出会った時間

公開日: 怖い話

山道(フリー写真)

これは以前働いていた会社の人の体験談です。

会社の仕事が一段落つき、何の話からか怖い体験の暴露大会になった時に聞いたSさんの話です。

Sさんは、遠く離れた所に住む友人の家へ泊まりに行きました。

その途中、富士の樹海辺りを車で走っていた時のことです。

道路の前方の端に、丸太のような物が見えたそうです。

危ないなあと思いながら見ていると、それは道路の中心の方へずるずると移動しているらしいのです。

近くまで来た時、Sさんが見たものは、ぐったりとした女の人の腕を引っ張りながら這っている男の人でした。

彼はSさんに助けを求めました。

二人は樹海で一緒に死のうとしたらしいのです。

しかし急に心変わりしたらしく、助けを呼ぶために、既に意識の無くなった彼女を引っ張りながら道路まで必死に這い出て来たそうです。

この近くには電話もありません。

Sさんは二人を病院に連れて行かなくてはと、ぐったりしている二人を車に運びました。

この時、彼女の方は、既に亡くなっているのがはっきりと判ったそうです。

でも彼は彼女を助けたい一心からか、病院へ連れて行ってくれと頼んだそうです。

Sさんは、街へ出れば病院があるだろうと必死に探しました。

その間、彼は頻りに「病院はまだですか」と声を掛けます。

Sさんは彼に「もうすぐ着くから」と励まし続けたそうです。

やっと病院に着き、Sさんは事情を説明し、二人を担架で運んでもらいました。

そして、これから警察の人が事情聴取に来るということで、腰掛けて待っていたそうです。

やがて警官が来たので、その時の状況を説明しました。

「…という感じで道路まで出て来たんです」

それを聞いた警官は、

「変ですね…」

と言います。

Sさんは彼女の事だと思い、

「抱き上げて運んだ時は既に亡くなってました」

と説明しました。

すると警官が、

「いや、いいんです。確かに彼女は死亡してます。ただね、貴方の話はおかしいんですよ」

と言うので、Sさんは

「何がおかしいんですか。こっちだって必死だったんです」

と言い返しました。

すると警官が一言。

「貴方が出会ったという時間。既に二人とも死亡してるんですよ」

Sさんは真っ青になったそうです。

教授のメモ

ある大学の教授が突然、姿をくらませた。 教授と同じ研究室の助手は、最初は旅行にでも行ったのだろうと考えたが、大学側に問い合わせても教授の行方は判らないと言う。 助手はどうし…

蝋燭

キャッシャ

俺の実家の小さな村では、女が死んだ時、お葬式の晩に村の男を10人集め、酒盛りをしながらろうそくや線香を絶やさず燃やし続けるという風習がある。 ろうそくには決まった形があり、仏像を…

隠し部屋

20年以上前の話なのですが聞いてください。 友人が住む三畳一間月3万円のアパートに遊びに行ったときのことです。冬の寒い日でしたが、狭い部屋で二人で飲んでいるとそこそこ快適でした。…

アパートの階段(フリー写真)

山口さん

以前住んでいたアパートで体験した話。 土曜日の夕暮れ時に居間でまったりしていると、不意にインターフォンのチャイムが鳴ったので受話器を取る。 俺「はい」 訪問者『山口…

真っ白ノッポ

俺が毎日通勤に使ってる道がある。田舎だから交通量は大したことないし、歩行者なんて一人もいない、でも道幅だけは無駄に広い田舎にありがちなバイパス。 高校時代から27歳になる現在まで…

天保の飢饉

天保の飢饉(1832~1839年)は、連年の凶作の結果、全国にその影響が及ぶほど凄まじいものであった。 しかも、飢饉は7年間の長きに渡って延々と続いたのであった。鶏犬猫鼠の類まで…

会いに来た子供

彼は大学生時代にバンドを組んでいた。 担当がボーカルだったということもあり、女の子からも相当モテていた。 放って置いてもモテるものだから、かなり奔放に遊んでいたのだという。…

暗い部屋(フリー写真)

姉の霊

それは私がまだ中学生の時でした。 当時美術部だった私は、写生会に行った時に、顧問の若い女の先生と話をしていました。 その頃は霊が見えなかった私は、他人の心霊体験に興味津々で…

樹木(フリー写真)

顔の群れ

私が以前住んでいた家の真横に、樹齢何十年という程の大きな樹がありました。 我が家の裏に住む住人の所有物であったのですが、我が家はその木のお陰で大変迷惑を被っていたのです。 …

蔵(フリー写真)

土蔵の仏壇

僕の実家には大きな土蔵がありました。 先祖代々伝わって来た、訳の解らない掛け軸や扇子や壺などが、山ほどありました。 ある日、いい加減古いものは処分しようと、家族総出で整理を…