チャレンジャー号の最期

公開日: 怖い話

img_0

スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発してから着水するまでの船内の会話が、英語でアップされていたサイトがありました。

爆発しても船員はまだ生きていて、落ちるまでの会話が怖かったです。

当時の映像では、爆発し空中分解して、船員は恐らく即死だと思ってたのですが、コクピット部分は大丈夫だったらしく、水面に激突するまでの数分はまだ生きていたらしいんです。

その証拠に、遺体を回収して調べてみたところ、コクピット内部は急減圧が起きていなかったらしいです。

つまり、コクピット部は無事で、船員は手動で気圧調整をした痕跡があったと…。

そして当時の発表では、爆発後に船内からの通信が途絶えたとの事だったのですが、実は激突するまでの音声が記録されていて、その悲惨な内容が英語でアップされてたんです。

1986年1月28日 チャレンジャー号の録音テープより転載(意訳)

以下の転載は、NASAから公式発表された録音テープ(パイロットのマイケル・スミスの「うわぁぁ!」という声で終わる)の、2秒後から始まる。

離陸の瞬間からの大凡の時間が、分と秒で示されている。

話し手の性別は、M(男)とF(女)で表されている。

T+1:15 (M) 何だ? 何が起こった? おお、何てこった!

T+1:17 (F) ああ、神さま…

T+1:18 (M) エアパックのスイッチを入れろ!エアパックの…

T+1:20 (M) 息ができねぇ…窒息する…

T+1:21 (M) マスクを外せ!

T+1:22 (M/F) (悲鳴)熱い!(すすり泣き)駄目だ、俺に言うな…神さま!それをするんだ…今…

T+1:24 (M) それを言った…俺はそれを言ったんだ…畜生!Reznik(?)が動かねぇ…

T+1:27 (M) 落ち着け!(解読不能)動かせ…

T+1:28 (F) こんな風になんか死にたくない…今、こんなところでなんて…

T+1:31 (M) 君の腕が…ああ…俺が(長い雑音、沈黙)

T+1:36 (F) もう…気絶する…

T+1:37 (M) 俺たちはまだ死んじゃいないぞ!

T+1:40 (M) まだ…(解読不能)する気なら、奇跡を(解読不能)俺に…(悲鳴)

T+1:41 (M) 彼女が…彼女は…(雑音)…くそっ!

T+1:50 (M) 息ができねぇ…

T+1:51 (M/F) (悲鳴)イエスさま!いやだ!!

T+1:54 (M) 彼女は、もう…

T+1:55 (M) 幸運が…(解読不能。「死者に幸あれ」と言おうとしたか)

T+1:56 (M) 神さま…水だ…死ぬ!(悲鳴)

T+2:00 (F) さようなら(すすり泣き)…愛してるわ…愛してるわ…

T+2:03 (M) 落ち着け!落ち着くんだ!…

T+2:07 (M) 緊急着水みたいなもんさ…

T+2:09 (M) その通りだ、前向きに考えよう…

T+2:11 (M) これより着水準備に入る…

T+2:14 (M) 馬鹿な!

T+2:17 (M) 手を出すんだ…

T+2:19 (M) お前、正気か? 俺は…俺は…

T+2:29 (M) 我らが父よ…(解読不能)

T+2:42 (M) 御名の尊ばれんことを…(解読不能)

T+2:58 (M) 主は我が羊飼いである…

我は…望むべからず…

我、死の影の谷を往けども、主は我が身を緑なる牧場に置きたもう…

我はいかなる悪をも恐れず…

我はその家を住処と為す…

T+3:15 (以降、最後まで何も録音されていない)

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。喫煙場所でタ…

火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫Aさんは、爆発事故に見舞われた。一命はとりとめたものの、全身火傷の重体だった。昔の事とて、ろ…

教室(フリー写真)

余るプリント

この間久しぶりに会った、20年来の幼馴染から聞いた話。幼馴染(A男)は、ある女子高で英語の教師を勤めていた。Aはいつも英語を教えるクラスの生徒に配るプリントを校内のコ…

昭和さん

私の地元は田舎で、山の中にある新興住宅街だった。新興と言っても、結局発展し切れなかったような土地だった。私は山に秘密基地を作り、友達とよく遊びに行ったものだった。ある日…

ひょっとこのお面(フリーイラスト)

ひょっとこのお面

俺の爺さんには従兄が居たらしいのだが、十代前半で亡くなっている。それがどうも不自然な死に方だったらしく、死んだ当時は親戚や近所の連中に色々騒がれたのだそうだ。 ※ 戦後すぐ…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

高架下(フリー写真)

夢で見た光景

数ヶ月前の出来事で、あまりにも怖かったので親しい友達にしか話していない話。ある明け方に、同じ夢を二度見たんです。街で『知り合いかな?』と思う人を見かけて、暇だからと後を…

33年間

1783年(天明3年)、浅間山は大噴火した。噴煙は、上空1万メートルにまで達し、その時に流れ出た溶岩流は、付近の村々をあっというまに覆い尽くし、約1200人もの命が失われた。 …

千仏供養(長編)

大学一回生の春。僕は思いもよらないアウトドアな日々を送っていた。それは僕を連れ回した人が、家でじっとしてられない性質だったからに他ならない。中でも特に山にはよく入った。うんざり…

少女

喋れない幼馴染

少し長くなりますが、実体験を書き込みます。俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。生まれつき声帯が悪かったらしい……。更に、ここでは…