巻き戻る時間

砂時計(フリー写真)

10年程前、まだ小学生だった私は、家で一人留守番をしていました。

母親に注意もされず、のびのびとゲームを遊ぶことが出来てご満悦でした。

暫く楽しく遊んでいると、電話が掛かって来ました。

電話に出てみると、籠もった男の声で

「お母さんは、あと20分程で帰るよ」

とだけ言い、切れてしまいました。

何だろうと疑問に思いながらも、子供なのであまり深く考えず、そのまま留守番していました。

しかし、20分経っても母親が帰って来ません。

『まあ、そりゃそうだ。間違い電話だったのかな』

くらいに思い、ゲームに集中しました。

そのまま時間を忘れるほどゲームをやっていたのですが、夕方になり、やがて日も落ち、流石に母が遅すぎると不安に思い始めました。

そんな不安な時なのに、テレビを点けてみても何故か何も映らない。

それどころか、ゲーム中は気付きませんでしたが、騒音という物が全くありませんでした。

元々静かな環境に家は建っていましたが、何の音もしないというのは、それまで経験したことがありません。

泣きそうになっていると、また電話が掛かって来ました。

『母親だ』

そう直感的に感じた私は、凄い勢いで電話に出ました。

するとまた男の声で、

「やっぱり %&#@&(声が籠もりすぎて聞き取れない)戻すね」

と言われた刹那、頭の中にパチンという音が響き渡りました。

すると、暗くなって来ていた窓の外が急に明るくなり、車の走る音などの騒音も聞こえて来ることに気が付きました。

しかも時計まで戻っています。頭の中はもうパニック。

そして程無く母親が帰って来たのですが、その時間が最初にあった電話からちょうど20分後なのです。

私は訳も解らず、取り敢えず安心したのか大泣きしてしまいました。

時間が巻き戻るなんて、そんな不思議なことは有り得るのでしょうか。

関連記事

キジムナー

あまり怖くないが不思議な話をひとつ。 30年くらい前、小学校に行くかいかないかの頃。 父の実家が鹿児島最南端の某島で、爺さんが死んだというので葬式に。 飛行機で沖縄経…

田舎の風景(フリー素材)

サ○○

20年程前の実話です。 私の実家のある山間の小さな村で起きた、少し気味の悪い出来事。 実家の近くの山中に○○○○苑という精神薄弱者の施設があるのですが、そこの生徒が偶に脱走…

田舎道(フリー写真)

ぼうなき様

ぼうなき様って知ってる? 想像以上にマイナーな行事だったので、地元から出て話題にした時は誰も知らなかった。 有名なS神社で行われる七五三の続きのような行事で、十歳前後の女の…

綺麗に揃えられる靴

小学校の頃、近所にお化け屋敷と言われている家があった。 まあ、実際は屋敷という程でもない少し大きめな日本家屋なんだが、小学生の言うことだしな。 その日は両親共に帰宅が遅くな…

版画(フリー素材)

婆ちゃんの戦時中の話

昔、婆ちゃんから聞いた戦時中の話を一つ。 第二次世界大戦中、うちの婆ちゃん(サノ)が10歳の頃の話です。 ※ 婆ちゃんはお姉さんと避難のために親元を離れ、田舎の遠い親戚の家に…

庭に咲く花(フリー写真)

光る玉

私の母は私を産む前に二度流産しており、三度目(私)の時も、何度か駄目になりかけていたそうです。 妊娠4ヶ月頃の時も、やはり体調を崩して流産しかけたらしいのですが、その時、庭で二人…

時空の狭間(フリー素材)

カヨさん

神奈川、静岡近辺のホテル旅館や会社の保養施設関係では、表現はそれぞれ違うけど、恐らく時空が歪んだのだろうと推察出来る話は昔からあるよ。 姉が以前に働いていた旅館では、スタッフの間…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。 田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

ニワトリ

6月のある日の夕方に家に居ると、外出中の母親から電話がかかってきた。 かかりつけの病院に行って母の代わりに薬をもらって来てくれという内容だった。 俺は家を出て徒歩で病院に向かった。…

満タンのお菓子

私の家は親がギャンブル好きのため、根っからの貧乏でした。 学校の給食費なども毎回遅れてしまい、恥ずかしい思いをしていました。 そんな家庭だったので、親がギャンブルに打ち込ん…