出会った時間

公開日: 怖い話

山道(フリー写真)

これは以前働いていた会社の人の体験談です。

会社の仕事が一段落つき、何の話からか怖い体験の暴露大会になった時に聞いたSさんの話です。

Sさんは、遠く離れた所に住む友人の家へ泊まりに行きました。

その途中、富士の樹海辺りを車で走っていた時のことです。

道路の前方の端に、丸太のような物が見えたそうです。

危ないなあと思いながら見ていると、それは道路の中心の方へずるずると移動しているらしいのです。

近くまで来た時、Sさんが見たものは、ぐったりとした女の人の腕を引っ張りながら這っている男の人でした。

彼はSさんに助けを求めました。

二人は樹海で一緒に死のうとしたらしいのです。

しかし急に心変わりしたらしく、助けを呼ぶために、既に意識の無くなった彼女を引っ張りながら道路まで必死に這い出て来たそうです。

この近くには電話もありません。

Sさんは二人を病院に連れて行かなくてはと、ぐったりしている二人を車に運びました。

この時、彼女の方は、既に亡くなっているのがはっきりと判ったそうです。

でも彼は彼女を助けたい一心からか、病院へ連れて行ってくれと頼んだそうです。

Sさんは、街へ出れば病院があるだろうと必死に探しました。

その間、彼は頻りに「病院はまだですか」と声を掛けます。

Sさんは彼に「もうすぐ着くから」と励まし続けたそうです。

やっと病院に着き、Sさんは事情を説明し、二人を担架で運んでもらいました。

そして、これから警察の人が事情聴取に来るということで、腰掛けて待っていたそうです。

やがて警官が来たので、その時の状況を説明しました。

「…という感じで道路まで出て来たんです」

それを聞いた警官は、

「変ですね…」

と言います。

Sさんは彼女の事だと思い、

「抱き上げて運んだ時は既に亡くなってました」

と説明しました。

すると警官が、

「いや、いいんです。確かに彼女は死亡してます。ただね、貴方の話はおかしいんですよ」

と言うので、Sさんは

「何がおかしいんですか。こっちだって必死だったんです」

と言い返しました。

すると警官が一言。

「貴方が出会ったという時間。既に二人とも死亡してるんですよ」

Sさんは真っ青になったそうです。

関連記事

田舎の村

十九地蔵

俺の家は広島の田舎なのだが、なぜか隣村と仲が悪い。俺の村をA村、隣村をB村としよう。不思議な事になぜ仲が悪いのかは不明だ。A村の住人に聞いてもB村の住人に聞いても明確な理由は判…

犬(フリー写真)

八房

「この犬は普通の犬じゃありません。それでもいいんですか?」それが私が後に八房と名付ける犬を引き取ると言った時の、団体の担当者の言葉だった。詳しく話を聞いてみると、こうい…

釘

恨みクギ

俺が若かった頃、当時の彼女と同棲していた時の話。同棲に至った成り行きは、彼女が父親と大喧嘩して家出。彼女の父親は大工の親方をしている昔気質。あまり面識は無かったが、俺も内心びび…

飼い猫

色々あるけど、子供の頃の話。7歳だった自分は母と一緒の部屋で毎晩寝ていた。ある晩、ふと布団を捲りあげたら鬼のような形相の人のようなものが2つ。びっくりして布団から這い出て電気をつけ…

蛍光灯チャチャチャ

ある日の夜、蛍光灯を点けたまま寝ようとしたんだ。ただ、電気代を考えて片方だけ残してね。そしたらさ、いつもの癖で全部消しちゃったんだよ。チャ(蛍光灯Aオフ) チ…

婚約指輪(フリー写真)

鬼の面

私には15歳年の離れた兄が居ます。私が10歳の年に、兄(当時25歳)がお見合いをしました。ある程度話がまとまり、お嫁さんになるはずの方が家へ挨拶に来ました。玄関…

林道(フリー写真)

姥捨て山

俺の兄貴が小学生の頃、まだ俺が生まれる前に体験した話。兄貴が小学5年生の春頃、おじいちゃんと一緒に近くの山へ山菜採りに入った。狙っていたのはタラという植物の芽で、幹に棘…

人が溺れてる

友達から聞いた話。夏の暑い日の真夜中、仲の良い友達数人で海辺で花火をして遊んでいました。薄暗い砂浜を、花火を向け合ってわーわー言いながら走り回っていると、友達の一人がい…

階段(フリー写真)

ソマコ

学生の時に体験した話。授業後にサークル仲間4人とクラブハウスでダベっていたのだが、夏だったせいかいつの間にか怪談話になっていた。ただどれもこれも有り触れた持ちネタばかり…

無人島ビデオ

「1年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」「あぁ、あったな。それがどうした?」「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」「マジ…