出会った時間

公開日: 怖い話

山道(フリー写真)

これは以前働いていた会社の人の体験談です。

会社の仕事が一段落つき、何の話からか怖い体験の暴露大会になった時に聞いたSさんの話です。

Sさんは、遠く離れた所に住む友人の家へ泊まりに行きました。

その途中、富士の樹海辺りを車で走っていた時のことです。

道路の前方の端に、丸太のような物が見えたそうです。

危ないなあと思いながら見ていると、それは道路の中心の方へずるずると移動しているらしいのです。

近くまで来た時、Sさんが見たものは、ぐったりとした女の人の腕を引っ張りながら這っている男の人でした。

彼はSさんに助けを求めました。

二人は樹海で一緒に死のうとしたらしいのです。

しかし急に心変わりしたらしく、助けを呼ぶために、既に意識の無くなった彼女を引っ張りながら道路まで必死に這い出て来たそうです。

この近くには電話もありません。

Sさんは二人を病院に連れて行かなくてはと、ぐったりしている二人を車に運びました。

この時、彼女の方は、既に亡くなっているのがはっきりと判ったそうです。

でも彼は彼女を助けたい一心からか、病院へ連れて行ってくれと頼んだそうです。

Sさんは、街へ出れば病院があるだろうと必死に探しました。

その間、彼は頻りに「病院はまだですか」と声を掛けます。

Sさんは彼に「もうすぐ着くから」と励まし続けたそうです。

やっと病院に着き、Sさんは事情を説明し、二人を担架で運んでもらいました。

そして、これから警察の人が事情聴取に来るということで、腰掛けて待っていたそうです。

やがて警官が来たので、その時の状況を説明しました。

「…という感じで道路まで出て来たんです」

それを聞いた警官は、

「変ですね…」

と言います。

Sさんは彼女の事だと思い、

「抱き上げて運んだ時は既に亡くなってました」

と説明しました。

すると警官が、

「いや、いいんです。確かに彼女は死亡してます。ただね、貴方の話はおかしいんですよ」

と言うので、Sさんは

「何がおかしいんですか。こっちだって必死だったんです」

と言い返しました。

すると警官が一言。

「貴方が出会ったという時間。既に二人とも死亡してるんですよ」

Sさんは真っ青になったそうです。

関連記事

気持ちの悪いスナック

7年くらい前にタクシーの運転手さんに聞いた話です。 当時、六本木にある会社に勤めていましたが、結構夜遅くなることが多かったんですね。 当然終電はなく、タクシーで帰ることにな…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

和室(フリー写真)

連鎖と数珠

一年経ってようやく冷静に思い出すことができるようになった出来事がある。 去年のちょうど今頃の話だ。 その日は金曜日で、俺は会社の同僚数人と何軒かの店をハシゴして、すっかり良…

霊柩車

Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。 おばあちゃんは元々とても気だての良い人だったらしいのですが、数年前から寝たきりになり段々偏屈になってしまい…

インコ

インコのムウちゃん

2年程前から飼っているオカメインコのムウちゃんについてのブログを始めた。 始めた当初は誰も記事を見に来てくれないし、コメントも残してくれないので結構寂しかった。 でも他の人…

廊下(フリー写真)

放課後の部室で

うちの高校の演劇部の部室での事。 私は当時、演劇部の部長だったので、一人で遅くまで部室に居る事があった。 ある日、いつものように部室に残っていたら、ふと人の気配を感じた。 …

7人ミサキ

私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、殆ど面子が変わることはありません。 これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確…

リアルな夢

二年ほど前に遡ります。 私は父が経営する土建屋で事務をしています。 今は兄が実質の社長ですが、やはり父の威光には敵いません。 そんな父の趣味が発端と思われる出来事です…

お婆ちゃんの手(フリー写真)

連れて行かれる

私が小学生の頃の話です。 小さい頃にお世話になった近所のお婆ちゃんが倒れて、寝たきりになってしまいました。 一人暮らしで、親族も居なかったようです。 当時、よく古い遊…

何かの肉塊

僕が小学生の頃なので、もう20年くらい前になるのか。 母方の祖母(大正生まれで当時60歳)から聞いた話を思い出した。 祖母がまだ若かった頃、北海道の日本海側の漁村に住んでい…