滝不動

田舎の風景(フリー写真)

俺のクラスメイトにSという奴が居る。

そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。

「何だよ? 急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話し始めた。

何でも彼は、この冬休み中に先輩に連れ出され『滝不動』に行って来たと言う。

『滝不動』というのは、俺たちの住む山形県ではかなり有名な心霊スポットで、次のような曰くがある。

昔、孫を猫可愛がりしていたお婆さんが居た。

その日も孫をおぶって野良作業をしていたが、誤って持っていた鎌を孫の首に突き刺してしまい、死なせてしまった。

お婆さんは、大事な孫を殺してしまった罪悪感と悲しみから、その地元の霊場である『滝不動』で首を吊り、自らの命を絶ってしまった。

以来、その場を遊び半分で訪れた者には、その老婆の呪いが降り掛かるという。

「そこで写真撮ったんだけど…」

Sは携帯を開いて、俺に画面を突き付けた。

「俺の頭の右上、バッチリ写ってるだろ?」

携帯画面に表示された写真。そこには、真っ暗闇の中にぼんやりと浮かんでいるS。

そして彼の言う頭部右上には、まるで『アカンベー』をするかのように舌をデロリと出している老婆の顔がバッチリと写っていた。

「この日以来、毎晩金縛りに合うし、急に心臓の辺りが痛くなるし。

この間なんか母ちゃんに、

『アンタ最近老けたんじゃない? 目尻の皺すごいよ? 変な薬やってんじゃないでしょうね?』

とか言われるし、おっかなくてしょうがねーんだよ」

彼は親御さんに今回の事を話しはしたが、あまり真剣に取り合ってくれなかったらしい。

俺はすっかり消沈したSを見て、何とかしてやりたいと思ったが、霊媒師になんて伝は無いし、どうしようもなかった。

それから数日、Sは見る見るうちにやつれて行った。見ていて痛々しかった。

そしてとうとう、先週の学校の昼休みに、Sは胸を押えながら倒れてしまった。

Sは救急車に運ばれたが、医者には「どこにも異常は見当たらない」と言われたらしい。

それで漸く事態の大事に気付いたSの親御さんは、とあるお寺に彼を連れて行った。

Sはそのお寺のご住職に、こんな話を聞かされたと言う。

「年に5、6人、あんたみたいな人がここを訪れて来る。

あの場所はな、自分と折り合いのつかない嫁に当て付けるために、何の罪もない己の孫を殺した、恐ろしい外道の居る場所なんだぞ。

これに懲りたら、もう二度とあの場所に近付いてはいけない」

住職によると、これが『滝不動』の曰くの真相だという。

Sは来週も、除霊のためにそのお寺に行くそうだ。

叩いている

高校の時、仲の良い友人が「週末、家に泊まらない?」って誘ってきた。 「親もいなしさ、酒でも飲もーぜ」って。 特に用事もなかったけど、俺は断った。 でも、しつこく誘って…

最後の疑問

最近友人は 2ヶ月間タイに行ってきた。 まあ、日本円で千円も出せば一泊できるような安宿に泊まったらしい。 どこの国でもそうなのかも知れないが、やはり日本人旅行者は狙われる。…

公園の違和感

夜遅くの帰り道、公園の横を通った。遠くから歩きながら公園の方を見ると、なんか違和感がある。 近づいていくと、違和感の正体が分かった。電信柱の長さが違う。一方の電信柱の上に、髪が長…

田舎で起きた事件

これは実際に起こった事件にまつわる話。 今から15年前、俺は当時10歳だった。 俺の地元は山形県の中でも更に田舎なところで、ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。 …

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。 そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。 そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

山小屋(フリー画像)

けんけん婆あ

子供の頃は近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊んでいた。 この山の通常ルートとは別の、獣道や藪を突っ切った先には謎の廃屋があり、俺たちにしてみれば…

マンション(フリー写真)

縦に並んだ顔

自動車事故に遭い鞭打ち症になったAさんは、仕事も出来なさそうなので会社を一週間ほど休むことにした。 Aさんは結婚しているが、奥さんは働いているため昼間は一人だった。 最初の…

折詰め

近所の中華屋でラーメンを食ったんだが、金を払おうとしたら店主がいらないと言うんだ。 「今日でお店終わり。あなたが最後のお客さん。ひいきにしてくれてありがとう。これ、おみやげ」と、…

花魁の襖絵

友人Mが大学生だった頃のお話です。 名古屋の大学に合格したMは、一人住まいをしようと市内で下宿を探していました。 ところが、条件が良い物件は尽く契約済みで、大学よりかなり離…