イタチの仕業

Mustela_nivalis_-British_Wildlife_Centre-4

祖母の葬式の晩の事。

田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。

裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園には「城主ですがここで虐殺してごめんなさい、かわりにお社を立てます、許してください」みたいな木札が立っていた。

窓にカーテンもないので、山の上からのサーチライトの光が部屋の壁にあたって不安な影を踊らせていた。

そのとき廊下からひきずるような足音が聞こえてきた。

親戚や客は屋敷の表側の座敷にいるはずなのに、誰か間違えて入ってきたのか。しだいにその足音に合わせてふすまがブワンブワンと波打ちだした。ガラスもビリビリ共振して、部屋全体が揺れて舟の上みたいな感じだった。足音は部屋の前まできたが、また行きつ戻りつしながら消えるまでずいぶん時間がかかった。

とても襖をあける勇気はなかった。

表屋敷にいた家族親戚に話すと、裏にいった人はだれもいなかった。ただこの家には昔から野生のイタチが住んでいて、夜に歩き回る、大きな低い声でうなる、稀に人間を傷つける事もあるので、襖などは不意に開けてはいけないとの事。

どう考えてもイタチの仕業じゃないと思うんだ。

関連記事

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

テレビの記憶

これは昔、NHKで地方の紹介をする番組で放送されました。それは祭りとか風習とかで毎週一つの土地をクローズアップして紹介する番組だったのですが、一度ある雪深い地方が紹介された時、…

姪っ子に憑依したものは

高校生の夏休み、22時くらいにすぐ近所の友達の家に出かけようとした。毎日のように夜遅くにそこへ出かけ、朝方帰って来てダラダラしていた。ある日、結婚している8歳上の姉が2…

教室(フリー素材)

M君の記憶

中学二年の終わりに引っ越す事になった。引っ越しの前日、家の前を同級生のM君がブツブツ独り言を言いながら歩いているのを見つけた。M君とは幼稚園から中学二年まで同じ学校で、…

雨の日の傘(フリー写真)

谷の置き傘

小学生くらいの時の話。親戚の家が辺鄙な場所にあった。裏手には山、逆側には谷がある。子供の遊び場としては最高だったのだけど…。そして谷にはよくゴミが捨てられる。山…

携帯電話(フリー素材)

携帯にまつわる話

俺の携帯の番号は「080-xxxx-xxxx」という『080』から始まる番号です。でも、機種変してすぐは「090-xxxx-xxxx」だと思っていて、彼女にもその『090』から…

油絵の具(フリー素材)

風景画の中の女性

心霊写真の話はよく聞くけど、風景画に霊が入り込む事もあるのだろうか。定年退職後の祖父の趣味は油絵だった。描いているものは人物画だったり、風景画だったり、祭事を描いたりと…

有名な家

もうかれこれ10年前の話。当時、まだ自分は9歳だった。諸事情で祖母と二人暮らしをしていたが、小学生半ばの頃に母親とも一緒に暮らすことになった。それまで祖母とは小さな漁師…

校舎(フリー写真)

消えたヤンキー

現在就活中で、大阪と兵庫の辺りをうろうろしている。昨日ホテルに帰る途中のタクシーの中で、一緒に居た友人が何故か怖い話を始めた。その時に運転手さんから聞いた話。…

居間のブラウン管テレビ(フリー写真)

神様の訪問

小さい時は親が共働きで、一人で留守番をする事がよくあった。特に小学校の夏休みなど、日中は大体一人で家に居た。小学4年生の夏休みの事だ。トイレに行って居間へ戻った…