占い師

Abstract-Art-Teresa-Young-950x718

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。

声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああああ!!』って叫んだ。

びっくりしたけど、正直むかついた。

すると姉夫婦がおもしろがって「占ってもらってみなよー(笑)」って。

お酒も入っていたし、何しろ他人に悪魔とか言うなんて!と腹も立っていて、悪魔とか叫んで興味を引いて客とってるのかもねーって言いながら『この似非占い師が!ちょっとお灸据えてやるか』的なノリで占ってもらった。

手相と人相占いだった。

料金を払って両手を見せたら、ものすごい勢いで占い師が話し出した。

その占い師の言ってた内容なんだけど、

・父方祖母が自殺している。

・父の妹(私の叔母)が生まれて間もなく祖母と一緒に死んでいる。

・死因は毒か何かを飲んでの中毒死。

・貴方のご先祖に馬に乗った兵隊さんがいる、その人が貴方(私)の後ろにいる。

・ご先祖の中に外国の人がいるはず、そのご先祖との縁は貴方(私)の身体に現れる。

・貴方(私)は結婚しちゃいけない。結婚したら不幸になる、相手に命も財産も奪われることになるかもしれない。それを防ぐには日々ご先祖様に感謝しなくてはならない。

・結婚してても、してなくても50歳まで生きられない。だから毎日を大事にしろ。

・悪魔に魅入られ易いから気をつけろ。

私と姉は顔面蒼白。

「あ、そうですか。もういいです」と言って逃げるように帰宅した。

私の祖母は親子心中をした。

生まれたばかりの叔母と父に毛染めを飲ませ、父は生き残ったけど、祖母と生後一ヶ月の叔母は亡くなっている。

そして、私の曽祖父は日露戦争で馬に乗ってた。愛馬もろともその戦争で戦死しています。

私と姉、両親しか知らないはずの身内の死に様。

こうも言い当てられると本当に怖かった。というか、今も怖い。

近年、私に遺伝病が発覚。その病気は日本人には稀で、外国の民族病みたいな病気。←ご先祖の中の外国人、身体に現れる。

更に私は離婚歴ありになってしまっている。

離婚するくらいだから確かに不幸な結婚だった。←結婚したら不幸云々、命、財産云々。

やっぱり当たってしまってると思う。

今ほんのり怖いのが、50歳まで生きられないって言われたこと。

あれっきり、あの占い師に会えていない。会えたならもう一度見てもらいたい。

関連記事

ウサギ

ウサギの墓

小学校の頃、自分は飼育委員をしていた。学校には鶏とウサギと亀がいて、それらの餌やりや小屋の掃除、死体の始末をするのが仕事だった。繁殖期になるとウサギは沢山子供を産み、九…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。山奥なので土地だ…

エスカレーター

私がビル警備員のバイトをしていた時の話です。場所は都内のSデパートですが、当時でも既に一般的な設備は乏しく防火シャッターの開閉は勿論、エスカレーターやエレベーターの設定変更等も…

黒い物体

黒い物体

半年程前、海外旅行の帰りの飛行機で体験した話。機内が消灯された後も、俺は時差があるので起きていようと思い、座席に備え付けのディスプレイで映画を観ていた。 ※ 3時間くらい経…

思い出のビデオ

先月、父親からビデオが送られてきたんだ。それは、昔、父が僕の姿をビデオカメラで撮影していたもので、1時間30分くらいに編集されていた。誕生日会やホッケーの試合、クリスマ…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

生贄様

数十年前、曾爺さんから聞いた大正末期の頃の話。私の故郷の村には生贄様という風習があった。生贄様というのは神様に捧げられる神様の事で、家畜の中から選ばれる。月曜日…

文房具(フリー写真)

クラス替えアンケート

子供の頃に奇妙な体験をした方は多いと思う。俺にもずっと気になっていることがある。毎年3月が近くなると『クラス替えアンケート』のことを思い出すのだけど、俺以外にもこれと似たような…

禁忌の人喰い儀式

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人喰いの風習があったという土地だ。とは言っても、生贄だとか飢饉で仕方なくとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。鳥葬ならぬ…

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…