タイムトラベラー

ABYC000a00fa

10年前、俺が小学6年生の時の話。

ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まったようだった。

「え? 何これ?」と思った途端、交差点のど真ん中に男と女の2人組がいきなり現れた。本当にいきなり、パッて感じで。

見た目は普通の、どこにでもいそうな感じの若い男女だった。ただ二人とも全身黒ずくめだったのが印象に残ってる。

で、現れるなりこっち見て、声を揃えて「あ。」って言った。

俺は何か知らんがヤバイと思って、逃げようと走り出したが、男の方に追いかけられて腕をつかまれた。腕をつかまれたことで完全に恐怖で動けなくなった。

男が俺の腕をつかんだまま女に向かって「失敗してんじゃねーか」とか「失敗だけならまだしも、姿見られたのはまずい」みたいなことを言った。

女の方は必死に男に「すみません、すみません」って何度も謝ってた。

男はしばらく「どうするか」とか「まずいよなー」とか言いながら、困った様子だった。

そしたら男がいきなりこっちを向いて、「このこと誰にも言うなよ?」って言ってきた。俺は怖くて、必死で「言いません!言いません!」って言った。

横で女が「それは駄目ですって!ばれたら余計にまずいことになりますって!」って言ってたけど、男が「バレなきゃいいんだよ、そもそもお前が失敗したんだろー」とか言って揉めだした。

結局、男が女を言い負かしたみたいで、女は泣きそうな顔でしょぼんとしてた。

男が屈んで俺と同じ目線になって「これやるから絶対誰にも言うなよ、頼むから。男の約束」って言って、つかんだままの俺の腕を引っ張って、手に何かを握らせた。

俺が「わかりました、絶対誰にも言いません」って言ったら手を離してくれて、そのまま頭わしわしなでながら「すぐ元通りになるから、もうお家帰りな」って言った。

女の方も「脅かしちゃってごめんね」って、申し訳なさそうに言った。

俺は男に貰ったものをポケットに押し込んで、言われた通りに止まったまま人達の横を通り抜けながら走って家に帰った。

玄関で靴を脱ぎながら、お母さんも止まってるんだろうかと不安になった。

止まったお母さんを見るのがなんとなく怖かったので、いつもお母さんがいる居間の方を見ないようにダッシュして自分の部屋に入った。

ランドセルを片付けてると、居間の方からテレビの音と、テレビを見て笑ってるお母さんの笑い声が聞こえてきたので、居間に行ってみたら、お母さんが驚いた顔して「いつ帰ってきたの?」って言ったのを見て、あ、元通りになった、と安心した。

お母さんに今体験したことを言いたくて仕方なかったが、言わないと約束したので言わなかった。

部屋に戻ると、男に貰ったもののことを思い出して、ポケットから取り出してみた。

和紙っぽい紙に包まれた飴みたいだった。

包み紙から出してみると、ちょっと白っぽい透明な飴で、中心部分が虹色のマーブル模様みたいになってた。

流石に食べるのはヤバイだろと思ったが、好奇心に勝てずにその飴を食った。

味はめちゃくちゃ美味かった。今までに食べたことのないような味で、その美味さはとても言葉では表現できない。とにかくものすごく美味かった。

その後ももう一度その飴が食べたくて、毎日のように交差点の付近をうろうろしたりしてみたけど、一度もその男女に会うことは出来なかった。

今でも交差点を見ると、この体験を思い出す。

関連記事

ヨウコウ

俺の爺ちゃんは猟師なんだけど、昔その爺ちゃんに付いて行って体験した実話。田舎の爺ちゃんの所に遊びに行くと、爺ちゃんは必ず俺を猟に連れて行ってくれた。本命は猪なんだけど、…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

女の誘い(宮大工8)

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の修繕依頼が入った。そう、弟弟子の一人が憑かれたあのお稲荷様の社だ。親方に呼ばれ、 …

普通の子に戻れた日

小さい頃、私は知的障碍を持っていると思われていました。言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。…

繰り返し見る夢

夢に関する不思議な話を。同じ家や場所を繰り返し夢に見ることはあるだろうか。別に続きものという訳ではなく、ホラーであったり日常的であったりと、関連性は無いけど舞台がいつも…

優しさを大切に

俺が小学校1年生ぐらいの時の話。その頃、俺はおとなしくて気の弱い方で、遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。でも何がきっかけだか忘れたけど、ある時に番…

キャンプファイアー(フリー写真)

火の番

友人が何人かの仲間とキャンプに出掛けた時のことだ。夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。欠伸を噛み殺しながら、『そろそろ火の始末をして…

見覚えのある手

10年前の話だが、俺が尊敬している先輩の話をしようと思う。当時、クライミングを始めて夢中になっていた俺に、先輩が最初に教えてくれた言葉だ。「ペアで登頂中にひとりが転落し…

北海道の海(フリー素材)

イセポ・テレケ

十年以上も昔の話。会社の先輩と中学以来の友人と俺の三人で、盆休みに有給を足して十一日間の北海道旅行へ出掛けた。車一台にバイク一台の、むさ苦しい野郎だけの貧乏旅行だったが、それは…

図書室(フリー写真)

本に挟まったメモ

高校3年生の時の話。図書館で本を借りたら、本の中に『こんにちわ』と書かれたメモが入っていた。次の週にまた別の本を借りたら、『こんにちわ。このまえ…