ドアを開けるな

公開日: 心霊体験 | 怖い話

P1100272-a8f11

アパートに一人暮らしの女子大学生Sさん。

大晦日の夜、大掃除も終えて年越しテレビを見ていた。

携帯電話が鳴った。いたずら好きの友人Tからだ。

T「今バイト終わったから、アパートへ遊びに行っていい? 15分ぐらいで着くから」

「ドン!ドン!ドン!ドン!…」

それから15分後、ドアがノックされた。Tが来たと思いドアの覗き穴を覗いた。

誰もいない…。

Tのことだから、きっと隠れて驚かそうとしているんだ。

「ドン!ドン!ドン!ドン!…」

ノックは続いている。

「はいはい。今開けるから」

Sが鍵を開けようとした時、突然携帯が鳴った。

着信の表示はTからだった。

S「もしもし。今開けるからそんなに叩かないで」

T「開けちゃダメ!」

携帯の向こうで、焦っている様子でTが叫んだ。

T「今あなたのアパートの階段を、変な女が四つん這いで登ってんのよ!」

関連記事

日本家屋(フリー写真)

老夫婦の家

中学生の頃、家が火事に遭いました。 全焼で家を失ってしまったのですが、父の商売の関係でどうしても同じ町内で家を見つけなければなりませんでした。 それで新居を見つけるまでの間…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。 趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)です まあ、それは良いと…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。 美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。 住まいは…

田舎の風景(フリー写真)

スルスル

土地の古老という言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。 土地の昔話や、若い皆さんは聞いたことも無いだろう『日露戦争従軍記』というものまで語ってもらったりも…

母を名乗る女の人

小学校に上がる前の、夏の終わりの頃の話。 私は田舎にある母方の祖父母の家で昼寝をしていた。 喉が渇いて目が覚めると、違和感を覚えた。何回も遊びに来ている家だけど、何かが違う…

鬼になった武士

文政十二年(1829年)、6月8日のこと。遠野南部藩からの命令で、この町で山狩りが行われた。 これは館野武石衛門という猟師がリーダーとなり、辺り一帯の村や町に住む武士や町人、農民…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。 担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。 放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。 当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。 小さい図書館だ…

心霊企業

昔付き合ってた彼女の影響で、視界の端っこの方に本来見えてはいけない人たちが見えるようになってしまった。 最初の頃は錯覚と思い込んでいたが、地元の飲み屋に行った時にトイレの前に体育…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…