葬列

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

wallpaper362_640_1136

ある日、AさんがBさんの家で飲み会をし帰りがすっかり遅くなってしまいました。

夜道を歩いていると向こうから何やら行列が見えます。その行列の人たちは喪服を着ており葬式だということが分かりました。「はて…?この近所で誰か亡くなったのかな?」とAさんは行列の1人に訊いてみました。

「これは誰の葬式ですか?」

というとその人はこうつぶやきました。

「その先の家のAさんのです」

なんとこの自分の葬式だというのだ。驚いたAさんは振り向くとそこには葬式の行列はありませんでした。

怖くなったAさんは駆け足で家に帰りました。しかし家に帰っても奥さんや子供がいないのです。途方に暮れたAさんは仕方なく、さっきまで一緒に飲んでいたBさんの家まで戻ることにしました。

Bさんの家に着くとAさんはBさんにこの奇妙な出来事を伝えました。

するとBさんは、

「お前、飲みすぎなんだよ今お前の家に電話するから」

とBさんはAさんの家に電話しました。

すると普通に電話から奥さんの声が聞こえました。

「ほらな? 普通に家にいるだろ?」

そう言うとBさんはAさんを連れ添いAさんの家まで行きました。そしたら今度はAさんの家族は居ました。Aさんもこれは夢でもみたのだと思いました。

しかしそれから数日後、Aさんは交通事故で亡くなりました。葬式をしている最中、Bさんは数日前Aさんが行っていた奇妙な出来事を思い出していました。

「Aさんは自分の死を予言していたのではないか?」と。

やがて葬式も終わり参列し棺を霊柩車に運んでいる時でした。Bさんの後ろでこんな会話が聞こえました。

「これは誰の葬式ですか?」

「その先の家のAさんのです」

Bさんはハッとしました。今の声は間違いなくAさんの声でした。

Bさんは後ろで会話してた人にこう言いました。

「今喋ってた人はどこに行きました?」

するとその人は、

「ええっとその先のAさんの家に走って行きましたよ。でも妙だな。その人、何というか黒い靄にかかった感じで顔が良く見えてなかったんですよ」

BさんはAさんの家の方へ向かいましたが、そこには誰も居ませんでした。

「Aが見た参列というのはこれのことだったのか……」

関連記事

優しい抽象的模様(フリー素材)

兵隊さんとの思い出

子どもの頃、いつも知らない人が私を見ていた。その人はヘルメットを被っていて、襟足には布がひらひらしており、緑色の作業服のような格好。足には包帯が巻かれていた。小学生にな…

半分よこせ

俺がまだ小学生の頃の話。俺んちは両親が共働きで、鍵っ子というか、夕方までは俺一人だった。その日もいつもと同じように、居間でコタツに入って寝てたんだよ。母の帰りを待ちなが…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

瀬泊まり

小学校の頃、キャンプで夜の肝試しの前に先生がしてくれた怪談。先生は釣りが好きで、土日などよく暗い内に瀬渡しの船に乗り、瀬に降り立って明るくなり始める早朝から釣りをしていたそうな…

麻雀(フリー写真)

曰く付きの大学寮

今から8年前の5月のお話。当時は大学の寮に住んでいたのだけど、その寮は凄かった。古戦場の近くで、その関係のお寺が近所にあり、更に寮の隣の竹林には首塚があった。俺…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

抽象画(フリー素材)

同じ夢を見る

小学校3年生の頃、夢の中でこれは夢だと気が付いた。何度か経験していたので、自分の場合は首に力を入れるイメージをすると夢から覚められると知っていた。しかしその時は何となく…

『さかな』と『みぎ』

その日、友達と近所の公園で待ち合わせをしていた。CDを何枚か借りる約束だった。季節は今くらいの冬の時期。夕方16時過ぎで、もう薄暗くなりかけだったのを覚えている。約束の…

考古学の本質

自分は某都内の大学で古代史を専攻している者です。専攻は古代史ですが、考古学も学んでいるので発掘調査にも参加しています。発掘調査なんてものは場合によっては墓荒らしと大差な…

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。操車場は…