今日でお別れかな

f0145372_3403255

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。

結婚を考えていた女性がいた。

ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシー乗り場まで送った。

「次はいつデートしようか?」

と浮かれて聞く自分に、彼女は

「うーん…もう逢えないかもね…今日でお別れかな」

突然の別れ話に呆然として言葉が出なくなった自分を尻目に、タクシーのドアが閉まり発車。

目の前の交差点で猛スピードを出している車がタクシーの横っ腹に突っ込んだ。

それまで呆然としていたが、衝突音で我に返り、慌ててタクシーまで走ったが、後部席は見るも無残な状態で、一面真っ赤になった車体を見て彼女を助ける事は不可能だと知った。

『今日でお別れかな』

瞬時、その言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡り、彼女はもしかしてこの事を予知していたのか…?と、偶然だと片付けるには不自然な彼女の言葉に全身の毛が逆立つ様な寒さを覚えた。

それ以来、タクシーに乗ろうとする度に彼女の言葉が頭の中を走り、次にいつ自分がその言葉を口にしてしまうのかと思うと怖くてタクシーには乗れなくなった。

「最近は、歩いて行ける距離であれば乗り物は使わずに徒歩で向かうよ」と彼は苦笑いを見せたが、彼のせいで俺もそれから暫くはタクシーが怖かったのは言うまでもない。

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

目の不自由な女性

就職して田舎から出てきて、一人暮らしを始めたばかりの頃。会社の新人歓迎会で、深夜2時過ぎに帰宅中の時の話。 その当時住んでいたマンションは住宅地の中にあり、深夜だとかなり暗く、ま…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。 血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…

紅葉狩り

俺が大学時代の20年以上前の話。 友達がワンボックスの車を買って貰ったとかで、仲の良い女の子達も誘って紅葉狩りに行ったんだ。 山奥で湖があって山道を歩くような所なんだけど、…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。 入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。 壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

夜のビル群(フリー写真)

モニターに映る影

俺が警備員をやっていたのは、テナントが幾つか入っているビルだった。 常駐警備員というのは、途中に待機時間があるくらいで、基本的に交代制の24時間勤務なんだよ。 故に深夜ビル…

カーテン(フリー素材)

宗教施設での心霊体験

これはとある宗教施設に3ヶ月ほど滞在していた時の話です。 その施設は鉄筋の4階建てになっていて、過去に男性が飛び降り自殺をしたという物件でした。 宿泊施設なので管理人と世話…

異国の像

中学校2年の時の話。俺の家は漁師ではなかったが海辺に住んでいた。 というか前の浜から背後の山まで狭くて細長い土地の町だったので、殆どの人が海辺に住んでいると言えるのだけど。 …

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。 小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。 何をするわ…

百物語の終わりに

昨日、あるお寺で怪談好きの友人や同僚と、お坊さんを囲んで百物語をやってきました。 百物語というと蝋燭が思いつきますが、少し変わった手法のものもあるようで、その日行ったのは肝試しの…