イエスの雛形

公開日: 世界の謎

jesus-of-nazareth-luis-ortiz

エジプトのホルス 紀元前3000年
処女懐妊、12月25日生まれ。
厩で誕生、誕生を知らせる東方の星。救世主の誕生として3人の王がかけつけて祝った。

12歳で天才児として教育者になる。30歳で洗礼を受け、聖職活動を始めた。

12人の弟子と布教の旅、病を治す、水の上を歩く。太陽神、真実、光、神の子、よき羊飼い、神の羊などと呼ばれた。

十字架による磔で死亡、3日後に復活。

ギリシアのアティス 紀元前1200年
処女懐妊、12月25日生まれ、磔で死亡、3日後に復活。

ペルシアのミスラ 紀元前1200年
処女懐妊、12月25日生まれ、12人の弟子、奇跡を起こす、死後3日で復活、礼拝日は日曜。

インドのクリシュナ 紀元前900年
処女懐妊、誕生を知らせる東方の星、弟子たちと数々の奇跡を起こす、死後復活。

ギリシアのダイナイシス 紀元前500年
処女懐妊、12月25日生まれ、水をワインに変える、王の中の王、アルファでありオメガ、死後復活。

イエスと同時期に生きていた沢山の歴史家の中でイエスの事を書き残している人は1人もいない。

ローマの歴史家タキトゥスなどが書き残していると反論する人もいるが、彼は「キリスト(救世主)信奉者」について少し触れているだけで「ナザレのイエス」については一言も書き残していない。

それでもヨセフスやスエトニウスなど、イエスの事を書き残した者は他にもいると言い張る牧師や神父たちもいるが、虚しい嘘である。

誰がどこに何と書き残したのかを説明できる者は誰一人いないのである。

・ホルスは世の光であった。イエスもまた世の光であった。
・ホルスは真理であり命であった。イエスもまた道であり真理であり命であった。
・ホルスはアヌ(パンの土地)で生まれた。イエスはベツレヘム(パンの家)で生まれた。
・ホルスは良き羊飼いであった。イエスも良き羊飼いであった。
・7人の者たちがホルスと同じ舟に乗った。7人の漁夫がイエスと同じ舟に乗った。
・ホルスは子羊であった。イエスもまた子羊であった。
・ホルスは十字架によって象徴される。イエスもまた十字架で象徴される。
・ホルスは30歳で洗礼を受けた。イエスが洗礼を受けたのも30歳のときだった。
・ホルスは処女イシスの子だった。イエスは処女マリアの子であった。
・ホルスの誕生は、星によって予兆された。イエスの誕生もまた、星によって予兆された。
・ホルスは、子供のときに寺院で教えていた。イエスもまた、子供のときに寺院で教えていた。
・ホルスには12人の追従者がいた。イエスにも12人の追従者がいた。
・ホルスは明けの明星だった。イエスもまた、明けの明星だった。
・ホルスは、クルストであった。イエスは、キリストであった。
・ホルスは、山上でセトに誘惑された。イエスは、山上でサタンに誘惑された。

バビロニアのタンムズから派生したホルスは、のちにイエスの雛形となった。

関連記事

ユダヤ系の勢力

アメリカ社会の支配階層は、「WASP」と言われる。すなわち、ホワイト(白人)であり、それもアングロサクソンであり、かつプロテスタントという人種が、あらゆる分野で中心的な役割を担…

続・ペガサス計画

「ペガサス計画」にまた一人、証言者が現れた。Daily Mirrorが報道したところによれば、キャプテン・ケイと名乗る退役海兵隊員が17年間、火星に作られた軍事基地に配属されて…

前世を詳細に語る幼児

「前世」というものの概念すらないであろう幼い子が、突然それを語り始めて親を驚かせたという話が稀にある。米国では今、オハイオ州の幼い男の子が自分の前世を語り、それが1993年に起…

ファティマ第三の預言

1917年、ポルトガルにあるファティマという村に住む3人の少女(ルシア・フランシスコ・ヤシンタ)の前に、聖母マリアが6回に渉り出現し、最後の日には10万人の大観衆の前で奇跡を現出させ、…

グリゴリー・ラスプーチン

帝政ロシア末期の祈祷僧。シベリア、チュメニ州ポクロフスコエ村出身。奇怪な逸話に彩られた生涯、怪異な容貌から怪僧・怪物などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくり、歴史的な人物…

オレゴンの渦

アメリカ合衆国、オレゴン州グランツ・パスから50キロメートル程の地点に、磁場が狂った場所・オレゴンの渦(オレゴン・ヴォーテックス)と呼ばれる不思議な場所がある。まだアメリカが開…

犬と結婚した男

現在、インドには日本の人口の約10倍となる約12億人が暮らしている。ゆえに、それだけ人がいれば変わり者も多い。2012年に『犬と結婚した男がインドいる』とネット上で話題になった…

旧約聖書の予言

1992年6月、新聞記者だったマイクル・ドロズニンは取材でイスラエルに訪れ、そこである科学者と出会う。彼の名はエリヤフ・リップス博士。そしてリップスは「かつてあったこと、今ある…

自殺の聖歌『暗い日曜日』

1936年2月、ハンガリーのブダペスト市警が靴屋主人ジョセフ・ケラーの死亡現場を調査中、奇妙な遺書を発見した。自殺したケラーが書き残したその走り書きのような遺書には、とある歌の…

神々と魔物の戦争

俺は青森に住んでいるんだけど、青森って霊能力者みたいな人がかなり多い。俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で、火葬場に親族一同集まった事がある。当然坊さんも来る。それで大…