バチカンの全ての情報を握る男が失踪

公開日: 世界の謎

the-nsa-trained-edward-snowden-to-be-an-elite-hacker

キリスト教カトリックの総本山バチカン市国。

このバチカンは世界最高峰のセキュリティを誇るコンピューターシステムを持ち、その中にありとあらゆるバチカンに関するデータが保存されていると言われている。

バチカンのコンピューターセキュリティはアメリカの国防総省より強固と言われ、そのセキュリティを破るのは世界中のハッカーの目標となっていた。

しかし、ある一人の男が最強のセキュリティを誇るバチカンのシステムへのハッキングに成功した。

その男というのは30代の若きハッカーだった。その他、名前も国籍も判らないがここでは「彼」と呼ぶ。

つまり彼は「バチカンの極秘情報データにアクセスした」という事になり、この情報に触れたのはバチカン上層部の一部の人間以外では、歴史上で初めての事だった。

バチカンは彼をすぐさま見つけ出し、処罰はせずにそのままコンピューターセキュリティの最高責任者として迎え入れた。

そして彼のおかげでセキュリティシステムはさらに強固なものになったが…その彼が失踪してしまった。

元ハッカーの彼が何故失踪したのかは判っていないが、莫大な情報へのアクセスコードを持ったまま失踪したと思われる。

彼の失踪が前ローマ法王ベネディクト16世の退位の原因ではないかとも言われている。

近いうちに、キリスト教の本当の歴史や『ファティマ第三の預言』の内容などが流出してくるかもしれない。

関連記事

バズビーの椅子

1702年、イギリスの北ヨークシャー州、サースク村に住むトーマス・バズビーは妻の父親を殺害した罪で絞首刑に処され、殺人犯としてその一生を終えた。 彼には生前、長年愛用した椅子が一…

神々と魔物の戦争

俺は青森に住んでいるんだけど、青森って霊能力者みたいな人がかなり多い。 俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で、火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんも来る。 それで大…

謎の生物

5年くらい前、カンザスで釣りをしていたときのことだ。 あたりが暗くなってきて、もう帰ろうかと思った時、川の向こう岸にある生き物がいることに気が付いたんだ。 背の高さは 1.…

ペガサス計画

CIA(中央情報局)とDARPA(国防高等研究計画局)が中心となったアメリカの極秘の時空トラベルプロジェクト「ペガサス計画」をご存知だろうか? タイムトラベル技術を応用して月や火…

第二次世界大戦で使われた黒魔術

第二次世界大戦中の日本の味方と言えばドイツとイタリアであったが、日本とドイツは最後の最後まで同盟関係を維持し戦い切ったという。 但し、日独が直接的に共同作戦を展開する事は地理的な…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。 米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

花々

聖徳太子の予言とクハンダの謎

聖徳太子は1300年前の日本に実在した人物として広く知られていますが、彼が優れた予言者であったことはあまり知られていません。 聖徳太子が予言した未来は、その的中率が驚異的であっ…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。 自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

前世の記憶を持つ3歳児

数々のミステリーを紹介する YouTube動画チャンネル「Strange Mysteries」によれば、なんと「前世の記憶」を持つ少年がいるという。 しかも、数世紀前の話ではなく…

古代核戦争説

有史以前の地球に近代人の知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説。または、四大文明および同時代の文明が核戦争により滅亡したという説。 常識的な歴史観に反する…