ドアを開けるな

公開日: 心霊体験 | 怖い話

P1100272-a8f11

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。

大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。

携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。

T「今バイト終わったから、アパートへ遊びに行っていい? 15分ぐらいで着くから」

「ドン!ドン!ドン!ドン!…」

それから15分後、ドアがノックされた。Tが来たと思いドアの覗き穴を覗いた。

誰もいない…。

Tのことだから、きっと隠れて驚かそうとしているんだ。

「ドン!ドン!ドン!ドン!…」

ノックは続いている。

「はいはい。今開けるから」

Sが鍵を開けようとした時、突然携帯が鳴った。

着信の表示はTからだった。

S「もしもし。今開けるからそんなに叩かないで」

T「開けちゃダメ!」

携帯の向こうで、焦っている様子でTが叫んだ。

T「今あなたのアパートの階段を、変な女が四つん這いで登ってんのよ!」

関連記事

海(フリー写真)

赤旗が出る日

地元は海の前の漁師町(太平洋側)の話。ここ数年は少なくなったが、幼少の頃から海女さんの真似事をしてアワビやサザエを採ったり、釣りをするのが子供の遊びだった。朝に堤防まで…

山(フリー素材)

人喰い寺

ある山中に、周りと異なって木が生えていない、少し開けた場所があります。昔はそこにあるお寺が建っていたそうです。その山は山菜が豊富に自生していて、地元の人は秋の実りの恩恵…

ファミレスのバイト

ファミレスでの俺のシフトは、普段は週3日で17時~22時と日曜の昼間。肝試し帰りの客の一人が、憑いて来た霊らしきものを勝手に店に置いて行った後での出来事。 ※ マネージャー…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

イエンガミ

先日亡くなった友人(暗子)が実は生きていて、暗子を助けようとしていた友人(陽子)が行方不明になった…という出来事がありました。心霊系の話ではないし、かなり長くなります。そして最…

繰り返し見る夢

夢に関する不思議な話を。同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつも…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

犬の呪い

オチのない思い出話。昭和45年、小学5年の頃、ある呪いの方法が少年誌に書いてあった。犬を首輪で繋いで、その口が届かぬところに餌を置き、そのままにしておく。犬は空…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。わたしが転勤した学校での話です。美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。住まいは…

旅館

真夜中の厠

大学の友人と4人で海へ旅行に行った時の話。いつも仲の良かった4人で旅行ということで、ずっと前から楽しみにしていた。実際、行きの車中でもいつも通りの雑談が普段より楽しかっ…