エレベーターの11階

公開日: ほんのり怖い話 | 不思議な体験

団地(フリー写真)

18年前に体験した話です。

中学生の頃に朝刊を配る新聞配達のバイトをしていたのだけど、その時に配達を任されていた場所が、大きな団地1棟とその周りだけだった。

その大きな団地はその頃の建物にしては階層が高く、地域でもかなり目立つ建物だった。

高い建物だったからか、その団地では何度か飛び降り自殺があってね。

それでお約束のように色々噂があったので、その団地の担当になった時は本当に嫌で仕方がなかった。

怖さに慣れるのに1ヶ月以上かかったけど、何とか慣れてきた時の事。

その団地の配達をする時は、まずエレベーターで一気に最上階まで行き、そのフロアを配り終えたら階段で1階ずつ下って行く。

そんな方法で配っていて、その日も配り終えた後に一つ仕事を忘れていることに気が付いた。

その日はたまたま新聞と一緒に封筒を入れなければならない家があり、その事を忘れていてまた戻る事になった。

その家が11階だったのでエレベーターを使い、その家に封筒を入れてエレベーターの所まで戻って来た時には、エレベーターは最上階で止まっていた。

普段は下りで乗る事はないけど、その時はもちろんエレベーターを使おうと少し上の最上階から降りて来るの待っていたら、一つ上の階でエレベーターが止まった。

エレベーターのすぐ横に階段があるので、誰かが上に居たら気配や音ですぐ分かるような状態なのに、そのどちらも全くなかった。

もちろんエレベーターに乗り込む気配も音もしない。

自分に霊感は全くないけど、その時は物凄く嫌な感じがしたのは覚えている。

その後、何と言うか固まってしまったと言うか、情けないがビビってしまったとでも言うのか…。

そのエレベーターが自分が居る11階に来るまで、手足に鳥肌を立てながら動けないでいた。

そして自分の居る階でエレベーターが止まり、扉が開いた。

中が見える前に髪の毛が総毛立つように思えたのは、あの時が初めてだと思う。

中には二人乗っていた。

オレンジ色のレインコートのような感じのものを着た小太りの女の人と、その子供らしき、同じくレインコートを着ている女の子が、手を繋いでこちらに背を向けて立っていた。

扉が開いて閉まるまでの間、10秒程度だったと思うけど、自分には永遠の時間のように長く感じた。

その間、二人は全くこちらを見ないし、ピクリとも動かなかった。

それが生きていた人であろうとなかろうと、もう自分には関係なかった。

怖かったが階段で降り、会社に戻って即辞める事を告げ、制止も聞かずに家に帰ってしまった。

後で他の配達員に聞いたら、自分と同じ体験をした人は居なかった。

でも変な者を見たり、変な声を聞いたなどの理由で辞めて行った人は結構居たらしい。

山道(フリー写真)

地図に無い土地

仕事場へ行くのに便利な山道があり、そこをバイクで通っていた時の話。 山道の途中に小さな集落があって、暫く行くとこんもりとした丘上になっている山があった。 何気に山道からそ…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。 当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。 「ペアで登頂中にひとりが転落し…

臨死体験

けっこう昔の出来事なんだけど、俺が小学生のとき臨死体験にあった。海水浴場で溺れて死にかけたことがきっかけだった。 家族で行った海水浴場で、俺がそこで泳いでいるときに突然足がつって…

呼び寄せられた仲間

僕が大学生のころ。あれは確か昭和63年12月の出来事でした。 同じ高校の友達と2人で神戸三宮に出ていたら、別の高校卒業以来の友達と出くわした。 「おお、久々じゃないか」となって…

未来から来た男

俺が小学校低学年の時、25年くらい前かな。 当時住んでたとこの近くに公園があった。 ある日、友達と遊んでて帰りが遅くなったとき、公園のところを通ったとき、20歳くらいの人に…

木造校舎の教室(フリー写真)

赤い扉から聞こえる声

私が小学生の頃に体験した話。 一学期に一回、クラス内で模擬店をする時間があった。 小学生にとってはお店屋さんごっこをさせられる時間でしかなかったが、他クラスが勉強をしてい…

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。 前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。 運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、 …

ソックリさん

近所のツタヤに行って今日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたら、「今日の朝10時からですよ」って言われてがっかりして帰ろうとしたのね。 そしたら自動ドアで入って来た人とぶ…

四つ葉のクローバー(フリー素材)

おじさんの予言

あれは11年前、某ビール会社の販促員のパートをしている時に、ある酒屋に伺った時のことです。 二回目にその酒屋へ訪問の際、お店の娘さんに 「あなたに膜のようなものが掛かって見…

山(フリー写真)

山に棲む大伯父

もう100年は前の事。父方の祖母には2歳離れた兄(俺の大伯父)が居た。 その大伯父が山一つ越えた集落に居る親戚の家に、両親に頼まれ届け物をしに行った。 山一つと言っても、子…