むこうがわ

Aという男がいた。世間からの評判は良い彼だったが、他人に言えない秘密があった。それはネットを渡り歩いては、グロ映像等の猟奇系のウェブサイトを覗き見るという趣味だった。よ…

学校の屋上(フリー背景素材)

卒業式に撮った写真

俺がまだ小学生の頃、ある日の道徳の授業の時のこと。先生が学生時代の頃に「こっくりさん」が流行っていて、その時にクラスの女子が取り憑かれ、みんなでお祓いに連れて行ったという話があ…