今日でお別れかな

f0145372_3403255

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。

結婚を考えていた女性がいた。

ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシー乗り場まで送った。

「次はいつデートしようか?」

と浮かれて聞く自分に、彼女は

「うーん…もう逢えないかもね…今日でお別れかな」

突然の別れ話に呆然として言葉が出なくなった自分を尻目に、タクシーのドアが閉まり発車。

目の前の交差点で猛スピードを出している車がタクシーの横っ腹に突っ込んだ。

それまで呆然としていたが、衝突音で我に返り、慌ててタクシーまで走ったが、後部席は見るも無残な状態で、一面真っ赤になった車体を見て彼女を助ける事は不可能だと知った。

『今日でお別れかな』

瞬時、その言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡り、彼女はもしかしてこの事を予知していたのか…?と、偶然だと片付けるには不自然な彼女の言葉に全身の毛が逆立つ様な寒さを覚えた。

それ以来、タクシーに乗ろうとする度に彼女の言葉が頭の中を走り、次にいつ自分がその言葉を口にしてしまうのかと思うと怖くてタクシーには乗れなくなった。

「最近は、歩いて行ける距離であれば乗り物は使わずに徒歩で向かうよ」と彼は苦笑いを見せたが、彼のせいで俺もそれから暫くはタクシーが怖かったのは言うまでもない。

伊勢神宮参り(宮大工7)

オオカミ様のお社を修理し終わった後の年末。親方の発案で親方とおかみさん、そして弟子達で年末旅行に行く事になった。行き先は熱田神宮と伊勢神宮。かなり遠い所だが、三…

寝室(フリー背景素材)

ムシリ

私の家系の男は全員『ムシリ』という妖怪が見える。正確には、思春期頃に一度だけ会うものらしい。おじいさんの話だと、夜寝ていると枕元に現れ、家系の男の髪の毛を毟り、食べるの…

メールの送信履歴

当時、息子がまだ1才くらいの頃。のほほんとした平日の昼間、私はテレビを見ながら息子に携帯を触らせていた。私の携帯には家族以外に親友1人と、近所のママ友くらいしか登録して…

青木ヶ原樹海(フリー素材)

青木ヶ原樹海探索記

自分は卒業旅行で富士の樹海に行った大馬鹿者です。わざわざ九州から青春十八切符を使い、普通列車を乗り継いで…。とにかく幽霊を見たいという目的で、友人と二人で二日掛けてのの…

六甲山の牛女

六甲山に出る牛女って知ってる?実際それを見た人に話を聞いたよ。『牛女』にも色々種類あるらしいけどね。走り屋の間の噂では、牛の体に女の顔(般若という話もあり)で、車の後を…

部屋の灯り

北海道の知床の近くにある○○という町に友人と行った時のこと。知床半島の岬を観光するにはその町からバスに乗る必要があったんだけど、田舎なだけにバスが3時間に一本で、面倒臭くなって…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。そ…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

炎(フリー素材)

鳴く人形

俺の実家は小さな寺をやっている。子供の頃から、親父が憑き物祓いや人形供養をしているのを何度も見て来た。その中でも一番怖かったのが赤ちゃんの人形。ミルクなどを飲ませるよう…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…