霊柩車

公開日: 怖い話

art-style-woman-by-shilesque

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。

おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい、介護をする母親に向かってねちねちと愚痴や嫌味をいうばかりでなく、

「あんたたちは私が早く死ねばいいと思っているんだろう」

などと繰り返したり言ったりしたため、愛想がつかされて本当にそう思われるようになりました。

介護は雑になり、運動も満足にさせて貰えず、食事の質も落ちたために、加速度的に身体が弱っていきました。

最後には布団から起き出すどころか、身体も動かせず口すらも利けず、ただ布団の中で息をしているだけというような状態になりました。

傍から見ていても命が長くないだろうことは明らかでした。

さて、Kさんの部屋は2階にあり、ある晩彼女が寝ていると、不意に外でクラクションの音が響きました。

Kさんはそのまま気にせず寝ていたのですが、しばらくするとまた音がします。

何回も何回も鳴るので、時間が時間ですし、あまりの非常識さに腹を立ててカーテンをめくって外を見ました。

Kさんはぞっとしました。家の前に止まっていたのは大きな一台の霊柩車だったのです。

果たして人が乗っているのかいないのか、エンジンをかけている様子もなく、ひっそりとしています。

Kさんは恐くなって布団を頭から被りました。ガタガタとふるえていましたが、その後は何の音もすることなく、実に静かなものでした。

朝になってKさんは、両親に昨日の夜クラクションの音を聞かなかったかどうか尋ねました。

二人は知らないと言います。あれだけの音を出していて気づかない訳はありませんが、両親が嘘をついているようにも見えないし、また嘘をつく理由もないように思われました。

朝になって多少は冷静な思考を取り戻したのでしょう、Kさんは、あれはもしかしておばあちゃんを迎えに来たのではないかという結論に至りました。

彼女にはそれ以外考えられなかったのです。しかし、おばあちゃんは相変わらず「元気」なままでした。

翌日の夜にも霊柩車はやって来ました。次の夜もです。Kさんは無視しようとしたのですが、不思議なことにKさんが2階から車を見下ろさない限りクラクションの音は絶対に鳴りやまないのでした。

恐怖でまんじりともしない夜が続いたため、Kさんは次第にノイローゼ気味になっていきました。

7日目のことです。両親がある用事で親戚の家に出かけなくてはならなくなりました。

本当はKさんも行くのが望ましく、また本人も他人には言えない理由でそう希望したのですが、おばあちゃんがいるので誰かが必ずそばにいなくてはなりません。

Kさんはご存じのようにノイローゼで精神状態がすぐれなかったために、両親はなかば強制的に留守番を命じつつ、二人揃って車で出ていきました。

Kさんは恐怖を紛らわそうとして出来るだけ楽しいTV番組を見るように努めました。

おばあちゃんの部屋には恐くて近寄りもせず、食べさせなくてはいけない昼食もそのままにして放っておきました。

さて両親は夕方には帰ると言い残して行きましたが、約束の時間になっても帰って来る気配がありません。

時刻は21時を回り、やがて0時が過ぎ、いつも霊柩車がやって来る時間が刻一刻と迫ってきても、連絡の電話一本すらないありさまなのでした。

はたして、その日もクラクションは鳴りました。Kさんはその時1階にいたのですが、間近で見るのはあまりにも嫌だったので、いつもの通りに2階の窓から外を見下ろしました。

ところがどうでしょう。

いつもはひっそりとしていた車から、何人もの黒い服を着た人達が下りてきて、門を開けて入ってくるではありませんか。

Kさんはすっかり恐ろしくなってしまいました。そのうちに階下でチャイムの鳴る音が聞こえました。

しつこく鳴り続けています。チャイムは軽いノックの音になり、しまいにはもの凄い勢いでドアが「ドンドンドンドンドンドン!」と叩かれ始めました。

Kさんはもう生きた心地もしません。ところがKさんの頭の中に、「 もしかして玄関のドアを閉め忘れてはいないか」という不安が浮かびました。

考えれば考えるほど閉め忘れたような気がします。Kさんは跳び上がり、ものすごい勢いで階段をかけ下りると玄関に向かいました。

ところがドアに到達するその瞬間、玄関脇の電話機がけたたましく鳴り始めたのです。

激しくドアを叩く音は続いています。Kさんの足はピタリととまり動けなくなり、両耳を押さえて叫び出したくなる衝動を我慢しながら、勢いよく受話器を取りました。

「もしもし!もしもし!もしもし!」

「○○さんのお宅ですか」

意外なことに、やわらかい男の人の声でした。

「こちら警察です。実は落ち着いて聞いていただきたいんですが、先ほどご両親が交通事故で亡くなられたんです。あのう、娘さんですよね? もしもし、もしもし…」

Kさんは呆然と立ちすくみました。不思議なことにさっきまでやかましく叩かれていたドアは、何事もなかったかのようにひっそりと静まり返っていました。

Kさんは考えました。もしかしてあの霊柩車は両親を乗せに来たのでしょうか? おばあちゃんを連れに来たのでなく? そういえば、おばあちゃんはどうなったのだろう?

その時後ろから肩を叩かれ、Kさんが振り返ると、動けない筈のおばあちゃんが立っていて、Kさんに向かって笑いながらこう言いました。

「お前も乗るんだよ」

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

三文字

俺は、某所のある古いアパートで一人暮らしをしている。このアパートは二階建てで、各階四号室までのごく普通のアパートだ。 ちなみに俺は104号室に住んでいる。ある日、いつものスーパー…

雪に覆われた山(フリー写真)

雪を踏む足音

初雪の山は登ってはいけない。 そういう話を仲間内でよく聞いていたが、単に滑りやすくなるからだろうと軽く捉えていた知り合いは、命の危険に晒された。 彼は登山歴3年くらいの経験…

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。 私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。 ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

山の神様と冥界への道

私の父親は山好きです。当然、山関連の友人も多く、私も山へ行く度にそうした方々と話をしました。 そして、その友人の中にAさんという方が居ます。 私が彼と最後に話をしたのは高校…

ごぜさんの鐘

辺り一面山だらけ、どこを見渡しても山ばかりという地方の出身です。 小さい頃からお世話になっていたお寺に「鐘」がありました。 「鐘」と書いたのには理由がありまして、それは布と…

夜釣り(フリー写真)

夜釣り

俺が大学1年生の時の話。 何もない田舎の大学に通う俺と大学の友人は、夜釣りに行くことを趣味にしていた。 大学は、大きな漁港を持つ日本海側の地方都市に立地し、釣りの場所には困…

おどって

一年くらい前に誰かがテレビで喋っていた話。 ある女の子が夢を見ていた。 夢の中で女の子は家の階段を登っている。 すると誰かに足を掴まれた。 振り向くと皺くちゃの…

生まれ変わり

物心がついた頃から、 「僕は1回死んだんだ」 って言っていた。 むしろその記憶は今でも残ってる。 その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。 授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。 ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…