電柱から覗く女の子

girl_half_face_sketch_by_danydroop-d6mif1c

関西圏からの報告で多い話を一つ。

友達と何人かで遊んでいて、夕方ぐらいになるとこちらをそっと覗いている小学校高学年位の女の子がいる。

その子は木や電柱、校舎の壁などから顔を半分ほど出し、こちらを見ているらしい。

友達と数人で遊んでいる時に決まって現れる女の子だったので、「きっと一緒に遊びたいのだろう。いっちょ誘ってみるか」ということになった。

その日は校庭に植えてある木から覗いてきていたので、その子のそばに行き

「良かったら一緒に遊ばない?」

と声をかけてみる。

すると女の子は、恥ずかしくなったのか顔を引っ込めてしまった。

もう一度誘おうと木の裏に回ってみたが、そこに姿は無く、更に離れた木の横から顔を覗かせている。

また声をかけるが、先程と同様に隠れてしまった。

結局それを2、3回繰り返したが、その子は最後まで一緒に遊ぶことはなかった。

その帰り道。

日も沈みかけ、辺りも暗くなってきた道をみんなで歩いていると、一人の友人が気付いた。

「あの子、ついて来てる」

みんなが後ろを振り向くと、例の子が電柱の影からこちらを覗いている。

『帰り道一緒だったのかな? 何なら一緒に…』と思った時、異様なことが起こった。

少し離れたところから覗いていた女の子の顔が、スッと電柱に隠れた次の瞬間、すぐ手前の電柱からまた顔を覗かせたのだ。その間数秒もない。

みんなで顔を見合わせる。次の瞬間にはみんな「うぉぉぉぉぉぉぉ!!!」と悲鳴にもつかない大声を上げて走り出していた。

その後、家の郵便受けから覗いていたり、5階建てのマンションから覗いていたりと色々な報告があるが、共通してあるのは「顔半分だけ覗かせる」「女の子」「瞬時に移動する」という部分であろう。

何のために覗いているのか詳細は判っていない。

アパート(フリー写真)

暗い部屋

大学2年生の冬、住んでいたアパートの契約が切れるところだったので心機一転、引越しをしようと部屋探しをしていた。 不動産屋へ行き希望を伝えると、駅から近くて割と綺麗なマンションを紹…

トンじい

私の出身地は、古くから部落差別の残る地域でした。 当時、私は小学生でした。部落差別があると言っても、それは大人の世界での話で、幼い私には差別など解りませんでした。 子供同士…

小島(フリー写真)

海女さんの心霊体験

私は23歳で、海女歴2年のあまちゃんです。 泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしていますが、不思議な体験をした事があります。 ※ 海女になりたての頃、自分に付い…

抽象画

神谷のおばさん

俺が中学生の時、『神谷のおばさん』という有名人がいた。 同級生神谷君の母親なので『神谷のおばさん』な訳だが、近所はもちろん同じ中学の奴まで、殆ど神谷のおばさんを知っているほど有名…

工事現場(フリー写真)

マンホールの男

昔、警備会社の夜勤をやっていた時の話。 多くは国道の道路工事の現場で、車通りの多い道で騒がしい音の中働いていた。 ある日、珍しく裏道の仕事が回って来た。 その細い裏道…

お婆さんの願い

会社の仕事を終え、夜の帰り道。 最寄り駅から自宅まで歩いていると、帰路途中の家のドアが開いていて、お婆さんが手招きをしていた。 『高いところにあるものを取って欲しいとか、そ…

黒いモノ

2年前の話をします。 当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった。 父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたし、どちらかというと頭がよく回転…

廃病院

廃病院での心霊体験

まだ俺が大学に居た頃だから、もう2、3年前になると思う。 田舎を出て県外の大学に通っていた俺に、実家から「婆ちゃんが倒れた」と電話があった。 昔から色々と面倒を見てくれてい…

天保の飢饉

天保の飢饉(1832~1839年)は、連年の凶作の結果、全国にその影響が及ぶほど凄まじいものであった。 しかも、飢饉は7年間の長きに渡って延々と続いたのであった。鶏犬猫鼠の類まで…

ホテルの部屋(フリー写真)

真っ黒い塊

2年程前の話です。 広島から都内の会社の内定式に参加した私は、そのまま会社近くのビジネスホテルに一泊する事にした。 そのホテルは1階と2階が証券会社。3階と4階が客室。5階…