神社のお姉さん

20090919222210

友達から聞いた話なので詳しくは判らないのだけど、嘘や見栄とは縁のない子が言っていたことなので、きっと実話。

友達は霊感持ちではないが、小学生の頃に霊か神仏としか思えないものに会ったんだって。場所は神社。

地元の行事で四年生の女の子たちが舞を奉納する風習がある地域らしく、その日は本番で、友達はウキウキしてかなり早めに神社に来たんだって。

正月におみくじとかを売る建物で神主や大人たちが準備をしていたけど、子供が準備中のところにいても邪魔だから境内の遊具で暇つぶしして待っていると、いつの間にかブランコに綺麗なお姉さんが座ってた。

あまり憶えてないけど、ちょっと変わった着物姿だったらしい。

友達とお姉さんは初対面のはずなのに何故か昔から知っているような親近感があって、

「すぐ大人の体になる。おめでとう。でも、そうしたら守ってあげにくくなるから気をつけてね」

と、こんな感じのことを言われたのだそう。

他の同級生が来て、声をかけられた友達はお姉さんに挨拶して去ろうとしたけど、お姉さんは影も形もなく、同級生もお姉さんなんかいなかったと言う。

友達はそれから数日後に初潮がきて、大人の体ってこのことかあ、と思いましたとさ。

関連記事

ひよこ(フリー写真)

変り種の相棒

12年前、近所の社の祭でヒヨコを釣ったんだわ。体が歪んでいて、少し変わった形をしていた。それでも懸命に俺の後を付いて来る姿がいじらしくて、散々甘やかし、可愛がって育てた。 …

集落(フリー写真)

カガ(蛇)さま

医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任した時の話。当時6歳だった俺は、祖父と祖母の家に預けられる形で、一緒にその村で暮らすことになった。喘息持ちの俺の転地療法も兼ね…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

バー(フリー写真)

見えない常連さん

俺が昔、まだ神戸で雇われのバーテンダーだった頃の話。その店は10階建てのビルの地下にあった。地下にはうちの店しかないのだけど、階段の途中にセンサーが付いていて、人が階段…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

オオカミ様の涙(宮大工6)

ある年の秋。季節外れの台風により大きな被害が出た。古くなった寺社は損害も多く、俺たちはてんてこ舞いで仕事に追われた。その日も、疲れ果てた俺は家に入ると風呂にも入…

未来都市(フリー素材)

未来からのテレビ放送

15年程前、小学生低学年の時に不思議な体験をした。当時は17時頃から始まるアニメ番組を毎日楽しみにしていた。オープニングが始まってCMも終わり、さあ始まるぞという時に、…

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

材木(フリー写真)

合いの手

俺の親父が若い時分に、山から材木を切り出す仕事をしていた頃の話。飯場と呼ばれる山の中の宿舎で、他の作業員と寝起きを共にする仕事だったそうだ。その中に民謡のとても上手い…