アンティークドールの夢

公開日: 不思議な体験

中学校に入学した時、入学祝いで祖母からアンティークドールを貰った。

古いドールだったけど、しっかり手入れされていて、汚いという印象は受けなかった。

それどころか、銀色の髪と白を基調としたゴシックドレスが特徴的なとても美人なドール。

「この子は○○(俺)の事がとても気に入ったみたいだから、大事にしなさい」

と祖母に言われたのと、とても高価そうなドールだったこと、何より俺自身が何故かそのドールを非常に気に入った事もあって、俺はそのドールの事をとても大切に扱ったんだ

それから一年ほど経ったある日、変な夢を見た。

夢の中に例のドールをそのまま15~18歳ぐらいにしたような見た目の少女が出て来て、俺に一回お辞儀をして去って行った。

俺は悲しくて何度も行かないでと叫ぶのだけど、その子はそのまま行ってしまう。

その子の姿が見えなくなった時、目が覚めた。時刻は朝の5時半ぐらい。

不安になってドールを飾っている棚の方を見たけれど、ドールに特に変わったところは無かった。

ただ、やはり夢の事が気になったので、二度寝はせずにいつも以上に丁寧にドールの手入れをして、箱に入れてから学校に出かけた。

その日一日は普通に学校で過ごし、その帰り道。

歩いているといきなり何かに背中を押され、前につんのめって転んでしまったんだ。

その直後に、さっきまで自分が居た所に木が倒れて来た。

前日に雨がかなり降っていたので、地面が柔くなっていたのだと思う。

『危なかった~』と思いながらもそのまま帰宅。

手を洗ってから箱の中のドールを取り出そうとしたのだけど、中のドールを見て固まってしまった。

壊れていた。それもかなり酷く。

訳が解らなくて、母親が帰って来たら取り敢えず母親に相談した。

母親から祖母に話が行き、祖母の知人の人形修復が出来る人に見てもらったのだけど、損傷が激しいのと古いドール故に、修復は無理だと言われた。

悲しくて泣く俺に、祖母は

「この子は○○の事が大好きだったからね。○○を守れてきっと安心しているよ」

と言って慰めてくれ、その後に祖母の勧めで土日の休みに人形供養寺にドールを持って行く事にした。

その時、住職も祖母と同じようなことを言っていた。

そして人形供養寺にドールを持って行って供養してもらった日の夜、また例の女の子の夢を見たんだ。

彼女は悲しむ俺を抱き締めて、何かを渡して来た。

それが何だったのかは判らない。渡された直後に目が覚めてしまったから。

ただ何となく、彼女は俺の守護霊になって今も守ってくれてるのかな、と思う。

関連記事

河童淵(フリー写真)

河童

幼稚園の頃、祖父母の住む田舎に行った時、不思議な生物に会いました。のんびりとした田舎町で、周りに住んでいる人全員が家族のように仲が良い場所なので、両親も心配せずに私を一人で遊び…

親子(フリー写真)

前世の母

うちは母子家庭だった。母ちゃんは地元のスーパーのパートさんで、一人で俺を育ててくれていた。親父が何をしていた人だったかは知らないけど、会った記憶も無い。気が付いたら古い…

異世界から元に戻れなくなった

この話は2013年の8月頭くらいの話。爺ちゃんの49日のために行った先での出来事だから、恐らくその辺りだ。その日はクソ暑かった。休日だったその日は、朝から爺ちゃんの法要…

忌箱(長編)

これは高校3年の時の話。俺の住んでた地方は田舎で、遊び場がなかったんで近所の廃神社が遊び場というか、溜まり場になってたんだよね。そこへはいつも多い時は7人、少ない時は3…

登校する小学生(フリー写真)

モウキカナイデネ

この話を誰かに話す時、「確かにその話、滅茶苦茶怖いけど、本当かよ?」と言われる事がある。霊が出て来るような話の方が、余程現実味があるからだ。これは俺が実…

山神様

これは、俺の曽祖父が体験した話です。大正時代の話ですので大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に『正夫』としておきますね。正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩り…

雷(フリー写真)

記憶の中の子供達

私は子供の頃、雷に打たれた事があります。左腕と両足に火傷を負いましたが、幸いにも大火傷ではありませんでした。現在は左腕と左足の指先に、微かに火傷の跡が残っているまでに回…

石段の向こう

今年のゴールデンウィークの不思議な体験を書かせてもらいます。私の家にはスーザン(仮名)という、サンディエゴからの留学生が滞在していました。母が婚前に英語の教師をした影響…

スローになる空間

友達の家に手応えのある変な空間がありました。何もないところで手をふると、そこだけスローになる。それは空中に留まっており、撫で回してみるとバスケットボールぐらいの大きさ。…

住宅街(フリー素材)

入れ替わった兄

小学校に上がる前だと思う。ある朝、目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家の中に人の気配が無かった。家中を見て回るが、誰も居ない。不安になって兄を起こそうと声を掛け、…