オッサン管理人

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

寮

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。

10年くらい前の話。

当時、友人は会社の社員寮や学生寮の管理を請け負う会社に就職していました。

寮によっては、開かずの部屋があったり、共同風呂には絶対に鏡を付けてはいけないと申し送りをされた寮があったりと、友人的にはなかなか興味深い話が色々耳に入ってきたみたいです。

ある日、管理している寮の一つで寮生が自殺するという事件がありました。首吊りだそうです。

数日後の朝、友人がいつものように会社に出社すると、隣の課が何やら騒いでいました。

隣にある寮の管理人とのホットライン電話の留守電に、自殺があった寮の住み込み管理人からメッセージが入っていたのですが、第一声が

「お祓いを呼んでくれえ!!」

でした。後は支離滅裂で、隣の課はざわざわしていたらしいのです。

後日、友人がその寮の担当社員から話を聞いたところによると、夜中に寮生が「廊下で変な音がする」と管理人室に電話してきました。

コールがあったのは自殺があった階で、管理人はビビりながらも向かいましたが、廊下は静かで誰も居ません。

『まさか自殺のあった部屋に忍び込むようなアホが出たか?』と疑った管理人は、思い切って例の部屋を開けてみました。

鍵を開けてドアを開くとすぐ部屋なのですが、真っ暗な室内に、両手の手首から上だけが浮いているのが見えたそうです。

管理人は死ぬ程ビビったらしいのですが、寮生の悪戯かどうか懐中電灯を向けて確認しようとしたら、手首はふっと消えたと。

でも、まだ管理人は悪戯の線を捨てていなかったので、震えまくりながら電気を点けて室内を確認したそうですが、室内は無人で、特に誰かが入り込んだ形跡もありませんでした。

そこでとうとう管理人はパニックを起こし、夜中に管理会社に電話して留守電にメッセージを吹き込んだのです。

友人も例の留守電を聞いたそうなのですが、50歳を超えたいい年のオッサンがしゃくり上げながら金切り声で叫ぶ様子は、音声だけでも凄いインパクトだったそうです。

ちなみに管理人が見たという手は、甲をこちらに向けて固く何かを握りしめる形をしていたらしいです。

管理人は「あれは首吊り縄を掴んでたんだ」と力説していたそうですが、友人に話をしてくれた担当社員は「おじさんがあごの下で手握ってぶりっ子ポーズにしてもな~」みたいな感想だったらしいです。

オッサン管理人の心の平安のためにも、お祓いはちゃんとしたそうです。

戦時中の軍隊(フリー写真)

川岸の戦友

怖いというか、怖い思いをして来た爺ちゃんの、あまり怖くない話。 俺の死んだ爺ちゃんが、戦争中に体験した話だ。 爺ちゃんは南の方で米英軍と戦っていたそうだが、運悪く敵さんが多…

高校の頃の同級生、Aちゃんにまつわるほんのり話。 自分で言うのもなんだが、母校は地元でも有名な進学校。 女性担任が成績の良い生徒には優しく、悪い生徒には冷たい典型的な学歴コ…

プラットフォーム

プラットフォームの向こう

小学校低学年の時だから、かなり昔の事になります。 私はその日、母に手を引かれ、遠縁の親戚を訪ねるため駅に来ていました。 まだ見慣れない色とりどりの電車に、私は目を奪われてい…

落ちていた位牌

寺の住職から聞いた話。 近隣の村ですが、その村には立派な空家が一つあり、改装の必要なく住めるほど状態が良いものでした。 近頃は都会の人が田舎暮らしを希望するIターンがはやり…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。 お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。 そこは店からだいたい車…

幽霊ホテル

今から20年近く前の話です。 高校を中退した私は、アルバイト三昧の生活を送っていました。 学力至上主義の進学校に通っていたので、それまでの友人達との縁は完全に切れ、バイト先…

襖をひっかく音

僕の親友の小学校時分の話。 今から二十年も前のある日。両親が共働きだった彼は、学校から帰ると一人、居間でテレビを見ていた。 しばらくすると玄関の引き戸が開く音がするので、母…

小さな手

学校に付き物の怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 わたしが転勤した学校での話です。 美術を教えているわたしは、作家活動として自ら油絵も描いていました。 住まいは…

ビーチ(フリー写真)

楽しそうな笑み

奄美のとある海岸でビデオ撮影をした時の話。 俺の家族は、全員が思い出に残るようにと、ビデオカメラをスタンドに固定して撮るんだよ。 その日もそうしたまま、兄弟で海に入り遊んで…

古民家(フリー写真)

三階のトシ子ちゃん

春というのは若い人達にとっては希望に満ちた、新しい生命の息吹を感じる季節だろう。 しかし私くらいの年になると、何かざわざわと落ち着かない、それでいて妙に静かな眠りを誘う季節であ…