病院での心霊体験

公開日: ほんのり怖い話 | 心霊体験

エレベーター

自分が子供の頃の話。

両親の付き合いで誰か(多分二人の共通の知り合いか何かだと思う)のお見舞いに行ったんだ。

何故か病室には入れてもらえず、その階の待合室で弟と絵本を読みながら待っていた。

自分は子供の頃に身体が弱くてよく入院していたから、時間を潰すのはさほど苦痛なことではなかったが、一つ下の弟はどうしても暇を持て余していた。

『うぜー』と思いながら相手していたんだけど騒げば怒られるし、『どうしようかなー』と思っていたら、様子を見に来た親が「売店で買い物をしてきていいよ」とお金をくれた。

お菓子を与えておけば弟が静かにしているだろうと思ったらしい(笑)。

正直病院の中を歩き回るのは好きじゃなかったんだけど、当時幼稚園ぐらいだった弟を一人行かせる訳にもいかず、仕方なく一緒に売店に行くことにした。

大人ばかりの病棟ってかなり怖かった記憶がある。よく入院していた病院の小児病棟は、子供が怖がるため他の病棟の人は立ち入り禁止になっていたから、余計に怖かった。

俺は弟と地下にある売店までエレベーターに乗って行った。

お菓子を買ってご機嫌な弟の手を引っ張って病棟に帰ろうと思ったんだけど、道を間違えたのか乗ったエレベーターがどうしても見つからない。

人に聞こうにも人が通らない。仕方がないので売店に戻ろうしたら、ようやくエレベーター発見。

意気揚々と乗るものの、何故か今居る階よりも下に行くボタンしか無い。今思えば、職員専用とかで一般の人が使うものではなかったのかもしれないけど、それに気付くはずもなく。

好奇心から一番下に行ってしまった。ドアが開くとそこは真っ暗。怖くなって下から二番目に行くと薄暗く、白い服みたいなものを着た人が沢山居た。本気でビビった。

一人が自分達に気付き、優しい感じで「ここにはきちゃ駄目だよ」みたいなことを言ってきたので、泣きそうになりながら「改造しないで」と謝ったはず。

どことなく当時夢中になっていた特撮の悪役とダブって、『ここに居たら改造されてしまう!』と思ったんだろうな。

その人は笑いながら「しないしない。けどいつまでもいたら改造しちゃうかも」らしきことを言って弟大泣き。自分も本気で泣きそうだった。

悪いことをしたのかと思ったのか、その人は売店があった場所まで送ってくれて、病室の階に行けるエレベーターまで送ってくれた。

その時点でエレベーターにトラウマが出来てたんだけどさ(笑)。

それでエレベーター乗ったものの、上の階に行くボタンに二人とも手が届かない。他の人も乗っていない。

確か元居た病棟は七階とか八階とかそこら辺で、どんなに頑張っても届かない。

仕方なく自分を踏み台に弟が、手が届くところまでボタンを押した。人が乗り込んで来たら押してもらおうとか、途中から階段で行こうなどと考えていた。

運良く途中の階で足にギブスをしたお兄さんが乗って来た。

すると「○階を押してあげて下さい」という声がした。

お兄さんは自分達を見て「いいですよー」と言ってボタンを押してくれたんだ。

でもさ、エレベーターには自分と弟しか乗っていなかったんだよ。

『あれー?』と思って後ろを向いても誰も居ない。でもお兄さんは何も気にしておらず、『もしかして自分が言ったのかな』と思った。

お兄さんが何か話し掛けてきて、それに答えている内に病棟に着いた。

お兄さんにお礼を言ってエレベータから出て、もう一回お礼を言っておこうと後ろを向いたらお兄さんが居ない。

その代わり両腕の無い人が一瞬見えた。ぱっと見、性別は分からなかったけど何となく女性っぽかった。

ぽかーんとしている内にドアは閉まったんだけど、素で「くぁwせ(ry」状態。

ガクブル((((((((;゚Д゚)))))))しながら弟に「今のなに」と聞いても、『なんかあったのー?(゚д゚)』みたいな顔。

後で聞いた話では、最初から最後まで誰も居なかったそうだ。お兄さんとの会話も弟には聞こえなかったらしい。

霊感なんて無いけど、怖い話やテレビ番組の『あなたの知らない世界』が好きだったから余計ガクブル。絶対に幽霊だと確信。

お見舞いが終わった両親に説明するものの「アンタの勘違いでしょ」と返される。それどころか売店よりも地下に行ったことをすげー怒られた(笑)。

翌週くらいにまた同じ人を見舞いに連れて来られた。

その時はたまたま看護婦さんが相手をしてくれた。その人に地下のことやエレベータのことを話したの。

そしたらさ、病院では時々そういう不思議なことがあるんだと教えてくれた。ただ話を合わせてくれただけかもしれないけど。

だけどこの病院には売店より下の階は無いなんて言うのさ。後から確かめに行ったらやはり無い。

だったら自分が見た部屋は何? 話した人は誰? 弟も見ていたし、今でも怖かったから覚えていると言うし。

十年以上前の話だけど、まだはっきりと覚えているんだよね。

関連記事

郵便受け(フリー写真)

空き家に届く封筒

以前仕事で聞いたことを書いてみる。 あまり詳しく書くと職責に触れるので、結構改変するからフィクションとして見て欲しい。 ※ 郵便配達の仕事をしていた頃のある日、誰も居ない空き…

頼もしい親父

親父が若かった頃、就職が決まり新築のアパートを借りたらしい。 バイトしていた材木店のトラックを借り、今まで住んでいたボロアパートから後輩に頼んで引越しをした。 特に大きい物…

病院(フリー写真)

毬突きをしている女の子

ある病院での話。 病理実習でレポートを提出する役になった実習生のAは、助手から標本室の鍵をもらう時にこんな話を聞かされました。 「地階の廊下で、おかっぱ頭の女の子がマリつき…

心霊写真

心霊写真といっても色々とある。 光や顔が写り込んでいるもの。 体の一部が消えているもの。 体が変色しているもの…。 これらの写真はプロのカメラマンから見ると、レ…

顕微鏡

不穏な連鎖

土曜日のこと、あるイベントで地下1階の一室に数人と談笑していました。 部屋の隅に放置されていた新聞紙が、突如としてガサゴソと音を立てたのです。 その瞬間、新聞紙の周囲には…

二階の窓から

俺は昔、有名な某古本屋でバイトしていました。 お客の家に行って古本を買い取る買取担当が主な仕事です。それである日、一軒の買取の電話が店に入りました。 そこは店からだいたい車…

老夫婦(フリー写真)

祖父母の夢

盆に母屋の死んだじいちゃんの夢を見た。 母に言ったら、 「じいちゃん帰って来たんだね」 と言われた。 ※ それから10年。 10年も経ってから、 「実…

子供の寝顔(フリー写真)

した

親父から昔、何度か聞かされた話。 俺が2、3歳の頃、一緒に住んでいた曾祖母が亡くなった。 その頃はまだ、人が死ぬということもよく解っていなかったと思う。 ※ その3日後…

廊下(フリー背景素材)

赤いクレヨン

とある夫婦が、非常に安い価格で一軒家を買った。 駅から近くに建っていてなかなか広いので、何一つ不満は無かった。 しかし一つだけ不思議な点があった。 それは、何故かいつ…

置いていかないで

友達(A)から聞いた話。 Aは学生時代、友人Bと他県の教習所に通っていた(なぜ他県かというと、県内で免許を取ると学校にばれるから)。 その教習所で、地元の女の子2人組、C子…