滝不動

田舎の風景(フリー写真)

俺のクラスメイトにSという奴が居る。

そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。

「何だよ? 急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話し始めた。

何でも彼は、この冬休み中に先輩に連れ出され『滝不動』に行って来たと言う。

『滝不動』というのは、俺たちの住む山形県ではかなり有名な心霊スポットで、次のような曰くがある。

昔、孫を猫可愛がりしていたお婆さんが居た。

その日も孫をおぶって野良作業をしていたが、誤って持っていた鎌を孫の首に突き刺してしまい、死なせてしまった。

お婆さんは、大事な孫を殺してしまった罪悪感と悲しみから、その地元の霊場である『滝不動』で首を吊り、自らの命を絶ってしまった。

以来、その場を遊び半分で訪れた者には、その老婆の呪いが降り掛かるという。

「そこで写真撮ったんだけど…」

Sは携帯を開いて、俺に画面を突き付けた。

「俺の頭の右上、バッチリ写ってるだろ?」

携帯画面に表示された写真。そこには、真っ暗闇の中にぼんやりと浮かんでいるS。

そして彼の言う頭部右上には、まるで『アカンベー』をするかのように舌をデロリと出している老婆の顔がバッチリと写っていた。

「この日以来、毎晩金縛りに合うし、急に心臓の辺りが痛くなるし。

この間なんか母ちゃんに、

『アンタ最近老けたんじゃない? 目尻の皺すごいよ? 変な薬やってんじゃないでしょうね?』

とか言われるし、おっかなくてしょうがねーんだよ」

彼は親御さんに今回の事を話しはしたが、あまり真剣に取り合ってくれなかったらしい。

俺はすっかり消沈したSを見て、何とかしてやりたいと思ったが、霊媒師になんて伝は無いし、どうしようもなかった。

それから数日、Sは見る見るうちにやつれて行った。見ていて痛々しかった。

そしてとうとう、先週の学校の昼休みに、Sは胸を押えながら倒れてしまった。

Sは救急車に運ばれたが、医者には「どこにも異常は見当たらない」と言われたらしい。

それで漸く事態の大事に気付いたSの親御さんは、とあるお寺に彼を連れて行った。

Sはそのお寺のご住職に、こんな話を聞かされたと言う。

「年に5、6人、あんたみたいな人がここを訪れて来る。

あの場所はな、自分と折り合いのつかない嫁に当て付けるために、何の罪もない己の孫を殺した、恐ろしい外道の居る場所なんだぞ。

これに懲りたら、もう二度とあの場所に近付いてはいけない」

住職によると、これが『滝不動』の曰くの真相だという。

Sは来週も、除霊のためにそのお寺に行くそうだ。

滝壺(ゆんフリー素材)

好きだった叔父さん

小学生の頃、家に叔父さんが居候していた。 叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も払えなくなってアパートを追い出され、毎日やることも無く俺んちでゴロゴロしていた。 収入も無…

お化け煙突

数年前の事ですが、私の職場にKさんという人が転勤してきました。 Kさんは、私と同じ社員寮に住むことになったのですが、しばらくして、私と雑談している時に 「寮の窓から見える高…

ネットカフェ(フリー写真)

ネットカフェの恐怖体験

ネットカフェを三日間連続で利用したことがあったんだけどさ、36時間以上は連続利用出来ないから一度追い出されるのね。 今までマッサージチェアやリクライニングチェアがある部屋しか使わ…

田んぼ

蛇田

自分の住んでいる所は田舎の中核都市。 田んぼは無くなっていくけど家はあまり建たず、人口は増えも減りもせず、郊外に大型店は出来るものの駅前の小売店は軒並みシャッターを閉めているよう…

森の小屋(フリー写真)

牛の森

俺の地元に『牛の森』と呼ばれる森がある。 森から牛の鳴き声が聞こえるのでそう呼ばれている。 聞こえると言われている、とかそういうレベルじゃない。本当に聞こえる。 俺自…

真夜中の訪問者

私には父親が生まれた時からいなくて、ずっと母親と二人暮しでした。 私がまだ母と暮らしていた17歳の頃の事です。 夜中の3時ぐらいに「ピーー」と玄関のチャイムが鳴りました。 …

タクシー(フリー写真)

タクシーの先客

M子さんは、新宿から私鉄で一時間ほどの所に住んでいる。 その日は連日の残業が終わり、土曜日の休日出勤という事もあって、同僚と深夜まで飲み終電で帰る事になった。 M子さんの通…

抽象模様(フリー画像)

ヤドリギ

あまり怖くなかったらすまん。ちょっと気になることが立て続けにあったんで聞いて欲しいんだ。 自分は子供の頃からオカルトの類が大好きでな、図書館などで読んでいたのは、いつも日本の民話…

裏山

危険な好奇心(後編)

あれから5年。俺達3人はそれぞれ違う高校に進んで、すっかり会うこともなくなっていた。 あの「五寸釘の女」事件は忘れることが出来ずにいたが、記憶は曖昧になり、その恐怖心はかなり薄れ…

少年のシルエット(フリー写真)

自称長男

警官をしている友人が、数年前に体験した話。 そいつは高速道路交通警察隊に勤めているのだけど、ある日、他の課の課長から呼び出されたらしい。 内容を聞くと、一週間前にあった東…