占い師

Abstract-Art-Teresa-Young-950x718

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。

声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああああ!!』って叫んだ。

びっくりしたけど、正直むかついた。

すると姉夫婦がおもしろがって「占ってもらってみなよー(笑)」って。

お酒も入っていたし、何しろ他人に悪魔とか言うなんて!と腹も立っていて、悪魔とか叫んで興味を引いて客とってるのかもねーって言いながら『この似非占い師が!ちょっとお灸据えてやるか』的なノリで占ってもらった。

手相と人相占いだった。

料金を払って両手を見せたら、ものすごい勢いで占い師が話し出した。

その占い師の言ってた内容なんだけど、

・父方祖母が自殺している。

・父の妹(私の叔母)が生まれて間もなく祖母と一緒に死んでいる。

・死因は毒か何かを飲んでの中毒死。

・貴方のご先祖に馬に乗った兵隊さんがいる、その人が貴方(私)の後ろにいる。

・ご先祖の中に外国の人がいるはず、そのご先祖との縁は貴方(私)の身体に現れる。

・貴方(私)は結婚しちゃいけない。結婚したら不幸になる、相手に命も財産も奪われることになるかもしれない。それを防ぐには日々ご先祖様に感謝しなくてはならない。

・結婚してても、してなくても50歳まで生きられない。だから毎日を大事にしろ。

・悪魔に魅入られ易いから気をつけろ。

私と姉は顔面蒼白。

「あ、そうですか。もういいです」と言って逃げるように帰宅した。

私の祖母は親子心中をした。

生まれたばかりの叔母と父に毛染めを飲ませ、父は生き残ったけど、祖母と生後一ヶ月の叔母は亡くなっている。

そして、私の曽祖父は日露戦争で馬に乗ってた。愛馬もろともその戦争で戦死しています。

私と姉、両親しか知らないはずの身内の死に様。

こうも言い当てられると本当に怖かった。というか、今も怖い。

近年、私に遺伝病が発覚。その病気は日本人には稀で、外国の民族病みたいな病気。←ご先祖の中の外国人、身体に現れる。

更に私は離婚歴ありになってしまっている。

離婚するくらいだから確かに不幸な結婚だった。←結婚したら不幸云々、命、財産云々。

やっぱり当たってしまってると思う。

今ほんのり怖いのが、50歳まで生きられないって言われたこと。

あれっきり、あの占い師に会えていない。会えたならもう一度見てもらいたい。

アパートのドア(フリー写真)

異界の部屋

当時はアパートに住んでいて、その頃に体験した不思議な話。 母ちゃんに頼まれ、回覧板を他の部屋に渡しに行った。 さっさとドアのポストに回覧板を入れ、自分の部屋に帰って行った…

笑い袋

もう20年以上前の話です。 当時小学低学年だった私には、よく遊びに行く所がありました。 そこは大学生のお兄さんが住む近所のボロアパートの一室です。 お兄さんは沢山の漫…

ドアノブ

ドアノブという単語を見て嫌な体験を思い出した。 少し迷ったが書いてみようと思う。拙い文章だけど興味のある人は読んで欲しい。 以前、とある地方のアパートに住んでいた。霊感とか…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …

山の神様

俺が体験した不思議な話。 母方の実家は山奥の大きな家なんだが、今その家には祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。 うちからは少し遠いこともあって、なかな…

高田馬場のアパート

7年前の話。 大学入学で上京し、高田馬場近辺にアパートを借りて住んでいた。 アパートは築20年くらいで古かったけど、6畳の和室と、襖を挟んで4.5畳くらいのキッチンがあると…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。 実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

皺のある手(フリー写真)

青いみかん

小学2年生まで自分は感情の起伏の無い子供だったらしく、両親がとても心配し、よく児童相談所や精神科のような所へ連れて行っていた。 その時も面倒臭いとも楽しいとも思った事は一切無く、…

死後の世界への扉

これは母から聞いた話です。 私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなった時のことです。 曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。 普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。 俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。 その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…