五回目の人生

桜(フリー写真)

俺には高校時代からの親友Aがいる。

高校時代の当時、Aの自宅には、Aの従兄弟で大学生であるBさんが居候していた。

Aの父親が、Aの大学受験の勉強を見てもらう事を条件に、地方出身のBさんの居候を許可したらしい。

俺はAの家に遊びに行くのが日課だったのだが、徐々にBさんを交えての勉強会になって行った。

Bさんの彼女であるCさんが英文学部だったため、英語だけはCさんに見てもらった。

勉強後、よく四人で進学大学の相談や、将来の職業について話し合った。

勉強会の成果もあって俺とAは第一志望の大学に受かり、BさんとCさんは大学を卒業し、就職一年目で結婚した。

俺とAは大学は違うものの、月に数回は遊ぶ関係が続き、年に数回はBさんCさん夫婦宅にも遊びに行った。

数年後に俺とAは就職し離れた土地へ。それでも里帰りする度にAと会い、年間行事のようにBさんCさん宅に遊びに行った。

しかし四人揃ったのは、今年の正月が最後だった。

今年の春、Cさんは急病で亡くなったのだ。

俺は今年の旧盆、AとBさん宅へお線香を上げに行った。

その際、Bさんから驚くべき話を聞いた。

Cさんが亡くなる前、意識不明状態から奇跡的に意識が戻り、

「伝えたい事がある」

と言い出した。

Cさん「私ね、五回人生をやり戻しているの」

Bさん「えっ?」

Cさん「でもね、人の寿命は変えられないの」

Bさん「お前、大丈夫か?」

Cさん「毎回、信じてもらえないけど、これか私にとって事実なの。

一回目では、Bと大学時代に恋人同士にはなれなくて、二人とも違う相手と結婚。そして二人とも離婚。で、二人は離婚後に再会し結婚。

二回目からは猛アタックして貴方と結婚し、子供を産む事は出来たけど、病死。

三回目も結婚し、子供は病気をする事なく育ったけど、事故死。

四回目からは子供を失う悲しさから逃れたいから、子供は作らなかったの。

そして今回は、四回目までの経験から自分の死の原因を事前に回避していたので、亡くなる事は無いと思ったけど、原因不明の病。

私、死んでもまた時間を溯って、貴方が大学生の時に会って来るよ」

その後、Cさんは亡くなってしまった。

Bさん曰く、

「Cの話した事は、何かのドラマを元にした嘘の話かもしれない。

しかし生きている時間は違っても、元気ならそれで良い」

と話していた。

関連記事

セブンイレブン

未来のお店

俺が6歳の頃の話。当時の俺は悪戯好きで、よく親に怒られていた。怒られたら泣きながら「こんな家出てってやるー」と言って家出し、夕御飯には帰って来るということがよくあった。…

非常階段

数年前、職場で体験した出来事です。その頃、僕の職場はトラブルつづきで、大変に荒れた雰囲気でした。普通では考えられない発注ミスや、工場での人身事故が相次ぎ、クレーム処理に…

無限ループ(フリー素材)

無限ループする世界

高校時代の同級生に「右目を見ると前世が判る」と言う女子が居た。相手の瞳を見ていると、額の前辺りにその人の前世の映像が見えてくるらしい。瞬きはして良いけど、目は逸らしては…

山道(フリー写真)

やまけらし様

俺の家は物凄い田舎で、学校へ行くにも往復12キロの道程を自転車で通わなければならない。バスも出ているけど、そんなに裕福な家でもないので、定期を買うお金が勿体無かった。学…

エレベーター

ワープする部長

会社でのぬるい話をひとつ。コンサル部の部長は時々ワープするらしい。打ち合わせ中に他の場所で目撃されたり、出張中なのにかかってきた電話に出ていたりと、「瞬間移動できる」ま…

集合住宅(フリー素材)

知らない部屋

私が小学校に上がる前の話。当時、私は同じ外観の小さな棟が幾つも立ち並ぶ集合団地に住んでいました。 ※ ある日、遊び疲れて家に帰ろうと「ただいまー」と言いながら自分の部屋の戸…

忠告

先日事故で意識不明、心肺停止状態で病院に運ばれた時、気が付くと処置室で自分が心臓マッサージをされているところを上から見ていたんです。これが幽体離脱というやつだなと解って、自分の…

北海道の海(フリー素材)

イセポ・テレケ

十年以上も昔の話。会社の先輩と中学以来の友人と俺の三人で、盆休みに有給を足して十一日間の北海道旅行へ出掛けた。車一台にバイク一台の、むさ苦しい野郎だけの貧乏旅行だったが、それは…

男の子のシルエット(フリー素材)

消えて行く同級生

小学校から仲の良かったAとBと自分。高校からは学校が分かれたのだが、お互い実家は近所だったので偶に町中で会ったりしていた。 ※ しかし私が県外の専門学校へ入学し、Bが市内の…

霧島駅

実際にその駅には降りていないし、一瞬の出来事だったから気の迷いかもしれないけど書いてみようと思う。体験したのは一昨日の夜で、田舎の方に向かう列車の中だった。田舎と言って…