滝不動

田舎の風景(フリー写真)

俺のクラスメイトにSという奴が居る。

そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。

「何だよ? 急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話し始めた。

何でも彼は、この冬休み中に先輩に連れ出され『滝不動』に行って来たと言う。

『滝不動』というのは、俺たちの住む山形県ではかなり有名な心霊スポットで、次のような曰くがある。

昔、孫を猫可愛がりしていたお婆さんが居た。

その日も孫をおぶって野良作業をしていたが、誤って持っていた鎌を孫の首に突き刺してしまい、死なせてしまった。

お婆さんは、大事な孫を殺してしまった罪悪感と悲しみから、その地元の霊場である『滝不動』で首を吊り、自らの命を絶ってしまった。

以来、その場を遊び半分で訪れた者には、その老婆の呪いが降り掛かるという。

「そこで写真撮ったんだけど…」

Sは携帯を開いて、俺に画面を突き付けた。

「俺の頭の右上、バッチリ写ってるだろ?」

携帯画面に表示された写真。そこには、真っ暗闇の中にぼんやりと浮かんでいるS。

そして彼の言う頭部右上には、まるで『アカンベー』をするかのように舌をデロリと出している老婆の顔がバッチリと写っていた。

「この日以来、毎晩金縛りに合うし、急に心臓の辺りが痛くなるし。

この間なんか母ちゃんに、

『アンタ最近老けたんじゃない? 目尻の皺すごいよ? 変な薬やってんじゃないでしょうね?』

とか言われるし、おっかなくてしょうがねーんだよ」

彼は親御さんに今回の事を話しはしたが、あまり真剣に取り合ってくれなかったらしい。

俺はすっかり消沈したSを見て、何とかしてやりたいと思ったが、霊媒師になんて伝は無いし、どうしようもなかった。

それから数日、Sは見る見るうちにやつれて行った。見ていて痛々しかった。

そしてとうとう、先週の学校の昼休みに、Sは胸を押えながら倒れてしまった。

Sは救急車に運ばれたが、医者には「どこにも異常は見当たらない」と言われたらしい。

それで漸く事態の大事に気付いたSの親御さんは、とあるお寺に彼を連れて行った。

Sはそのお寺のご住職に、こんな話を聞かされたと言う。

「年に5、6人、あんたみたいな人がここを訪れて来る。

あの場所はな、自分と折り合いのつかない嫁に当て付けるために、何の罪もない己の孫を殺した、恐ろしい外道の居る場所なんだぞ。

これに懲りたら、もう二度とあの場所に近付いてはいけない」

住職によると、これが『滝不動』の曰くの真相だという。

Sは来週も、除霊のためにそのお寺に行くそうだ。

無人マンション

会社までの通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。 こ…

天国と地獄(フリー写真)

連れて行く

2年前、とある特別養護老人ホームで、介護職として働いていた時の話です。 そこの施設は、はっきり言って最悪でした。 何が最悪かと言うと、老人を人として扱わず、物のように扱う…

騙されないぞ

飲み会が終わって終電に乗った時の話。 帰宅ラッシュとは逆方向だったので、めちゃめちゃ空いてた。 しばらくしたら車両には俺と草臥れたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。…

四国の夜空

四国八十八箇所逆打ちの旅

四国八十八箇所を逆に回る「逆打ち」をやると死者が蘇る。 映画「死国」の影響で、逆打ちをそういう禁忌的なものと捉えている人も多いのではなかろうか? 観光化が進み、今はもう殆ど…

和室(フリー素材)

不気味な唄

小学生の頃の話なんだけど、友達の家に隠し部屋があった。 入った事は無かったんだけど、明らかにそこだけ壁が違った。 壁を叩くと中から唸り声が聞こえたりして怖かった記憶がある。…

クレーマーの家系

うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。 ・学生時代のある日、父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す ・その後、父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰し…

田舎の風景

白ん坊

このお話の舞台は詳しく言えないけれど、私の父の実家がある場所にまつわるお話。 父の実家はとにかくドが付く程の田舎。集落には両手で数えきれる程しか家がない。 山奥なので土地だ…

白い人影

高校生の時に某飲食チェーンでバイトしてたんだけど、その時の社員さんに聞いた話。 その社員さん(Aさん)は、中学生の時に親戚の叔父さんが経営する倉庫で、夏休みを利用してバイトするこ…

雪山(フリー写真)

埋めたはずなのにな…

ラジオで聞いた、カメラマンの方が体験した話。 ※ ある雪山へ助手と撮影に行った。雑誌の仕事だった。 撮影何日か目に助手が怪我をした。 まだ予定枚数が撮れていないので、雪…

夜の山道(フリー写真)

夫の墓守

俺が大学生の頃の話。 熊本大学に通っていたのだが、大学の周りには竜田山があり、その山道には霊園があった。 当時、俺は学園祭の実行委員会だった。 それで授業が終わる夕方…