プレゼント

公開日: ほんのり怖い話

bookp

中学生だった頃、いじめが原因で同級生が自殺した。

親の引っ越しか何かで転校してきた子で、性格もあまり明るい子じゃなかったから、すぐにいじめの対象になった。

そして、私も暗い子で友達なんかいないに等しかった。唯一の違いは、勉強だけはできたのでいじめの対象にならなかった点くらい。

そんな本の虫で図書委員も務めていた私と、遊び相手がいなくて図書室に来る彼女とは、それなりに会話するようになった。

自殺する前日も会話したけどよく覚えてる。

翌日、先生から彼女が昨晩首吊りしたという話を聞き、私だけ即警察のご厄介に。

「何で?」と思ったら、遺書に私の名前が書いてあったかららしい。

内心『いじめた奴の名前書けよ!』と憤慨したが、どうやらいじめの犯人として呼ばれたのではなく、親御さんにも「娘と仲良くしてくださってありがとうございました」と頭を下げられた。

親御さんの許しも得て遺書を読ませてもらったら、長々と自殺の理由を説明した後

『私の幸運と残りの寿命は、ただ一人親しくしてくれた(私)ちゃんにプレゼントします!』

そんなことが書いてあった。

以降、何かとツいている毎日。

と言っても「宝くじの一等賞が当たった」とか、その手の幸運は来ないんだけど、本当にちょっとした幸運だよね。

そして最近、子どもが産まれた。

出産で疲れ果て、ウトウトと眠り始めた頃

「(私)ちゃん! 返してもらうね」とあの子の声がした。

部屋には赤ん坊と私しかいなかった。

…子どもがときどき私の方をじっと見てくるような気がして、落ち着かない。

関連記事

京都のお寺(フリー写真)

ミルクキャラメル

小学1年生の頃、よく自分の家のお墓があるお寺で一人遊んでいた。池の鯉を見たり、お寺に飼われていた猫のミケと遊ぶのが楽しかった。じいちゃんのお墓参りをして、周りに生えて…

訪ねて来た友人

俺が幼少時に体験した話を一つ。多分、俺が10歳くらいの時だと思う。家族5人で飯を食っているときに電話がかかってきた。最初母さんが出たんだけど、すぐに父さんに電話…

峠(フリー写真)

夢の女と峠の女

俺は幽霊は見たことがないのだけど、夢とそれに関する不可思議な話。中学3年生くらいの頃から、変な夢を見るようになった。それは、ショートヘアで白いワンピースを着た二十代くら…

葛籠(つづら)

俺は幼稚園児だった頃、かなりボーッとした子供だったんで、母親は俺をアパートの留守番に置いて、買い物に行ったり小さな仕事を取りに行ったりと出かけていた。ある日、いつものように一人…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」という会話をしていた時だった。その叔母さんが、お客さ…

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…

新聞(フリー素材)

リアル恐怖新聞

私は46歳の鎌倉富士夫似の男性です。菓子工場で副工場長をしております。趣味はドライブです。好きなタイプは長谷川京子ですが、妻は天地真理似(現在の)ですまあ、それは良いと…

モデルカー(フリー写真)

形見分け

俺はとある物のコレクターなのだが、コレクター友達であるAがある時突然、余命宣告を受けるような大病に罹ってしまった。もう手の施しようがないレベルで、元気に動いているのが不思議な状…

猫の親子(フリー写真)

魔法の絆創膏

俺がまだ幼稚園生だった頃の話。転んで引っ掻き傷を作って泣いていたら、同じクラスのミヤちゃんという女の子に絆創膏を貰ったんだ。金属の箱に入ったもので、5枚くらいあった。 …

恐怖のスイカ蹴り

俺の爺ちゃんの終戦直後の体験談。終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる。当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯…