今日でお別れかな

f0145372_3403255

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。

結婚を考えていた女性がいた。

ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシー乗り場まで送った。

「次はいつデートしようか?」

と浮かれて聞く自分に、彼女は

「うーん…もう逢えないかもね…今日でお別れかな」

突然の別れ話に呆然として言葉が出なくなった自分を尻目に、タクシーのドアが閉まり発車。

目の前の交差点で猛スピードを出している車がタクシーの横っ腹に突っ込んだ。

それまで呆然としていたが、衝突音で我に返り、慌ててタクシーまで走ったが、後部席は見るも無残な状態で、一面真っ赤になった車体を見て彼女を助ける事は不可能だと知った。

『今日でお別れかな』

瞬時、その言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡り、彼女はもしかしてこの事を予知していたのか…?と、偶然だと片付けるには不自然な彼女の言葉に全身の毛が逆立つ様な寒さを覚えた。

それ以来、タクシーに乗ろうとする度に彼女の言葉が頭の中を走り、次にいつ自分がその言葉を口にしてしまうのかと思うと怖くてタクシーには乗れなくなった。

「最近は、歩いて行ける距離であれば乗り物は使わずに徒歩で向かうよ」と彼は苦笑いを見せたが、彼のせいで俺もそれから暫くはタクシーが怖かったのは言うまでもない。

病院(フリー写真)

毬突きをしている女の子

ある病院での話。 病理実習でレポートを提出する役になった実習生のAは、助手から標本室の鍵をもらう時にこんな話を聞かされました。 「地階の廊下で、おかっぱ頭の女の子がマリつき…

縁側

猫が伝えようとした事

俺が人生で一度だけ体験した不思議な話です。 俺の住んでいる所は凄い田舎。数年前にローソンが出来たけど、周りは山に囲まれているし、季節になると山葡萄が採れ、秋には庭で柿が採れるよう…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

父親の不思議な体験

うちの父親の話。幼少の頃から不思議な体験が多いらしい。 ※ 不思議な体験 - 其の一 60歳近いけど昔から魚釣りが趣味で、小さい頃に兄と幅50メートルくらいの川に釣りに出掛け…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。 専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。 発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

ビジネスホテルの窓(フリー写真)

ビジネスホテルでの心霊体験

学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた。 従業員が仮眠を取る深夜0時から朝の5時まで、簡単なフロント業務と見回り。 あと門限過ぎに戻って来る泊り客に、…

古民家(フリー写真)

トシ子ちゃん

春というのは、若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

葬列

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。 夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが…

学校(フリー背景素材)

知っている子

私の友達Aさんが、小学校6年生の時に体験した話である。 休み時間、彼女は友達と一緒にトイレでお喋りをしていた。 すると突然トイレの入口が開けられ、一人の少女が飛びこんで来た…

事故現場

交通事故の現場で、両足がちぎれた男の子に、お母さんが物凄い形相で笑いながら、 「どうせ死にますから!殺しましょ!ね!それが正しいでしょ!ね!殺そ!ね!どうすんの!こんなん助かって…