オエビスサン

朝の海(フリー写真)

私の父方の祖父は今年で齢九十近くになるが、今でも現役の漁師だ。

年に一度、盆に九州の祖父の家に遊びに行った時は、祖父と一緒に沖に出て釣りをするのが今でも恒例になっている。

私が小学5年生の夏休みに、初めて祖父の家に遊びに行った時のこと。

釣りをしようと祖父の舟で、二人だけで朝方の5時に港を出て、とっておきの漁場に向かう。

数十分して漁場に着いたので舟のイカリを降ろし、仕掛けを作って海に竿をおろす。

早起きしたせいかうつらうつらと眠たくなってきた私は、祖父に

「何か面白い話しをしてくれない?」

とお願いした。

祖父は「うーん…」と暫く考えて、ハッと何か気付いた様子。

日焼けで真っ黒な顔を皺くちゃにして、ワハハと笑いながら言った。

「こんな話があるんだ」

祖父がまだ二十歳そこそこで、親父と一緒に漁してた時のこと。

その頃は大正・昭和初期で、漁師達は品粗な小型エンジン船で沖に出て漁をしていた。

ある日、祖父の父が目の病が酷くなり病院に行くことになったため、祖父が一人で漁に出ることになった。

漁場へ着いていつものようにイカリを降ろして準備を始めたところ、船首前方の10メートル程先に何かプカプカ浮かんでるのに気付いた。

よく目を凝らして見ると、それは土左衛門だった。

今の世なら大騒ぎになるけど、あの頃はホトケさんの数が結構多かったため、それ程大騒ぎすることはなかったと言う。

それにこの地域の漁師の間には水死体を『オエビスサン』と言い、豊漁をもたらす神様として祀る信仰があった。

身元が判らないホトケを引き上げた漁師は村の道の辻に埋めて、その上に塚を立てて弔うのだ。

そんなこともあって、祖父はホトケさんを決まり通りに舟の左舷から引き上げる。

見るに耐えない姿で土色でブクブクに膨らんだ体、服もボロボロ。

当然身元など分かる訳がない。ただ、着ている着物や背丈から見て男のようだ。

流石にこのままホトケさんを舟に上げたまま漁を続ける訳にはいかないので、港へ帰ることにした。

よっこいしょとイカリを舟に引き上げようした。

ところがイカリが重たくてなかなか持ち上がらない。

ここら辺りは砂地なので岩に引っ掛かることはない。

不思議に思った祖父は、服を脱いで褌一丁で海に飛びんだ。

イカリを見ると、何か絡みついている。

近くまで潜ってみると、ようやくそれが何か判った。

女の髪がイカリに引っかかっていた。勿論、女はホトケさんである。

着物もボロボロで、長い髪の毛が唯一ホトケさんが女だと判る材料だ。

これは流石に気味が悪かったが、このまま置いて帰るのも申し訳ないと思った祖父は、この海中の女を引き上げて舟に乗せ、そして港へ引き上げた。

港に帰って来ると、仲間の漁師から「大漁だな」とからかわれたりしながら、この顔に見覚えのある奴はいないかと村中を聞いて回った。

結局、このホトケさんたち二人の身元は判らない。

祖父は仕方無く、自分の家族でこの二人をオエビスサンとして道辻に埋めることにした。

着衣を脱がして装束に着替えさせる際、男の着衣から鉄製の薄くて小さな箱があり、中から一枚の紙切れが綺麗な状態で出て来た。

どうやらこの男は心中で海に飛び込んだらしい。

紙には心中相手の女に対する気持ちが書かれていて、『愛してる』とか『生まれ変わっても一緒にいよう』などと、読んでいるこっちが恥ずかしくなったそうだ。

そしてもう一つ気付いたことがある。

男と女の首のうなじの辺りに入れ墨が彫ってあった。

それは両方とも同じ入れ墨で、薔薇の模様だった。

「これはもしかして…」

祖父は家族と相談した結果、二人を一緒の塚に祀ることにした。

その後、豊漁はこれと言って続かなかったけれど、祖父の嫁、つまり私の祖母が子供を身籠もったことで一家は大喜びし、これもエビスサンのお陰だと、暫くは塚にお供えを欠かさなかったそうだ。

