チャレンジャー号の最期

公開日: 怖い話

img_0

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。

爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かったです。

当時の映像では、爆発し空中分解して、船員は恐らく即死だと思ってたのですが、コクピット部分は大丈夫だったらしく、水面に激突するまでの数分はまだ生きていたらしいんです。

その証拠に、遺体を回収して調べてみたところ、コクピット内部は急減圧が起きていなかったらしいです。

つまり、コクピット部は無事で、船員は手動で気圧調整をした痕跡があったと…。

そして当時の発表では、爆発後に船内からの通信が途絶えたとの事だったのですが、実は激突するまでの音声が記録されていて、その悲惨な内容が英語でアップされてたんです。

1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載(意訳)

以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ(パイロットのマイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後から始まる。

離陸の瞬間からの大凡の時間が、分と秒で示されている。

話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

T+1:15 (M) 何だ? 何が起こった? おお、何てこった!

T+1:17 (F) ああ、神さま…

T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ!エアパックの…

T+1:20 (M) 息ができねぇ…窒息する…

T+1:21 (M) マスクを外せ!

T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな…神さま!それをするんだ…今…

T+1:24 (M) それを言った…俺はそれを言ったんだ…畜生!Reznik(?)が動かねぇ…

T+1:27 (M) 落ち着け!(解読不能)動かせ…

T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない…今、こんなところでなんて…

T+1:31 (M) 君の腕が…ああ…俺が(長い雑音、沈黙)

T+1:36 (F) もう…気絶する…

T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!

T+1:40 (M) まだ…(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に…(悲鳴)

T+1:41 (M) 彼女が…彼女は…(雑音)…くそっ!

T+1:50 (M) 息ができねぇ…

T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま!いやだ!!

T+1:54 (M) 彼女は、もう…

T+1:55 (M) 幸運が…(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)

T+1:56 (M) 神さま…水だ…死ぬ!(悲鳴)

T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)…愛してるわ…愛してるわ…

T+2:03 (M) 落ち着け!落ち着くんだ!…

T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ…

T+2:09 (M) その通りだ、前向きに考えよう…

T+2:11 (M) これより着水準備に入る…

T+2:14 (M) 馬鹿な!

T+2:17 (M) 手を出すんだ…

T+2:19 (M) お前、正気か? 俺は…俺は…

T+2:29 (M) 我らが父よ…(解読不能)

T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを…(解読不能)

T+2:58 (M) 主は我が羊飼いである…

我は…望むべからず…

我、死の影の谷を往けども、主は我が身を緑なる牧場に置きたもう…

我はいかなる悪をも恐れず…

我はその家を住処と為す…

T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない)

関連記事

廃墟(フリー写真)

消えた町の不可解な謎

昔々、ある田舎町に、不可解な事件が頻発していた。 町の人々は、怖さと不安で日々を過ごしていた。 事件の始まりは突然だった。 町の家々が、一夜にして何者かに荒らされる…

レベル9

10年以上昔、進研ゼミの読者投稿欄にあった話。 『怖い夢を自在に見る方法』というタイトルが目に留まった。 「その方法とは、怖い夢を見たいと念じながら枕を踏んで寝るだけ。 …

死者と会う方法

日本で2003年に『黄泉がえり』という映画が放映された。これは死者が蘇るというタイトル通りの話ではあるのだが、イギリスには実際に死んだ者と会える方法があるという都市伝説が存在する。 …

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。 授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。 ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。 友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。 当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。 それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

アパートの階段(フリー写真)

山口さん

以前住んでいたアパートで体験した話。 土曜日の夕暮れ時に居間でまったりしていると、不意にインターフォンのチャイムが鳴ったので受話器を取る。 俺「はい」 訪問者『山口…

繰り返す家族

小三のある男の子が体験した話だ。 男の子はその日、学校が終わって一旦帰宅してから、仲の良い友達と一緒に近くの公園で遊ぶことにした。 夕方になるまでかくれんぼをしていたら、珍…

競売物件

競売物件

自動車免許を取りに免許センターへ通っていた時に仲良くなった人から聞いた話。 筆記試験が終わり、知り合いも来ていないし一人でぼーっとしていると、20代後半くらいのサラリーマン風の人…

山を穢した代償

以前に住んでいたマンションの大家さんは、御主人が亡くなったのを機に田舎の土地を処分し、都会にマンションを建て息子夫婦と同居した。 老女は何かと話し掛けてくれ、俺も機会があれば田舎…