アンティークドールの夢

公開日: 不思議な体験

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。

古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。

それどころか、銀色の髪と白を基調としたゴシックドレスが特徴的なとても美人なドール。

「この子は○○(俺)の事がとても気に入ったみたいだから、大事にしなさい」

と祖母に言われたのと、とても高価そうなドールだったこと、何より俺自身が何故かそのドールを非常に気に入った事もあって、俺はそのドールの事をとても大切に扱ったんだ

それから一年ほど経ったある日、変な夢を見た。

夢の中に例のドールをそのまま15~18歳ぐらいにしたような見た目の少女が出て来て、俺に一回お辞儀をして去って行った。

俺は悲しくて何度も行かないでと叫ぶのだけど、その子はそのまま行ってしまう。

その子の姿が見えなくなった時、目が覚めた。時刻は朝の5時半ぐらい。

不安になってドールを飾っている棚の方を見たけれど、ドールに特に変わったところは無かった。

ただ、やはり夢の事が気になったので、二度寝はせずにいつも以上に丁寧にドールの手入れをして、箱に入れてから学校に出かけた。

その日一日は普通に学校で過ごし、その帰り道。

歩いているといきなり何かに背中を押され、前につんのめって転んでしまったんだ。

その直後に、さっきまで自分が居た所に木が倒れて来た。

前日に雨がかなり降っていたので、地面が柔くなっていたのだと思う。

『危なかった~』と思いながらもそのまま帰宅。

手を洗ってから箱の中のドールを取り出そうとしたのだけど、中のドールを見て固まってしまった。

壊れていた。それもかなり酷く。

訳が解らなくて、母親が帰って来たら取り敢えず母親に相談した。

母親から祖母に話が行き、祖母の知人の人形修復が出来る人に見てもらったのだけど、損傷が激しいのと古いドール故に、修復は無理だと言われた。

悲しくて泣く俺に、祖母は

「この子は○○の事が大好きだったからね。○○を守れてきっと安心しているよ」

と言って慰めてくれ、その後に祖母の勧めで土日の休みに人形供養寺にドールを持って行く事にした。

その時、住職も祖母と同じようなことを言っていた。

そして人形供養寺にドールを持って行って供養してもらった日の夜、また例の女の子の夢を見たんだ。

彼女は悲しむ俺を抱き締めて、何かを渡して来た。

それが何だったのかは判らない。渡された直後に目が覚めてしまったから。

ただ何となく、彼女は俺の守護霊になって今も守ってくれてるのかな、と思う。

関連記事

運が良いね

今から話すお話は3年前、僕がまだ高校2年生だった時の話です。その頃、僕はとあるコンビニでバイトをしていました。そのバイト先には同い年の女の子と、50過ぎくらいの店長、あと4人程…

鏡の中のナナちゃん

私は幼い頃、一人でいる事の多い子供でした。実家は田舎の古い家で、周りには歳の近い子供は誰もいませんでした。弟が一人いたのですが、まだ小さくかったので一緒に遊ぶという感じ…

インターホン

俺が5才の頃の出来事。実家が田舎で鍵をかける習慣がないので、玄関に入って「○○さーん!」と呼ぶのが来客の常識なんだが、インターホン鳴らしまくって「どうぞー」って言っても入ってこ…

山道(フリー素材)

上位の存在

厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない程怖い」と思った体験ではない。俺の嫁が「洒落にならない程怖い」と思ったであろう話である。俺の嫁は俗に言う視える人で、俺は全くの…

霧の立ち込める山(フリー写真)

鷹ノ巣山の霧

大学2年の6月に不思議な体験をしました。当時、私は大学の野生生物研究会に入っていました。研究会のフィールドは奥多摩の鷹ノ巣山で、山頂付近の避難小屋を拠点にデータの収集を…

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

きらきらさん

差し障りがあるといけないので、時と場所は伏せて書きます。そこの施設内で、度々動物の惨殺死体が発見されるのです。そこにいた子供に聞くと「きらきらさんがやった」と言います。…

満月(フリー写真)

姉の夢遊病

大叔母はその昔、夢遊病だったらしい。もしくは狐憑きなのかも知れないが、取り敢えず夢遊病ということにして話を進める。目が覚めると何故か川原に立っていたり、山の中にいたりと…

山(フリー写真)

一つ目のおじちゃん

子供の頃、家族で山に行ったことがある。山に着いたのはまだ朝方で、霧が辺りを覆っていた。僕は親の言い付けを守らず、一人で山中に歩き入り、当然のように迷子になってしまった。…

厨房(フリーイラスト)

後天性の霊感

大学時代に横浜の◯内駅前のファミレスで、夜勤調理のバイトをしていました。一緒に働いているバイトに二名、いわゆる見える人が居ました。その二人(AとBにします)曰く、そのフ…