オッサン管理人

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

寮

ホラー映画を観たり怖い話を聞いたりするのは大好きだけど、自分がそういう体験をするのは絶対嫌だと言う友人から聞いた話です。

10年くらい前の話。

当時、友人は会社の社員寮や学生寮の管理を請け負う会社に就職していました。

寮によっては、開かずの部屋があったり、共同風呂には絶対に鏡を付けてはいけないと申し送りをされた寮があったりと、友人的にはなかなか興味深い話が色々耳に入ってきたみたいです。

ある日、管理している寮の一つで寮生が自殺するという事件がありました。首吊りだそうです。

数日後の朝、友人がいつものように会社に出社すると、隣の課が何やら騒いでいました。

隣にある寮の管理人とのホットライン電話の留守電に、自殺があった寮の住み込み管理人からメッセージが入っていたのですが、第一声が

「お祓いを呼んでくれえ!!」

でした。後は支離滅裂で、隣の課はざわざわしていたらしいのです。

後日、友人がその寮の担当社員から話を聞いたところによると、夜中に寮生が「廊下で変な音がする」と管理人室に電話してきました。

コールがあったのは自殺があった階で、管理人はビビりながらも向かいましたが、廊下は静かで誰も居ません。

『まさか自殺のあった部屋に忍び込むようなアホが出たか?』と疑った管理人は、思い切って例の部屋を開けてみました。

鍵を開けてドアを開くとすぐ部屋なのですが、真っ暗な室内に、両手の手首から上だけが浮いているのが見えたそうです。

管理人は死ぬ程ビビったらしいのですが、寮生の悪戯かどうか懐中電灯を向けて確認しようとしたら、手首はふっと消えたと。

でも、まだ管理人は悪戯の線を捨てていなかったので、震えまくりながら電気を点けて室内を確認したそうですが、室内は無人で、特に誰かが入り込んだ形跡もありませんでした。

そこでとうとう管理人はパニックを起こし、夜中に管理会社に電話して留守電にメッセージを吹き込んだのです。

友人も例の留守電を聞いたそうなのですが、50歳を超えたいい年のオッサンがしゃくり上げながら金切り声で叫ぶ様子は、音声だけでも凄いインパクトだったそうです。

ちなみに管理人が見たという手は、甲をこちらに向けて固く何かを握りしめる形をしていたらしいです。

管理人は「あれは首吊り縄を掴んでたんだ」と力説していたそうですが、友人に話をしてくれた担当社員は「おじさんがあごの下で手握ってぶりっ子ポーズにしてもな~」みたいな感想だったらしいです。

オッサン管理人の心の平安のためにも、お祓いはちゃんとしたそうです。

関連記事

世にも珍しいポジティブな神隠し

日本のみならず世界の各所で起きる「神隠し」。 超自然的なものから人為的なものまで様々なものがあるが、基本的にネガティブなものである。 しかし、とある地方では世にも珍しいポジ…

アパート

幻夢と現実の狭間で

20年以上前のことですが、聞いてください。友人が住む三畳一間の月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいると、そこそこ快適でした。し…

親子のシルエット(フリー素材)

お母さんが居る

俺には年の離れた弟が居て、弟がまだ3歳の時に母親が亡くなった。 それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたのだけれど、二回忌を迎えた頃に弟が 「家の中にお母…

イタズラ好きな何か

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。 見えなかったから何かの正体は最後までわからなかったけど、イタズラ好きなやつだった。 例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、よく…

少年のシルエット(フリー素材)

かっこいい除霊

高校の時、クラスに虐められている訳じゃないけどいじられ系のAという奴が居た。 何と言うか、よく問題を当てられても答えられず、笑われるような感じ。 でも本人はへらへら笑ってい…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

疑問符

ラッキーコール

私は工務店に勤めておりまして、3年程前にある幼稚園までバスの車庫を修理に行った時の事です。 その幼稚園はお寺が経営していまして、車庫は園舎を横に抜けた本堂裏の広場にありました。 …

炎

火葬場の二組の骨

近所にある戸田火葬場の関係者から、ある驚愕の話を聞きました。 10年に1回程度、火葬中に突然、死者が一時的に生き返ることがあるというのです。 この現象は、極端な高温による…

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、 「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」 という会話をしていた時だった。 その叔母さんが、お客さ…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…