アンティークドールの夢

公開日: 不思議な体験

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。

古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。

それどころか、銀色の髪と白を基調としたゴシックドレスが特徴的なとても美人なドール。

「この子は○○(俺)の事がとても気に入ったみたいだから、大事にしなさい」

と祖母に言われたのと、とても高価そうなドールだったこと、何より俺自身が何故かそのドールを非常に気に入った事もあって、俺はそのドールの事をとても大切に扱ったんだ

それから一年ほど経ったある日、変な夢を見た。

夢の中に例のドールをそのまま15~18歳ぐらいにしたような見た目の少女が出て来て、俺に一回お辞儀をして去って行った。

俺は悲しくて何度も行かないでと叫ぶのだけど、その子はそのまま行ってしまう。

その子の姿が見えなくなった時、目が覚めた。時刻は朝の5時半ぐらい。

不安になってドールを飾っている棚の方を見たけれど、ドールに特に変わったところは無かった。

ただ、やはり夢の事が気になったので、二度寝はせずにいつも以上に丁寧にドールの手入れをして、箱に入れてから学校に出かけた。

その日一日は普通に学校で過ごし、その帰り道。

歩いているといきなり何かに背中を押され、前につんのめって転んでしまったんだ。

その直後に、さっきまで自分が居た所に木が倒れて来た。

前日に雨がかなり降っていたので、地面が柔くなっていたのだと思う。

『危なかった~』と思いながらもそのまま帰宅。

手を洗ってから箱の中のドールを取り出そうとしたのだけど、中のドールを見て固まってしまった。

壊れていた。それもかなり酷く。

訳が解らなくて、母親が帰って来たら取り敢えず母親に相談した。

母親から祖母に話が行き、祖母の知人の人形修復が出来る人に見てもらったのだけど、損傷が激しいのと古いドール故に、修復は無理だと言われた。

悲しくて泣く俺に、祖母は

「この子は○○の事が大好きだったからね。○○を守れてきっと安心しているよ」

と言って慰めてくれ、その後に祖母の勧めで土日の休みに人形供養寺にドールを持って行く事にした。

その時、住職も祖母と同じようなことを言っていた。

そして人形供養寺にドールを持って行って供養してもらった日の夜、また例の女の子の夢を見たんだ。

彼女は悲しむ俺を抱き締めて、何かを渡して来た。

それが何だったのかは判らない。渡された直後に目が覚めてしまったから。

ただ何となく、彼女は俺の守護霊になって今も守ってくれてるのかな、と思う。

神奈川県某駅の駅ビル

小学校入るくらいまでの体験。 神奈川県某駅の駅ビルで、階段やエスカレータなど使わずに、3Fから4Fにワープした。駅との連絡口が3Fで、決まったルートを歩くと4Fに着いてる。 …

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

アカエ様

俺が小学校低学年の頃の話。と言っても、もう30年以上前になるけどな。 東北のA県にある海沿いの町で育った俺らにとって、当然海岸近くは絶好の遊び場だった。 海辺の生き物を探し…

湖(フリー写真)

弘法大師の涙雨

昔テレビで見た話。 今から20年程前、香川県民の水瓶とも言える満濃池が干ばつで干上がった。 満濃池は、かの弘法大師が築いた溜め池で、近隣に幾つもある灌漑用池が干上がる事が…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。 山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

神様のお世話

俺小さい頃母親に軽い虐待っぽいものを受けてたのね。 でも当時はまだ小さくて、おまけに母子家庭で一人っ子だった俺は、他の家の家庭環境なんて分からないし、同い年の子がどういう風に親と…

地下のまる穴(長編)

これは17年前、高校3年の時の冬の出来事です。 あまりに多くの記憶が失われている中で、この17年間、僅かに残った記憶を頼りに残し続けてきたメモを読みながら書いたので、細かい部分や…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

枕(フリー写真)

槍を持った小人

最近の話。 俺の家は四人家族で、いつもカミさんと上の子、一歳の下の子と俺が一緒に寝ているのだけど、この下の子がよくベッドから落ちる。 俺も気を付けて抱っこしながら寝たりする…

エスカレーターの中の母娘

とあるヨーロッパの国に留学してた時の話を。 まあ言葉もままならない頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。 …