神社のお姉さん

20090919222210

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。

友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会ったんだって。場所は神社。

地元の行事で四年生の女の子たちが舞を奉納する風習がある地域らしく、その日は本番で、友達はウキウキしてかなり早めに神社に来たんだって。

正月におみくじとかを売る建物で神主や大人たちが準備をしていたけど、子供が準備中のところにいても邪魔だから境内の遊具で暇つぶしして待っていると、いつの間にかブランコに綺麗なお姉さんが座ってた。

あまり憶えてないけど、ちょっと変わった着物姿だったらしい。

友達とお姉さんは初対面のはずなのに何故か昔から知っているような親近感があって、

「すぐ大人の体になる。おめでとう。でも、そうしたら守ってあげにくくなるから気をつけてね」

と、こんな感じのことを言われたのだそう。

他の同級生が来て、声をかけられた友達はお姉さんに挨拶して去ろうとしたけど、お姉さんは影も形もなく、同級生もお姉さんなんかいなかったと言う。

友達はそれから数日後に初潮がきて、大人の体ってこのことかあ、と思いましたとさ。

関連記事

第二次世界大戦(フリー素材)

再生

祖父が戦争中に中国で経験した話。日本の敗色が濃くなってきた頃、祖父の入っていた中隊は中国の山間の道を南下していた。ある村で一泊する事になり、祖父達下士官は馬小屋で寝る事…

インフルエンザウィルス(フリー素材)

高熱とアリス症候群

去年の年末、俺がインフルエンザで倒れていた時の話。42度という人生最高の体温で、意識もあるのか無いのか分からない状態で俺は寝ていたのだが、尿意に襲われてふらふらと立ち上がった。…

でちゃいかん!

小学校の低学年の時、風邪ひいて学校を休んでいた時のこと。インターホンが鳴ったので出ると「警察の者です。お父さんが交通事故にあって助からないかもしれない。すぐに病院に来て欲しいので、出て…

不敬な釣り人の顛末(宮大工11)

とある休日、久しぶりにオオカミ様の社へと参りに出かけた。途中、酒を買い求めて車を走らせる。渓流釣りの解禁直後とあって、道には地元・県外ナンバーの四駆が沢山停まっている。…

アクァッホ(長編)

多分信じてもらえることはないだろうから、そういう創作物として見てくれれば幸い。まず交流に使った方法はチャネリング(日本でいうところの口寄せの術)。たまたま適当にネット漁…

降りなくていいんですか?

東京の地下鉄乗ったんだよ。何線かは言わないけど、まぁいつ乗ってもそれなりに人乗ってるよな。で、東京の地下鉄ってのは2~3分走れば止まるじゃん?駅の距離短いし…。快速とか…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

神社の生活

これは5年程前から始まる話です。当時、私は浮浪者でした。東京の中央公園で縄張り争いに敗れて、危うく殺されかけ追放された後、各地を転々とし、最後に近畿地方のとある山中の神社の廃墟…

田舎の風景(フリー写真)

掌を当てる儀式

この間、ずっと忘れていた事を思い出しました。前後関係は全く判らないのですけど、子供の頃に住んでいた小さな町での記憶です。他の五人くらいの子供と、どこかの家の壁にぎゅーっ…

薔薇の咲く庭(フリー写真)

母が伝えたかったこと

母が二月に亡くなったんだよね。でもなかなか俺の夢には出て来てくれないんだ。こんなに逢いたいのに…。 ※ 母が病気になってさ、本当は近くに居てやらないといけないのに、自分で希…