宇宙人の魂

宇宙(フリー画像)

俺が小学4年生くらいの頃に体験した不思議な話。

夏休みに家族4人(父、母、俺、妹)で、富士山近くのサファリパークみたいな所へ遊びに行きました(場所ははっきりと覚えていません)。

サファリパークの自然公園のような所で遊んでいると(その時は何故か俺一人)、知らない女の人に声を掛けられました。

こんな感じの会話をしたと記憶しています。

女の人「わたしを覚えてますか?」

俺「わかんない…」(覚えていないけど知っているような、デジャブに似た感覚はありました)

女の人「あなたの本当の母親です」

俺はまだ幼い事もあり、何が起こっているのか全く理解出来ませんでした。

女の人「あなたは本来の地球人ではありません。ある経験を積むために、あなたは地球を選んでやって来ました。

あなたが大人になった頃、驚くべき経験をすることになりますが、何が起こっても全く怖がる事はありません。

私達はいつでもあなたのことを見守っています。また未来にあなたを迎えに来ます。

それまで今の家族を大事にして下さい」

(本当はもっと長かったんだけど、こんな感じの事を話していました)

俺は会話をしている内に、この本当の母親の事を完全に思い出しました。

その女の人は話すだけ話したら空に消えて行きました。

俺は泣きながら「母さん行かないでぇ」と叫んでいました。

消え行く最後まで、女の人は笑顔でずっと俺を見守っていました。

俺は幼いながらも、あまりに急な出来事に暫く放心状態でした。

暫くして今の両親が迎えに来て、俺を探していたようで怒られました。

それでも俺は本当の母親が俺の元から居なくなったとワンワン泣いていました。

親に話したけど全く相手にしてくれませんでした(当たり前か)。

その出来事の後から不思議な能力が芽生えました。

妹の考えている事が黙っていても完全に解る能力と、自然(特に植物)の気持ちが解ったり声が聞こえる能力です。

ただいつでも解る訳ではなく時々しか解りませんが、その時になると自分には解るのです(うまく説明できませんが…)。

妹にはかなり気持ち悪がられました。

あと友達の自転車のチェーン鍵の四桁の暗証番号を一発で当てたこともありました。

まあ、そんな能力も俺が高校くらいになると無くなってしまいましたが…。

学生時代はよくみんなに「おまえは地球人らしくない。もしかして宇宙人じゃねえの?」などと言われていました。

偶にあの時の不思議な記憶を思い起こし、『もしかすると肉体は地球人だけど魂は宇宙人なのかなあ…』と考えてしまいます。

ホテル

生け贄

この間、親父が物置の整理をしていて、夕方居間にガラクタの山を積み上げて昔を懐かしんでいた。 ガラクタの中には古着やレコードや陶人形などがあった。 ふと一枚の写真が目についた…

線路(フリー素材)

北陸の無人駅

昔、北陸の某所に出張に行った時の事。 ビジネスホテルを予約して、そのホテルを基点にお得意様を回る事にした。 最後の所で少し飲んで、その後ホテルに戻る事にした。 ※ ホテ…

雑居ビルの怪

今からもう14年くらい前の、中学2年の時の話です。 日曜日に仲の良い友人達と3人で映画を観に行こうという話になりました。友人達を仮にAとBとします。 私の住んでいる町は小さ…

学校の校庭(フリー素材)

逆上がりさん

小学生の頃、学校の七不思議が幾つもありました。 それはとっくに七不思議を超えていて、私が知る限り50個はあったのです。 その中に『逆上がりさん』という七不思議があって、当時…

時が止まる場所

昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…。 当時俺は、よく友達と近所の大きな公園で、自転車を使った鬼ごっこをしてたんだ。 ある日、リーダー格の友人Aの意見で、公園内だけではつ…

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。 怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。 …

入れ替わった友人

怖くないけど、不思議な小ネタ。若しくは俺が病気なだけ。 俺は今仕事の都合で台湾に住んでる。宿代もかからず日本からも近いから、たまに友達が台湾に遊びに来る。そういう時の話。 …

飲み屋街(フリー写真)

仏壇の異変

叔母さんが久々に俺の家に遊びに来た時、つい先日見たテレビの恐怖特集の話になり、 「幽霊とか居る訳ねーじゃん!」 という会話をしていた時だった。 その叔母さんが、お客さ…

病院のベッド(フリー写真)

子供に視えるもの

旦那の祖父が危篤の時の話。 連絡を受けて私と旦那、2歳の息子とで病院に向かった。 もう親戚の人も来ていて、明日の朝までが山らしい。 息子はまだ小さいので病室にずっと…

竹下通りの裏路地

今から5年前、当時付き合っていた彼女と竹下通りへ買い物に出掛けました。 祭日だったと記憶しています。どこを見ても若者だらけで、快晴の空の下、人混みを避けながら買い物を楽しんでいま…