滝不動

田舎の風景(フリー写真)

俺のクラスメイトにSという奴が居る。

そいつがいきなり「お前、霊媒師とか詳しい?」と訊ねてきた。

「何だよ? 急に」と訝しがると、彼は神妙な面向きで話し始めた。

何でも彼は、この冬休み中に先輩に連れ出され『滝不動』に行って来たと言う。

『滝不動』というのは、俺たちの住む山形県ではかなり有名な心霊スポットで、次のような曰くがある。

昔、孫を猫可愛がりしていたお婆さんが居た。

その日も孫をおぶって野良作業をしていたが、誤って持っていた鎌を孫の首に突き刺してしまい、死なせてしまった。

お婆さんは、大事な孫を殺してしまった罪悪感と悲しみから、その地元の霊場である『滝不動』で首を吊り、自らの命を絶ってしまった。

以来、その場を遊び半分で訪れた者には、その老婆の呪いが降り掛かるという。

「そこで写真撮ったんだけど…」

Sは携帯を開いて、俺に画面を突き付けた。

「俺の頭の右上、バッチリ写ってるだろ?」

携帯画面に表示された写真。そこには、真っ暗闇の中にぼんやりと浮かんでいるS。

そして彼の言う頭部右上には、まるで『アカンベー』をするかのように舌をデロリと出している老婆の顔がバッチリと写っていた。

「この日以来、毎晩金縛りに合うし、急に心臓の辺りが痛くなるし。

この間なんか母ちゃんに、

『アンタ最近老けたんじゃない? 目尻の皺すごいよ? 変な薬やってんじゃないでしょうね?』

とか言われるし、おっかなくてしょうがねーんだよ」

彼は親御さんに今回の事を話しはしたが、あまり真剣に取り合ってくれなかったらしい。

俺はすっかり消沈したSを見て、何とかしてやりたいと思ったが、霊媒師になんて伝は無いし、どうしようもなかった。

それから数日、Sは見る見るうちにやつれて行った。見ていて痛々しかった。

そしてとうとう、先週の学校の昼休みに、Sは胸を押えながら倒れてしまった。

Sは救急車に運ばれたが、医者には「どこにも異常は見当たらない」と言われたらしい。

それで漸く事態の大事に気付いたSの親御さんは、とあるお寺に彼を連れて行った。

Sはそのお寺のご住職に、こんな話を聞かされたと言う。

「年に5、6人、あんたみたいな人がここを訪れて来る。

あの場所はな、自分と折り合いのつかない嫁に当て付けるために、何の罪もない己の孫を殺した、恐ろしい外道の居る場所なんだぞ。

これに懲りたら、もう二度とあの場所に近付いてはいけない」

住職によると、これが『滝不動』の曰くの真相だという。

Sは来週も、除霊のためにそのお寺に行くそうだ。

病院(無料背景素材)

カウンセラーの伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…と言うより、 『薬などの治療で治せない患者さんの話し相手になり、症状を精神的な面から改善させる』 というような仕事をしていた。カウンセラーと…

江ノ島

海水浴で見た親子

俺は毎年7月下旬の平日に有給休暇を取り、湘南まで一人で海水浴に行っている。 土日は人が多いし彼女や友達と一緒も良いけど、一人の方が心置きなく一日砂浜に寝そべってビールを飲み、日頃…

ごうち(長編)

ある新興住宅地で起こった出来事です。 そこはバブル期初期に計画が出来、既存の鉄道路線に新駅を作り広大な農地を住宅地へと作り変えて、駅の近辺には高層マンションやショッピングモールな…

縁の下

あるタクシー運転手の奥さんが、まだ5才になったばかりの子を残して亡くなってしまった。 父親は仕事柄出掛けている時間が長く、そのあいだは隣の家に子どもを預けていた。 しかし、…

遺言ビデオ

会社の同僚が亡くなった。 フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて、家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。 Kのフリークライミングへの入れ…

電脳に棲む神

大学時代の友人の話。 そいつは結構なオタクで、今でも某SNSにガチオタな話題をバンバン日記に書くようなSE。 この前、たまたま新宿で会って「ちょっと茶でも飲もうや」というこ…

巨頭オ

男はふとある村の事を思い出した。 数年前、一人で旅行した時に立ち寄った小さな旅館のある村。 心のこもったもてなしが印象的で、なぜか急に行きたくなった。男は連休に一人で車を走…

アパート

宗教団体のアパート

小学生の頃、友人にMちゃんという子がいた。 Mちゃんの両親(特に母親)は宗教好きで、よく解らないけど色々やっていたようだった。 家に遊びに行くと、絵の得意だった自分に半紙を…

村

祟り神

中学生の頃に祖父から聞いた話。 俺の地元の山には神主も居ない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。 大半…

猿夢

私は、夢をみていました。 昔から夢をみているとき「私は今夢をみているんだ」と自覚することがあり、この時もそうでした。 なぜか私は一人薄暗い無人駅にいました。ずいぶん陰気臭い…