廃ホテルでの肝試し

公開日: ほんのり怖い話

廃ホテル(フリー写真)

学生時代の夏、男4人と女1人の計5人で、とあるホテルの廃屋へ肝試しに行った。

そのホテルの場所は別荘地のような、周りを森に囲まれた場所に建っていたので、夜23時過ぎに着いた頃には辺りに人の気配は全く無かった。

ホテルの構造は地上3階、地下1階だったように思う。

初めは二人一組くらいの少数でそれぞれ回ろうかと言っていたが、廃屋を目の前にして全員怖気付いてしまった。

そこで全員で同じコースを回ることにし、まずは上を目指し、その後で地下を回って帰ろうと決めた。

僕は5人の中で一番大きな懐中電灯を持っていたので、(物凄く嫌だったが)先頭を歩くことになった。

ロビーに居る時はまだ空間がある分、気持ちに余裕があったが、各部屋へ続く廊下を通る時はどこにも逃げ場が無いような気がして凄く不安を覚えた。

友人の一人が面白半分に部屋を開け、中をライトで照らして遊んでいたが、特別な物も無く変なことも起きなかった。

ただ、鍵が掛かっていて開かない部屋が幾つかあり、こういう時は返って開かないことの方が恐怖感を覚えるのだと思った。

このホテルは廃屋となってからどれくらい経っているのだろうか。

建物自体は割としっかりしていたように思う。

床がギシギシと音を立てたり、天井が落ちかけているようなことは無かったが、窓ガラスは所々割れていて廊下にも破片が落ちていた。

物音一つしない廃屋の中でガラスの破片を踏む音はとても大きく聞こえ、その音が何か変なものをおびき寄せはしないだろうかと不安になった。

2階へ上がったところで、女の子が壁に異様なシミがあるのを見つけた。

「これって、ひょとして…血…?」

彼女が壁のシミを見つけた時、先頭に居た僕は、床のガラスの破片の中に小さな丸い玉のようなものが幾つも落ちていることに気付いた。

気の小さい僕は正面を直視することが出来ず、足元だけを見ていたのだ。

この小さな玉は、エアガンなどに使うBB弾じゃないだろうか。

よく見れば床のあちこちに幾つも落ちている。と言うことは、日中は誰かがこの廃屋へ来ているんじゃないか。

だとしたら、それはペイント弾で付いたシミだろう。

僕がそのことを言おうとした時、シミに怯えて後ずさりした彼女が何かに躓いて尻餅をついた。

その時、

「ガシャガシャガシャ!」

という金属音が建物全体に大きく鳴り響いた。

ブービートラップだった。

僕の予想は正しかった。誰かがサバイバルゲームの舞台にこのホテルを利用していたのだろう。

しかし尻餅をついた彼女はこの音に恐怖してしまい、完全に腰が抜けてしまっていた。

もう少し早く気付いてそのことを伝えてあげれば良かった。彼女には悪いことをしたと思う。

彼女は一緒に来ていた彼氏に連れられ、先に車へ戻って行った。

残った3人は3階へ上がり、そして地下へ入った。

昼間は人が入ることがあるという事実を知り、僕達は幾らか気持ちが楽になった。

各部屋のドアというドアを全て開け、中を確かめて見るという余裕が出来ていた。

地下の部屋は倉庫やプライベートルームなどが並び、一般の客室は無かった。

恐らく半分程に差し掛かった所だと思う。

そこに「ボイラー室」と書かれている部屋があった。

僕はその部屋の扉に張り紙がされているのを見た。

「子どもが出てくるので開けないでください」

僕達3人は我先にと逃げた。

車に戻って冷静になると、あの張り紙もサバイバルゲームをやっている人達のイタズラなのだろうと思った。

いや、逃げる前から察しは付いていた。

でもあの時は、そう解っていても逃げたくなった。

関連記事

柿の木(フリー写真)

拝み屋の不思議な子

うちの母方の家系はいわゆる拝み屋。元は神社だったのだけど、人に譲ってから拝み屋をやっていた。 拝み屋と言っても儲からない。お金は取っちゃいけないから兼業拝み屋。 でもひいじ…

地下鉄(フリー写真)

目に見えない存在の加護

その日はいつも通りに電車に乗って会社へ向かった。 そしていつものようにドアに寄り掛かりながら外の景色を眺めていた。 地下鉄に乗り換える駅(日比谷線の八丁堀駅)が近付いて来て…

綺麗な少女

夏が近くなると思い出すことがある。 中学生の時、ある夏の日のことだ。俺は不思議な体験をした。 夏休みを迎えて、同世代の多くは友達と遊んだり宿題をやったりしていただろう。 …

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

祖母のしたこと

私の一番古い記憶は3歳。木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 手も足もかじかんで、とても冷たい。でも今帰れば母に叱られる。祖母に迎えに来て欲しい、ここはいつも来…

変わった妹

高校生の頃、いつも喧嘩してた妹がいた。喧嘩といって他愛もない口喧嘩で、ある程度言い合ったらどちらかが自然と引く。 ニュースであるような殺傷事件には到底至らないような、軽い喧嘩だっ…

今日でお別れかな

もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話。 結婚を考えていた女性がいた。 ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後、彼女をタクシ…

夜道

散々な彼女

高校時代の彼女H美の話。 H美の家は、少し長めの道路の中間ぐらいに位置していた。夜になると人影も車もまばらになる薄暗い道路だ。 ある時期から、大して人通りもないその道路で事…

登山(フリー写真)

二つの人影

友人に山岳部のやつが居る。そいつが何処だか忘れたが、結構有名な日本の山に部員と登った時の話。 ちょうど山の中腹まで登った頃に濃霧が立ち込めて来て、他のメンバーとバラバラになってし…

自転車置き場(フリー写真)

幽霊を持って帰る

私の叔母が、大型ショッピングモールで清掃のパートをしていた時の話。 オープン当時から一年ほど経ってはいたものの、建物も設備もまだまだ綺麗で、田舎の割に繁盛していた。 しかし…