消失の謎

校庭

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)の話です。

Aさんが小学生の時、彼女はとても積極的で、休み時間には校庭で他の子どもたちとドッジボールを楽しんでいました。ある日、チャイムが鳴ると、Aさんは一番に教室に戻ることにしました。

教室の扉を開けると、クラスの生徒全員がすでに着席しており、担任の先生が心配そうに言いました。「Aさん、どこに行っていたの?みんなで探していたんだよ。」

Aさんは混乱し、「え、でもチャイムが鳴ったから校庭から戻っただけです…」と答えましたが、実はその時、Aさんは一日行方不明だったのです。その日も家に帰らなければ、捜索願が出されるところでした。

時間が経過し、Aさんは成長して看護師になりました。ある夜、夜勤が終わり、車で一人家路についていると、真夜中の静けさの中、いつも通るトンネルを抜けた瞬間、目の前には突如として海が広がっていました。

驚いたAさんは、山方面に向かうはずが、なぜか海沿いの道に出てしまっていたのです。近くのコンビニで場所を確認すると、そこは日本海沿いの町でした。彼女は半泣きで地図を購入し、一晩かけてなんとか自宅に戻りました。

レシートを見ると、仕事を終えた後、不可能と思われる短時間でそのコンビニに到着していたことになります。この事実にAさんは混乱しました。

その後、Aさんは仕事を辞め、オーストラリアへ留学しました。後輩はAさんと手紙のやり取りをしていましたが、ある日突然連絡が取れなくなりました。心配した後輩がAさんの彼氏に連絡を取ったところ、彼もAさんからの連絡が途絶えていることを知りました。

後輩がAさんの実家に問い合わせると、オーストラリアでAさんが行方不明になっていたことが判明しました。現地警察は行方不明だけでは捜査が難しいとして、家族は自ら現地に赴いて調査しましたが、明るく積極的なAさんが計画的な事件に巻き込まれることは考えにくいとされました。

結局、突発的な事件に巻き込まれた可能性が残るのみですが、Aさんの部屋は何も異常がなく、「ふと」いなくなったような状態でした。現在もAさんの行方は不明のままですが、その彼氏も私の後輩も、彼女が「ふと」帰ってくるかもしれないと期待しています。

私がこの話を聞いた時、鳥肌が立ちました。

関連記事

自動ドアが認識しない人間

大学二年の夏休みに入る少し前からだったかな…。 コンビニやらスーパーやらの入り口、とにかく全ての自動ドアが俺に反応しなくなった事があった。 それまでは普通に入ることの出来て…

湖(フリー素材)

白き龍神様(宮大工13)

俺が中学を卒業し、本格的に修行を始めた頃。 親方の補助として少し離れた山の頂上にある、湖の畔に立つ社の修繕に出かけた。 湖の周りには温泉もあり、俺達は温泉宿に泊まっての仕事…

駅(フリー写真)

ホームの下の窪み

京王線は現在、全駅禁煙になっていますが、まだ禁煙になっていなかった頃の話です。 当時、府中駅の近くで働いていて、残業やら何やらで終電に乗る事になったんですよ。 喫煙場所でタ…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。 ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。 びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

吉祥寺駅(フリー写真)

赤い世界

僕が小学6年生の時の話。 当時、僕は吉祥寺にある塾に通っていました。 隣の○○区からバスで通うのですが、その日もいつも通り塾へ行くため、僕はバスに乗りました。 ※ バス…

工事現場(フリー写真)

持ち出された藁人形

俺は建設会社で現場作業員をしています。 ある年の年末、道路工事の現場で働いている時の事でした。 一日の作業を終えてプレハブの現場事務所へ戻ると、ミーティング時に使う折り畳み…

沼(フリー写真)

そこなし沼にて

親父は教師をしており、俺は小学二年生まで教員住宅に住んでいた。 俺の家の裏は林になっていて、そこに『そこなし沼』と呼ばれる沼があった。 その周りではクワガタが沢山捕れるの…

夜の海(フリー写真)

海から聞こえる声

漁師をしていた爺さんから聞いた話。 爺さんが若い頃、夜遅く浜辺近くを歩いていると、海の方から何人かの子供の声が聞こえてきた。 『こんな夜遅くに、一体何だ?』と思い、声のす…

案山子の神様

田舎住まいなので、通学時にはいつも田んぼの脇道を通っていた。 その日も家に帰るため、いつものように田んぼの脇道を、カエルの鳴声を聞きながら歩いていた。 すると田んぼの中に、…

牛(フリー写真)

ミチ

私の母の実家は一度、家が全焼してしまう大火事に遭いました。 当時住んでいたのは、寝たきりのおばあちゃんと、母の姉妹6人だけ。 皆が寝付いて暫く経った頃、お風呂を沸かすために…