チャレンジャー号の最期

公開日: 怖い話

img_0

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。

爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かったです。

当時の映像では、爆発し空中分解して、船員は恐らく即死だと思ってたのですが、コクピット部分は大丈夫だったらしく、水面に激突するまでの数分はまだ生きていたらしいんです。

その証拠に、遺体を回収して調べてみたところ、コクピット内部は急減圧が起きていなかったらしいです。

つまり、コクピット部は無事で、船員は手動で気圧調整をした痕跡があったと…。

そして当時の発表では、爆発後に船内からの通信が途絶えたとの事だったのですが、実は激突するまでの音声が記録されていて、その悲惨な内容が英語でアップされてたんです。

1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載(意訳)

以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ(パイロットのマイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後から始まる。

離陸の瞬間からの大凡の時間が、分と秒で示されている。

話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

T+1:15 (M) 何だ? 何が起こった? おお、何てこった!

T+1:17 (F) ああ、神さま…

T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ!エアパックの…

T+1:20 (M) 息ができねぇ…窒息する…

T+1:21 (M) マスクを外せ!

T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな…神さま!それをするんだ…今…

T+1:24 (M) それを言った…俺はそれを言ったんだ…畜生!Reznik(?)が動かねぇ…

T+1:27 (M) 落ち着け!(解読不能)動かせ…

T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない…今、こんなところでなんて…

T+1:31 (M) 君の腕が…ああ…俺が(長い雑音、沈黙)

T+1:36 (F) もう…気絶する…

T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!

T+1:40 (M) まだ…(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に…(悲鳴)

T+1:41 (M) 彼女が…彼女は…(雑音)…くそっ!

T+1:50 (M) 息ができねぇ…

T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま!いやだ!!

T+1:54 (M) 彼女は、もう…

T+1:55 (M) 幸運が…(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)

T+1:56 (M) 神さま…水だ…死ぬ!(悲鳴)

T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)…愛してるわ…愛してるわ…

T+2:03 (M) 落ち着け!落ち着くんだ!…

T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ…

T+2:09 (M) その通りだ、前向きに考えよう…

T+2:11 (M) これより着水準備に入る…

T+2:14 (M) 馬鹿な!

T+2:17 (M) 手を出すんだ…

T+2:19 (M) お前、正気か? 俺は…俺は…

T+2:29 (M) 我らが父よ…(解読不能)

T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを…(解読不能)

T+2:58 (M) 主は我が羊飼いである…

我は…望むべからず…

我、死の影の谷を往けども、主は我が身を緑なる牧場に置きたもう…

我はいかなる悪をも恐れず…

我はその家を住処と為す…

T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない)

霧の出た山(フリー写真)

首狩地蔵

私の母が通っていた中学校の近くには『首狩地蔵』と呼ばれるお地蔵様があるそうです。 そのお地蔵様は藪の奥まった所にあって、近付くと祟りがあると言われているそうです。 実際、お…

叩かれるドア

今年の年始だったんだが、夜に歩いて3分のコンビニまで酒買いに行ったんだ。 まあ、難なく酒買って、寒いから一本空けながら帰ってたんだよ。 iPodで大音量で音楽聴きながらハイ…

逆さの樵面

私が生まれる前の話なので、直接見聞きしたことではなく、その点では私の想像で補ってしまう分もあることを先に申しておきます。 それから地名、人名等は仮名としました。 もったいぶ…

禍垂(かすい)

昔まだ十代の時で、して良い事と悪い事の分別もつかない時の話。 中学を出て高校にも行かず、仕事もせずにツレとブラブラ遊び回ってた。 いつものようにツレから連絡があり、今から肝…

ウォーリーを探せの怖い都市伝説

世界中で愛されている絵本が「ウォーリーを探せ」である。 何百、へたしたら何千という群衆が描かれた絵本の中から、ウォーリーという一人の男を探す絵本である。 ウォーリーの特徴は…

ねろてばさん

じいじが言うには「ご先祖様が東で大きか地震が4つあった後の2年後に日本全土ば揺らすやつがくる」と。 これはじいじのじいじが言った言葉で、その後に防空壕を作ったらしい。その内の3つが関東大…

キャンプ場(フリー素材)

黒い石

大学時代のサークル活動で不思議な体験をした。 主な登場人物は俺、友人A、先輩、留学生3人(韓国、中国、オーストラリア)、友人Aの友達のアメリカ人、他は日本人のサークルメンバー。 …

ひとつ作り話をするよ

今日はエイプリルフールだ。特にすることもなかった僕らは、いつものように僕の部屋に集まると適当にビールを飲み始めた。 今日はエイプリルフールだったので、退屈な僕らはひとつのゲームを…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。 昔の事とて、ろ…

妖怪カラコロ

専門学生の頃に深夜専門でコンビニのアルバイトをしていた時の話。 ある日の午前1時頃に駐車場の掃除をしていると、道路を挟んだ向こう側の方から何か乾いた物を引き摺るような、 「…