海ボウズ

公開日: 不思議な体験 | 怖い話

海(フリー写真)

俺の爺ちゃんの話。

爺ちゃんは物心が付く頃には船に乗っていたという、生粋の漁師だった。

長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語に語ってくれた。

中には「大鮫と七日七晩戦い続けた」とか「竜巻に船ごと巻き上げられた」などの、突拍子もないエピソードもあったりした。

でも幼い俺には、酒の入った赤ら顔でトンデモ武勇伝を語るそんな爺ちゃんが、漫画やアニメのヒーローなんかよりもずっと格好良く思えた。

そんな爺ちゃんがある時、普段とは違う真剣で怖い顔をして話してくれた。

爺ちゃんが仲間達と漁に出た時、突然海の真ん中で船が何かに乗り上げて座礁したという。

海図には、その辺りに暗礁や島があるようなことは書かれていない。

これはおかしいと思い、船の下の様子を見ようと仲間の一人が海に飛び込んだところ、何と海面が腰のあたりまでで足がついてしまった。

試しに爺ちゃんも飛び込んでみると、水深1メートル強の辺りで足が底を捉えたという。

そこから周りを歩き回ってみたが、船から20メートル以上も離れてもまだ先があったと爺ちゃんは語った。

仲間の一人は、水中に潜ったところ赤茶色のデコボコした底を見たという。

未発見の暗礁か? しかし、ここの海の深さではあり得ない。

鯨の死体か? それにしてはあまりにもデカすぎる。

などと意見を交わしている内に、仲間の一人がポツリと呟いた。

「こりゃあ海ボウズってヤツじゃねぇのか?」

『海ボウズ』は古来から漁師達に恐れられた、伝説の海の怪物の名である。

普段なら笑い飛ばすようなそんな言葉も、目の前の現実を前に、爺ちゃんは背中がゾッとしたという。

その内に、言い出した人が船の舳先にしゃがみ込んで、一心不乱にお経を唱え始めた。

爺ちゃん達もそれに倣い、全員でしゃがみ込んで「南無阿弥陀仏」と唱えたという。

爺ちゃんはその時に心の中で『家に帰りたい、生きて帰りたい』と願い続けた。

その念仏に効果があったのか、暫くすると「ズズッ!」と大きな震動が船を揺らしたかと思うと、船が乗り上げていた『何か』は、跡形もなく消えていたという。

恐怖に駆られた爺ちゃん達は漁を切り上げて大急ぎで港に戻り、見て来たことを皆に話したが、やはり誰にも信じてもらえなかった。

そして、その後も同じ場所で漁をしたが、あの『何か』に出会ったのは結局それっきりだったらしい。

爺ちゃんは話の最後を、こんな言葉で締め括った。

「アレが何だったのか知りたい時期もあったが…結局は諦めた。

ありゃあきっと、人間が関わっちゃいけねぇもんなんだ」

今でも現役の爺ちゃんは、漁に出る前には、必ず仏壇と神棚に手を合わせて願うのだそうな。

『無事に帰れますように、大漁でありますように、もう二度とアレに出会いませんように』と…。

関連記事

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。図書館で本を借りたら、本の中に『こんにちわ』と書かれたメモが入っていた。次の週にまた別の本を借りたら、『こんにちわ。このまえ…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

林(フリー写真)

お姉ちゃんと鬼ごっこ

神隠しみたいなものに遭ったことがある。小学一年生の夏休みのことだ。実家はいわゆる過疎地にあり、地域には同い年の子が数人しか居なかった。その日は遊べる友達が居なかったので…

不思議なお姉さん

小学2年生のころの話。小さいときに母ちゃんが死んで、親父に育てられてた。父子家庭が原因か内向的な性格で、小学校でもひどいいじめにあってた。1年生のころからずっといじめ続…

蛇神様の奥宮(宮大工3)

お稲荷さま騒動から3年ほど経った晩秋の話。宮大工の修行は厳しく、なかなか一人前まで続く者は居ない。また、最近は元より、今から十年以上前の当時でも志願してくる若者は少なか…

わかったかな?

多分、幼稚園の頃だと思う。NHK教育テレビで、人形とおじさんが出てくる番組を見ていた。おじさんが「どう?わかったかな?」と言ったので、TVの前で…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。ある日、結婚している8歳上の姉が2…

田舎の風景(フリー素材)

垣根さん

中学生の頃の話。当時は夏休みになると父方の祖父母の家に泊まりに行くのが恒例になっていた。と言っても自分の家から祖父母の家までは自転車で20分もかからないような距離。 …

魂(フリー素材)

守護霊の助け

若い頃、友人のBさんと久々に会い、飲みの席で「本格的な占いをお互いしたことが無い」という話で盛り上がったことがありました。酔った勢いで帰り道、幾つか閉まっていた占い場の中から適…

神秘的な森

角田の森

あれは小学6年の夏休みの事でした。友人のHとTが角田の森で遊んでいた時、Hが奥の廃屋へ行ってみようと言い出したそうです。当時、私達は角田の森でよく遊んでいました。 …