夜道での不吉な遭遇

公開日: 怖い話

夜道

中学生だった私は、ある晩、塾を終えて家路についていました。星空を眺めながら、のんびりと自転車を漕いでいたのです。

時刻は22時を過ぎており、家ももうすぐというときでした。

そのとき、前方に別の自転車を漕ぐ人の後ろ姿が見えました。細い道だったため、追い抜くことができずに、その後ろを走っていました。

突然、その自転車が倒れるのを見てしまいました。近づいてみると、髪の長い女性が倒れていて、うずくまって呻いていました。

私は声をかけましたが、返事はなく、暗い道での出来事に怖くなり、家に急いで帰ってしまいました。

後日、警察の刑事が家に訪れました。彼らによると、近所で殺人未遂事件が発生しており、その聞き込みのために訪れたのでした。

犯人の特徴を尋ねられると、髪の長い女性とのことでした。私が先日遭遇した自転車の女性のことを話すと、刑事の表情は一変しました。

私がその晩の出来事を詳しく伝えると、刑事は事件の詳細を明かしてくれました。

どうやら私が遭遇した状況と非常に似ていたのです。あの時、もし手を貸していたら、私はどうなっていただろうかと思うと、背筋が凍るような恐怖を感じました。

その女性は実は、地元で有名な精神的に不安定な人物で、過去にも何度か不審な行動を起こしていたことが判明しました。

警察の調査で、彼女はその晩、何者かに追い詰められていたことが明らかになりました。

事件の真相は謎に包まれたままで、地域には不安が広がりました。

この出来事以来、私は暗い夜道を一人で歩くことが怖くなり、常に警戒するようになりました。

関連記事

悪夢

寺生まれのTさん

俺は久々に嫌な夢を見た。 ノコギリを持った男が俺の部屋に立っている。 俺は恐怖のあまり動くことが出来ず、ただその男を眺めている。 すると男は突然、ノコギリで家の柱を…

変な長靴

俺は大学生時代、田舎寄りの場所にアパートを借りて一人暮らしをしていた。 大学が地方で、更に学校自体が山の中にあるような所だから交通の便は悪くて、毎日自転車で20分くらいかけて山を…

田舎の風景(フリー写真)

霊感の強い弟の話

高校生の頃、霊感がピークだった弟の話。 弟には小さな頃から霊感の強い友達が居る(仮にAとする)。 その日、学校帰りに Aの家へ遊びに行く途中のこと。 何ぶん田舎なも…

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。 担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。 放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…

鮒おじさん

小学校4年生の夏休みの事で、今でもよく覚えている。 川と古墳の堀を繋いでいる細い用水路があって、そこで一人で鮒釣りをしてたんだ。 15時頃から始めたんだけど、いつになく沢山…

空き家(フリー写真)

両目を閉じたまま

小学低学年の頃、両親の用事のため、俺は知り合いのおばちゃん家に一晩預けられた。 そこの家は柴犬を飼っていて、俺は一日目の暇潰しにその犬を連れて散歩に出かけた。 土地感のな…

てめぇじゃねぇ!

ある夜のことでした。 会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーを拾いました。 タクシーの中では、運転手さんと色々な話で盛り上がっていました。 そして、タクシーは山…

マッチの灯り(フリー写真)

墓場の幽霊

うちの近所にお墓がある。そこに一人で住んでいるおばあさんが体験した話。 ※ ある夜、そのおばあさんは布団に入って眠っていたが、人の気配を感じて起きたらしい。 だがそんなことは…

13体の死体と老婆

小学生の頃に保健の先生に聞いた話だけど、岐阜の民家であったゾンビ事件は怖かった。 その村は岐阜の小さな村で人口も少ないため、家同士が隣接しておらず、隣の家との距離は100メートル…