臨死体験

公開日: 不思議な体験

wallpaper399_640_1136

けっこう昔の出来事なんだけど、俺が小学生のとき臨死体験にあった。海水浴場で溺れて死にかけたことがきっかけだった。

家族で行った海水浴場で、俺がそこで泳いでいるときに突然足がつって溺れた。

「ヤバイ、死ぬ!!」って思いながらも海水をどんどん飲み込んでそのまま意識が薄れていった。

んで気づいたら一面の花畑の中行列に並んでた。

土がむき出しの一本道に長い長い行列があってそこの中に居た。

手にはなんか小さい何も書いてない紙を持ってた。

でも、不思議と怖くはなかった。花畑をボーッとみながら行列は少しずつ進んでいった。大分進むと小さな駅が見えてきたんだ、木造の駅。レトロな感じのSL機関車が止まってた。

駅の中に入ると普通の駅員さんが黙って切符みたいなものを受け取ってパチンって印をつけてた。俺は、今持ってるこの小さな紙が「これが、切符なんだな」ってなんとなく理解した。んで機関車に乗り込み座ってボーッっと外を見てた。どれだけ進んでも綺麗な花畑だった。

ちなみに行列に並んでるときから、まわりの人たちはみーんな無言だった。本当に静寂に包まれているって言うか俺も別におかしいとは思わなかったし、なんか喋りたくなくなるというか、黙っているのが普通という感じだった。

どれぐらい座席に座ってただろうか、かなりの時間がたったとき、機関車が駅に止まった。

俺はなぜかわからないけど「ここで降りなきゃ」って思って降りた。ほかにも数人は降りていってたな。ほとんどの人は座ったままだった。

駅に降りて切符を渡すと、俺は待合室に入った。

うまく言い表せないけどそうしなくちゃいけない気がした。木造でカビ臭かったのはギリギリ覚えてる。ほかにも数人が待合室に入ってきて、みんな黙って座って何かを待ってた。

また、それから結構長い時間が経って、1人、また1人と突然待合室を出て行った。

突然カーチャンの声が聞こえた「(俺の名前)!!(俺の名前)ー!!」って声が。

俺は別に感慨もなく「あ、いかなくちゃ」って思って待合室をでた。

気づくと浜辺で横たわっていて、近くにカーチャンがいた。溺れてから30分も経ってなかった。

多分、臨死体験だと思う。

年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。ありきたりな感じの干支の印刷に、差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめで…

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

北海道の海(フリー素材)

イセポ・テレケ

十年以上も昔の話。会社の先輩と中学以来の友人と俺の三人で、盆休みに有給を足して十一日間の北海道旅行へ出掛けた。車一台にバイク一台の、むさ苦しい野郎だけの貧乏旅行だったが、それは…

大蛇(浮世絵)

大蛇の恩返し

中学2年生の時の体験です。正体不明の生き物に目玉を盗られそうになり大蛇に助けられた、という不思議な体験をしました。私が仏間で昼寝をしていた時、誰かに顔を押さえられまし…

笈神様(おいがみさま)

その日の夜、私は久し振りに母に添い寝してもらいました。母に「あらあら…もう一人で寝られるんじゃなかったの」と言われながらも、恐怖に打ち勝つ事は出来ず、そのまま朝を迎える事となりました。…

優しい抽象模様(フリー素材)

ともだち

最近、何故か思い出した。子供の頃の妙な「ともだち」。当時の自分は両親共働きで鍵っ子だった。とは言っても託児所のような所で遊んで帰るので、家に一人で居るのは一時間程度。そ…

生まれ変わり

物心がついた頃から、「僕は1回死んだんだ」って言っていた。むしろその記憶は今でも残ってる。その自分が死んだって言っていた理由ももちろん覚えている。 …

医師(フリー写真)

夢の中の治療

俺の従兄弟の話を一つ。非常に仲の良い従兄弟が、25歳の時に末期がんになった。人間として凄く見応えのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。従兄弟には当時付…

ワープ

会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさん)のお話。Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので一番に教室に駆け込んで行…

占い師

昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を差して『悪魔!!悪魔ああああ…