磨りガラスの人影

公開日: 怖い話

磨りガラス(フリー写真)

友人から聞いた話です。

数年前に彼が東京で一人暮しをしていた時のこと。

当時付き合っていた彼女が家に来ることになっていたので、夕方の17時くらいでしょうか、彼はシャワーを浴びようと浴室へ向かいました。

シャワーを浴びて汗を流していると、浴室と脱衣スペースを隔てる磨りガラス越しに、じっと立っている人影があることに気付きました。

しかし彼は、きっと彼女が来たのだろうと考え、気にも留めずシャンプーを手に取り頭を洗い始めました。

暫くして風呂を上がると、同時に玄関のドアが開き、彼女が入って来ました。

不思議に思い彼女に尋ねると、いま来たばかりだと言いました。

おかしいなと思いながらも、大雑把な性格の彼は深く考えずに、見間違えでもしたのだろうと自分を納得させました。

数日後、彼が同じようにシャワーを浴びていると、再び磨りガラスに人影があるのに気付きました。

流石に気味が悪くなり、助けを呼ぼうかと思いましたが、今度こそ彼女かもしれない…。

そう考えていると、その人影が急に磨りガラスに顔面を押し付けて来て、見知らぬ女の引き攣った物凄い形相が浮かび上がりました。

彼は心臓が止まるかと思うほど仰天し、情けない声を上げて叫びました。

女は暫く鋭い目付きで睨んだ後、走って逃げて行ったそうです。

後日、彼はそのアパートを引き払い、別の場所に移り住みました。

関連記事

だるま

女の子2人が韓国へ旅行に行った。ブティックに入り、一人の女の子が試着室に入った。だけど待てども待てども一向に試着室から出てくる気配がない。カーテンを開けるとそこには誰も…

巫女さん(伊勢神宮)(フリー写真)

巫女さんのバイト

姉の体験談。近所の神社が祭りのために臨時で巫女のバイトを募集していた。姉はそれに応募し、見事採用された。主な仕事は祭りの時期の接客であったが、祭りの後も土日だけ…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

天保の飢饉

天保の飢饉(1832~1839年)は、連年の凶作の結果、全国にその影響が及ぶほど凄まじいものであった。しかも、飢饉は7年間の長きに渡って延々と続いたのであった。鶏犬猫鼠の類まで…

時計(フリー素材)

裏返し

最初にお願いと注意を。この文章を読む前に、身近な所に時計があるかどうか確認して欲しい。十分、二十分が命取りになりかねないので。では……。 ※ 先月、高校時代の友人が…

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

お屋敷(フリー写真)

お屋敷の物品回収

古い物を家主の居なくなった家から回収し、業者に売りに出す仕事をしています。一般の人から依頼があって回収する事もあるし、解体業者からお呼びが掛かって現場へ出向く事もあります。 …

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

あやかし

工事中の仏閣を見た。仏像があるべき場所をクレーンのようなものでパーツがくるくる回っている。俺は竹やぶに続く仏閣を参拝しようと山に入っていった。浅く霧がかかっていてなんとも神聖な…

婚約指輪(フリー写真)

鬼の面

私には15歳年の離れた兄が居ます。私が10歳の年に、兄(当時25歳)がお見合いをしました。ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。玄関…