葬列

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

wallpaper362_640_1136

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。

夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが分かりました。「はて…?この近所で誰か亡くなったのかな?」とAさんは行列の1人に訊いてみました。

「これは誰の葬式ですか?」

というとその人はこうつぶやきました。

「その先の家のAさんのです」

なんとこの自分の葬式だというのだ。驚いたAさんは振り向くとそこには葬式の行列はありませんでした。

怖くなったAさんは駆け足で家に帰りました。しかし家に帰っても奥さんや子供がいないのです。途方に暮れたAさんは仕方なく、さっきまで一緒に飲んでいたBさんの家まで戻ることにしました。

Bさんの家に着くとAさんはBさんにこの奇妙な出来事を伝えました。

するとBさんは、

「お前、飲みすぎなんだよ今お前の家に電話するから」

とBさんはAさんの家に電話しました。

すると普通に電話から奥さんの声が聞こえました。

「ほらな? 普通に家にいるだろ?」

そう言うとBさんはAさんを連れ添いAさんの家まで行きました。そしたら今度はAさんの家族は居ました。Aさんもこれは夢でもみたのだと思いました。

しかしそれから数日後、Aさんは交通事故で亡くなりました。葬式をしている最中、Bさんは数日前Aさんが行っていた奇妙な出来事を思い出していました。

「Aさんは自分の死を予言していたのではないか?」と。

やがて葬式も終わり参列し棺を霊柩車に運んでいる時でした。Bさんの後ろでこんな会話が聞こえました。

「これは誰の葬式ですか?」

「その先の家のAさんのです」

Bさんはハッとしました。今の声は間違いなくAさんの声でした。

Bさんは後ろで会話してた人にこう言いました。

「今喋ってた人はどこに行きました?」

するとその人は、

「ええっとその先のAさんの家に走って行きましたよ。でも妙だな。その人、何というか黒い靄にかかった感じで顔が良く見えてなかったんですよ」

BさんはAさんの家の方へ向かいましたが、そこには誰も居ませんでした。

「Aが見た参列というのはこれのことだったのか……」

義理堅い稲荷様(宮大工9)

晩秋の頃。山奥の村の畑の畦に建つ社の建替えを請け負った。親方は他の大きな現場で忙しく、他の弟子も親方の手伝いで手が離せない。結局、俺はその仕事を一人で行うように…

山の神様

俺が体験した不思議な話。母方の実家は山奥の大きな家なんだが、今その家には祖父母と叔父叔母と従兄弟(40近いおっさん)が住んでいる。うちからは少し遠いこともあって、なかな…

タヌキの神様

俺の姉貴は運が良い人間だ。宝くじを買えば、ほぼ当たる。当たると言っても、3億円なんて夢のような当たり方ではないのが残念なところだ。大抵 3,000円が当たる。何回当たっ…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。喫煙場所でタ…

女性のシルエット(フリー素材)

赤の他人

俺は物心付いた時から片親で、父親の詳細は判らないままだった。俺は幼少期に母親から虐待を受けていて、いつも夕方の17時から夜の21時まで家の前でしゃがみ込み、母親が風呂に入って寝…

旅館での一夜

甲府方面にある旅館に泊まった時の話。俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所…

抽象的模様(フリー画像)

黒い影

私はずっと母親と二人で暮らしてきた。父親は自分が生まれてすぐに居なくなったと母親から聞いた。祖父や祖母、親戚などに会ったことは無い。そんなものだと思っていた。そ…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

8周目

俺には、幼馴染の女の子がいた。家も近くて親同士の仲も良く、俺とその子も同い年ってこともあって小さい頃から一緒に遊んでた。まあ、大体そういう関係ってのは、歳を取るにつれて男の側が…

癒しの手

不思議なおっさん

自分が小学生の頃、近所で割と有名なおっさんがいた。いつもぶつぶつ何か呟きながら町を徘徊していた人だった。両親も含めて、奇妙な人だから近寄らない方が良いと誰もが言っていた…