社長の話

公開日: ほんのり怖い話

社長室(フリー写真)

以前勤めていた会社での事。

その会社は創業社長が一代で大きくした会社で、バブルの頃はかなり羽振りも良かった。

しかし所詮は個人企業。

社長も元々商売の才覚があった人ではなく、好景気に踊らされて失敗をやらかした。

株投資の失敗、多角化し過ぎた事業の赤字、過剰過ぎた設備投資…。

その結果、莫大な借金を苦に、社長は自殺してしまいました。

社長の死後、私も含めて全社員が必死になって会社を立て直した。

そんな事になってしまっても、社長は人徳があった人。皆が社長の会社を潰すものかと本当に頑張った。

後年、バックアップを申し出てくれた会社もあり、その会社の子会社という形でどうにか会社は生き延びる事ができた。

けれど、やはり社長は未練があったようで。『社長室』には妙な噂が絶えなかった。

普通の部屋の筈なのにいつも薄暗く、ひんやりしていて、中に居ると視線を感じる。

社長が生きていた頃にはそんな事は無かったのに。

親会社から出向して来た幹部が社長としてその部屋に入るも、僅か一ヶ月で社長室を別個に用意したなんてこともあった(何があったかは絶対に教えてくれませんでした)。

そして社内では『人影を見た』とか、ありがちと言えばありがちな現象のオンパレード。

数回、除霊まで行いましたが、効果はありませんでした。

それから更に数年後、私は出産を機に退社する事に。

周りを見渡すと、いつのまにか『頑張った社員』達はもう私しか居なくなっていました。

つまり、社長を知る最後の社員。

退社するその日、私は薄暗い廃墟のようになった社長室へ行き、

「今までお世話になりました。社長もできればお休みください」

と目を瞑り、合掌。

そしてふと目を開けると…点けていなかったはずの部屋の電気が点いており、目の前の社長のデスクには生前の社長のシルエットのようなもやが…。

声も出ないままそのもやを凝視していると、もやはお辞儀をするように変形し、散って行き、電気も消えました。

それからもう涙が止まらず、その後の私の送別会でもずっと泣いていました。

先日、用事があって久々に会社を訪ねてみました。

やはりと言うか、こっそり覗いた社長室は以前の暗い雰囲気はなく、明るい、いかにも『仕事のできる幹部の部屋』に見えました。

「もう何も起きない?」と元同僚に聞いたところ、

「時々親会社の人が、軽くおどかされるくらいです」との返事。

親会社の人には悪いのですが、ちょっと笑ってしまいました。

社長、遊んでないで早く完全に成仏してもらいたいものです…。

犬(フリー素材)

犬の気持ち

俺が生まれる前に親父が体験した話。 親父がまだ若かった頃、家では犬を飼っていた。 散歩は親父の仕事で、毎日決まった時間に決まったルートを通っていたそうだ。 犬は決まっ…

桜の木の神様

今は暑いからご無沙汰しているけど、土日になるとよく近所の公園に行く。 住宅地のど真ん中にある、鉄棒とブランコと砂場しかない小さな公園。 子供が遊んでいることは滅多にない。と…

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。 同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

少年と祖母

今年33歳になるが、もう30年近く前の俺が幼稚園に通っていた頃の話です。 昔はお寺さんが幼稚園を経営しているケースが多くて、俺が通ってた所もそうだった。今にして思うと園の横は納骨…

肝っ玉おかん

以前付き合っていた彼女に聞いた話。 小学校4年生くらいの頃、夜中に枕元に気配を感じて目を覚ますと、白装束に狐の面を被った何者かが立ってこちらを見ていたそうです。 何をするわ…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

お婆さんの腕(フリー写真)

幽霊が見える祖母の話

俺の婆ちゃんの話。 婆ちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに、 「お婆ちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」 と言っていた。 実際に俺が霊体験を…

天使(フリー素材)

お告げ

私は全く覚えていないのだが、時々お告げじみた事をするらしい。 最初は学生の頃。 提出するレポートが完成間近の時にワープロがクラッシュ。 残り三日程でもう一度書き上げな…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。 ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…

蛍(フリー写真)

お面

大学生時代のバイト先だったバーのお客さんの話です。 Kさんはその店に割とよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。僕と同じ茨城出身の人でした。 ちょうど今頃の季節で『蛍…