社長の話

公開日: ほんのり怖い話

社長室(フリー写真)

以前勤めていた会社での事。

その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。

しかし所詮は個人企業。

社長も元々商売の才覚があった人ではなく、好景気に踊らされて失敗をやらかした。

株投資の失敗、多角化し過ぎた事業の赤字、過剰過ぎた設備投資…。

その結果、莫大な借金を苦に、社長は自殺してしまいました。

社長の死後、私も含めて全社員が必死になって会社を立て直した。

そんな事になってしまっても、社長は人徳があった人。皆が社長の会社を潰すものかと本当に頑張った。

後年、バックアップを申し出てくれた会社もあり、その会社の子会社という形でどうにか会社は生き延びる事ができた。

けれど、やはり社長は未練があったようで。『社長室』には妙な噂が絶えなかった。

普通の部屋の筈なのにいつも薄暗く、ひんやりしていて、中に居ると視線を感じる。

社長が生きていた頃にはそんな事は無かったのに。

親会社から出向して来た幹部が社長としてその部屋に入るも、僅か一ヶ月で社長室を別個に用意したなんてこともあった(何があったかは絶対に教えてくれませんでした)。

そして社内では『人影を見た』とか、ありがちと言えばありがちな現象のオンパレード。

数回、除霊まで行いましたが、効果はありませんでした。

それから更に数年後、私は出産を機に退社する事に。

周りを見渡すと、いつのまにか『頑張った社員』達はもう私しか居なくなっていました。

つまり、社長を知る最後の社員。

退社するその日、私は薄暗い廃墟のようになった社長室へ行き、

「今までお世話になりました。社長もできればお休みください」

と目を瞑り、合掌。

そしてふと目を開けると…点けていなかったはずの部屋の電気が点いており、目の前の社長のデスクには生前の社長のシルエットのようなもやが…。

声も出ないままそのもやを凝視していると、もやはお辞儀をするように変形し、散って行き、電気も消えました。

それからもう涙が止まらず、その後の私の送別会でもずっと泣いていました。

先日、用事があって久々に会社を訪ねてみました。

やはりと言うか、こっそり覗いた社長室は以前の暗い雰囲気はなく、明るい、いかにも『仕事のできる幹部の部屋』に見えました。

「もう何も起きない?」と元同僚に聞いたところ、

「時々親会社の人が、軽くおどかされるくらいです」との返事。

親会社の人には悪いのですが、ちょっと笑ってしまいました。

社長、遊んでないで早く完全に成仏してもらいたいものです…。

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。 その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。 小学生にな…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…

白猫(フリー写真)

先導する猫

小学生の頃、親戚の家に遊びに行ったら痩せてガリガリの子猫が庭にいた。 両親にせがんで家に連れて帰り、思い切り可愛がった。 猫は太って元気になり、小学生の私を途中まで迎えに来…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。 テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。 バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。 学…

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。 2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。 父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。 1年生のころからずっといじめ続…

口(フリー素材)

両親の不可解な行動

自分の錯覚と言われてしまえばそれまでなのだけれど…。 当方大学一年。両親と一緒に暮らしている。最近引っ越すまで 2LDKのアパートに住んでいた。 「私の部屋」「キッチンを挟…

冬景色(フリー写真)

おあしという神様

『おあし』という神様の話。 父が若い頃、家に親戚のお嬢さんを預かっていたらしい。 お嬢さんはまだ高校生で、家庭の事情で暫く父の家から学校に通っていた。 父の実家は当時…

抽象模様(フリー素材)

魑魅魍魎

今から2年くらい前の夏。 会社が夏休みで、連日ベッドの上でマンガを読みながらゴロゴロ昼寝をする毎日でした。 その日もいつものようにマンガを読んでいる内に眠ってしまった。 …