オッサン管理人

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

寮

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。

10年くらい前の話。

当時、友人は会社の社員寮や学生寮の管理を請け負う会社に就職していました。

寮によっては、開かずの部屋があったり、共同風呂には絶対に鏡を付けてはいけないと申し送りをされた寮があったりと、友人的にはなかなか興味深い話が色々耳に入ってきたみたいです。

ある日、管理している寮の一つで寮生が自殺するという事件がありました。首吊りだそうです。

数日後の朝、友人がいつものように会社に出社すると、隣の課が何やら騒いでいました。

隣にある寮の管理人とのホットライン電話の留守電に、自殺があった寮の住み込み管理人からメッセージが入っていたのですが、第一声が

「お祓いを呼んでくれえ!!」

でした。後は支離滅裂で、隣の課はざわざわしていたらしいのです。

後日、友人がその寮の担当社員から話を聞いたところによると、夜中に寮生が「廊下で変な音がする」と管理人室に電話してきました。

コールがあったのは自殺があった階で、管理人はビビりながらも向かいましたが、廊下は静かで誰も居ません。

『まさか自殺のあった部屋に忍び込むようなアホが出たか?』と疑った管理人は、思い切って例の部屋を開けてみました。

鍵を開けてドアを開くとすぐ部屋なのですが、真っ暗な室内に、両手の手首から上だけが浮いているのが見えたそうです。

管理人は死ぬ程ビビったらしいのですが、寮生の悪戯かどうか懐中電灯を向けて確認しようとしたら、手首はふっと消えたと。

でも、まだ管理人は悪戯の線を捨てていなかったので、震えまくりながら電気を点けて室内を確認したそうですが、室内は無人で、特に誰かが入り込んだ形跡もありませんでした。

そこでとうとう管理人はパニックを起こし、夜中に管理会社に電話して留守電にメッセージを吹き込んだのです。

友人も例の留守電を聞いたそうなのですが、50歳を超えたいい年のオッサンがしゃくり上げながら金切り声で叫ぶ様子は、音声だけでも凄いインパクトだったそうです。

ちなみに管理人が見たという手は、甲をこちらに向けて固く何かを握りしめる形をしていたらしいです。

管理人は「あれは首吊り縄を掴んでたんだ」と力説していたそうですが、友人に話をしてくれた担当社員は「おじさんがあごの下で手握ってぶりっ子ポーズにしてもな~」みたいな感想だったらしいです。

オッサン管理人の心の平安のためにも、お祓いはちゃんとしたそうです。

関連記事

隙間見た?

子供の頃に姉が、「縁側のとこの廊下、壁に行き当たるでしょ。あそこ、昔は部屋があったんだよ。人に貸してたんだけど、その人が自殺したから埋めたの。今はもう剥げてきて…

狐(フリー画像)

狐の加護を受ける家系

自分の家には、呪いと言うよりは加護みたいなものがあるらしい。その内容は、何故か取引相手や仕事仲間が事故に遭わなくなったり、病気が治ったり出世したり、良縁に恵まれたりするというも…

オオカミ様のお堂(宮大工1)

俺が宮大工見習いをしてた時の話。大分仕事を覚えてきた時、普段は誰も居ない山奥の古神社の修繕をする仕事が入った。だが親方や兄弟子は同時期に入ってきた地元の大神社の修繕で手…

心霊動画保管庫

俺は現在、某携帯キャリアの携帯を使っているんだが、どうにも訳の分からないことが起きすぎる。事の初めは、俺が携帯でサイトを見ていた時だった。まず、俺の知り合いで携帯の不思…

林(フリー写真)

墓地に居た女性

霊感ゼロのはずの嫁が、5歳の頃に体験した話。嫁の実家の墓はえらい沢山ある上に、あまり区画整理がされておらず、古い墓が寺の本堂側や林の中などにもある。今は多少綺麗に並んで…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…

宇宙(フリー画像)

宇宙人の魂

俺が小学4年生くらいの頃に体験した不思議な話。夏休みに家族4人(父、母、俺、妹)で、富士山近くのサファリパークみたいな所へ遊びに行きました(場所ははっきりと覚えていません)。 …

黄泉の国の体験

同窓会の案内が来て、中学生だった当時を懐かしんでいたら思い出したことがある。この間の夜、ふと目が覚めると目の前に血を流した女の人がいた。寝ぼけていたし起こされてムカつい…

お婆ちゃんの手(フリー素材)

牛の貯金箱

小学生の頃、両親が共働きで鍵っ子だった俺は、学校から帰ると近所のおばあちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが、一人暮らしのばあちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えてい…