リサイクル

公開日: 怖い話

Baby-Wallpapers-22

駅のホームにあるベンチに座り、電車を待っていた時だった。隣に赤ん坊を抱いた女性が座った。

子供が好きなので、ついつい子供のほうに目がいってしまう。赤ん坊を見ようとしている自分に気づき、母親の女性が話しかけてきた。

「これね、実は私のバッグなの」

そう笑いながら赤ん坊が着ている服をめくると、お腹にはジッパーがついていた。言われてみれば、赤ん坊の目玉はガラス玉のようだ。

「すごーい、本物の赤ちゃんかと思いました。よくできていますね」

感心して女性に言った。

「ええ、これ作るのけっこう難しくて時間がかかるんですよ。だけどこの質感はお店では見つからないし、リサイクルが好きだから」

彼女は笑顔でそう答え、バッグを撫でた。こっちが黙ったままでいると電車がちょうど来て、彼女は電車に乗りこんだ。

「リサイクル…?」

自分も電車に乗るはずだったのだが、ベンチに座ったまま去っていく電車を見送ることしかできなかった。

関連記事

公衆電話

公衆電話が呼ぶ

突然だが、僕は電話が苦手だ。それは電話が面倒だとか、メールの方が楽だとかそういうことではない。電話が掛かってくる度にギュウッと心臓が掴まれたようになる。 ※ とある…

磨りガラス(フリー写真)

磨りガラスの人影

友人から聞いた話です。数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴…

ハサミ

ハサミ女

近所に「ハサミ女」と呼ばれる頭のおかしい女がいた。30歳前後で、髪は長くボサボサ、いつも何かを呟きながら笑っている、この手の人間の雛形的な存在。呼び名の通り常に裁ちバサ…

沈まぬ太陽

もう10年も前の話だが、裏の世界のようなものを見た事がある。当時の私は友達のいないぼっち女子中学生で放課後や昼休みは学校の図書館で専ら読書に勤しんでいた。小さい図書館だ…

雨の音

その日は雨が強く降っていた。現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せて一時停車。その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。恐い場所だという先行イメージ…

狂った家族

今からお話しするのは自分の実体験で、何と言うか…まだ終わっていないというか…取り敢えずお話しします。自分は23歳の男で、実家暮らしの介護士です。家族は父(52)、母(44)、弟…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

チャレンジャー号の最期

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かった…

山神様

これは、俺の曽祖父が体験した話です。大正時代の話ですので大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に『正夫』としておきますね。正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩り…