何か怖いような目出たいような変な話だというのが、話を聞いた直後の私の感想だった。

祖父は「どうだ、怖かったろう」と、クシャッとした顔を余計に皺くちゃにしながら笑った。

暗くなったので港へ戻った。

家に帰ると仏壇と神棚に、今日も無事に帰ることができましたと祖父と一緒にお祈りする。

その時、ふと気が付いたことがある。

祖父の父と母の遺影の他に、後ろ側に一人のおかっぱ頭の女の子の写真があった。

「この人誰?」と祖父にと聞くと、「娘だよ」と言う。

はて、その時まで父に姉妹が居たなんて聞いたことがない。

私の不思議がっている顔を見た祖父が説明を付け加えてくれた。

「この子は私の娘で、○○(私の名前)のお父さんの双子の妹だよ。

首の裏に二人ともに大きなホクロがあるんだ」

そう言って祖父はまたワハハと笑った。

その後、父親に確認したところ、カナという妹が居たことは間違いないらしい。

病気でまだ十歳も行かない内に病気で亡くなったそうだ。

父に恐る恐る首のホクロについて聞くと、

「ああ、そういやあったな。でも双子だから当たり前だろ」

と言われた。

それはそうだ、双子なら同じ位置にホクロがあるのは不思議ではない。

ただ、私は祖父の話を聞いたためか、どうも気味が悪い。

夜中に懐中電灯を持って、祖父の言っていた塚にやって来た。

そこには大夫風雨に晒された大きな丸い石が置いてあった。

そして電灯で照らしてみると、そこに二人分の名前が彫ってある。

はっきりとは読み取れないが、そこには私の父の『政次』という名と、父の死んだ妹の『カナ』が刻んであった。

結局、怖くて父にも祖父にもこれ以上この話はしていない。

今でも盆に帰ると、私はふらっと何かに誘われるように、この塚に来て手を合わせている。

関連記事

呪いの連鎖(長編)

呪いって本当にあると思うだろうか。俺は心霊現象とかの類は、まったく気に留める人間じゃない。だから、呪いなんか端から信じていない。呪いが存在するなら、俺自身この世にはもう居ないは…

旅館(フリー素材)

仮母女(かもめ)

若干の脚色はありますが、友人の兄の体験を本人目線で書いたものです。 ※ 今日は彼女の洋子と初めての一泊旅行。と言っても、家から電車で二時間ほどの県内北部にある温泉旅館だが…。 …

学校(フリー背景素材)

お守りばばあ

俺が小学生だった頃、地元に有名な変人の婆さんが居た。渾名は『お守りばばあ』。お守りばばあは、俺が通っていた小学校の正門前に、夕方頃になるといつも立っていた。お守りばばあ…

森の小屋(フリー写真)

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。俺自…

ごうち(長編)

ある新興住宅地で起こった出来事です。そこはバブル期初期に計画が出来、既存の鉄道路線に新駅を作り広大な農地を住宅地へと作り変えて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールな…

一つの村が消えた話をする

俺はある山奥の村で生まれ育った。人口は百人程度、村に学校は無かったから、町の小中学校まで通って行っていた。村人の殆どは中年の大人や高齢の方で、一部の高校生や大学生の人達…

教室(フリー素材)

アサン様

小学6年生の頃、アサン様という占いが学校で流行りました。夜、自分以外の家族が寝ているか外出している時に、占いのターゲットとなる複数名の名前が書かれた紙の上で、抜いた髪の毛の先に…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

山(フリー写真)

テンポポ様

俺の地元には奇妙な風習がある。その行事の行われる山は標高こそ200メートル程度と低いが、一本の腐った締め縄のようなものでお山をぐるりと囲んであった。女は勿論、例え男であ…

和室(フリー素材)

ミヤウチ様

うちの家には神様を祭ってあるのだが(別に神社などではない)、そこはちょっとした神棚ではなく八畳の部屋を占領する祭壇なんだ。小振りな米俵を積んだり縄を張ったり、酒瓶が並んでいたり…