タイムトラベラー

ABYC000a00fa

10年前、俺が小学6年生の時の話。

ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まったようだった。

「え? 何これ?」と思った途端、交差点のど真ん中に男と女の2人組がいきなり現れた。本当にいきなり、パッて感じで。

見た目は普通の、どこにでもいそうな感じの若い男女だった。ただ二人とも全身黒ずくめだったのが印象に残ってる。

で、現れるなりこっち見て、声を揃えて「あ。」って言った。

俺は何か知らんがヤバイと思って、逃げようと走り出したが、男の方に追いかけられて腕をつかまれた。腕をつかまれたことで完全に恐怖で動けなくなった。

男が俺の腕をつかんだまま女に向かって「失敗してんじゃねーか」とか「失敗だけならまだしも、姿見られたのはまずい」みたいなことを言った。

女の方は必死に男に「すみません、すみません」って何度も謝ってた。

男はしばらく「どうするか」とか「まずいよなー」とか言いながら、困った様子だった。

そしたら男がいきなりこっちを向いて、「このこと誰にも言うなよ?」って言ってきた。俺は怖くて、必死で「言いません!言いません!」って言った。

横で女が「それは駄目ですって!ばれたら余計にまずいことになりますって!」って言ってたけど、男が「バレなきゃいいんだよ、そもそもお前が失敗したんだろー」とか言って揉めだした。

結局、男が女を言い負かしたみたいで、女は泣きそうな顔でしょぼんとしてた。

男が屈んで俺と同じ目線になって「これやるから絶対誰にも言うなよ、頼むから。男の約束」って言って、つかんだままの俺の腕を引っ張って、手に何かを握らせた。

俺が「わかりました、絶対誰にも言いません」って言ったら手を離してくれて、そのまま頭わしわしなでながら「すぐ元通りになるから、もうお家帰りな」って言った。

女の方も「脅かしちゃってごめんね」って、申し訳なさそうに言った。

俺は男に貰ったものをポケットに押し込んで、言われた通りに止まったまま人達の横を通り抜けながら走って家に帰った。

玄関で靴を脱ぎながら、お母さんも止まってるんだろうかと不安になった。

止まったお母さんを見るのがなんとなく怖かったので、いつもお母さんがいる居間の方を見ないようにダッシュして自分の部屋に入った。

ランドセルを片付けてると、居間の方からテレビの音と、テレビを見て笑ってるお母さんの笑い声が聞こえてきたので、居間に行ってみたら、お母さんが驚いた顔して「いつ帰ってきたの?」って言ったのを見て、あ、元通りになった、と安心した。

お母さんに今体験したことを言いたくて仕方なかったが、言わないと約束したので言わなかった。

部屋に戻ると、男に貰ったもののことを思い出して、ポケットから取り出してみた。

和紙っぽい紙に包まれた飴みたいだった。

包み紙から出してみると、ちょっと白っぽい透明な飴で、中心部分が虹色のマーブル模様みたいになってた。

流石に食べるのはヤバイだろと思ったが、好奇心に勝てずにその飴を食った。

味はめちゃくちゃ美味かった。今までに食べたことのないような味で、その美味さはとても言葉では表現できない。とにかくものすごく美味かった。

その後ももう一度その飴が食べたくて、毎日のように交差点の付近をうろうろしたりしてみたけど、一度もその男女に会うことは出来なかった。

今でも交差点を見ると、この体験を思い出す。

柿の木(フリー写真)

拝み屋の不思議な子

うちの母方の家系はいわゆる拝み屋。元は神社だったのだけど、人に譲ってから拝み屋をやっていた。 拝み屋と言っても儲からない。お金は取っちゃいけないから兼業拝み屋。 でもひいじ…

ビル(フリー写真)

何も無い空間

俺が建設業の見習いをしていた2、3年前の体験です。 その年の夏は滅茶苦茶暑くて、その日は特に忙しかった。現場は既設ビル内。 何とか定時までに終わらせなければならず、上の人に…

未来の自分から

今から20年くらい前の出来事。 一人っ子だった俺は、幼稚園から帰ってくるとファミコンをするか家の目の前の公園で一人で遊ぶのが日課だった。 最初はどんな出会いだったかは憶えて…

幸福の妖精

リクルートスーツを見る季節になると、毎年思い出すお話。 俺は就職活動してた。バブル崩壊後の冷や水ぶっかけられた氷河期世代あたりだと思ってくれ。俺は理系で一応研究職希望だったけど、…

茶封筒

不思議な預かり物

これは大学の先輩が体験した実話。 その先輩は沖縄の人で、東京の大学の受験のため上京していた時のこと。 特に東京近郊に知り合いもいなかったので、都内のホテルに一人で宿泊してい…

封じ(長編)

アパートに帰り着くと郵便受けに手紙が入っていた。色気のない茶封筒に墨字。間違いない泰俊(やすとし)からだ。 奴からの手紙もこれで30通になる。今回少し間が空いたので心配したが元気…

明け方(フリー写真)

顔の見えない母親

あれはまだ自分が4歳の頃、明け方の4時ぐらいの出来事。 明け方と言ってもまだ辺りは暗く、周りはぼんやりとしか見えない。 ふと気付くと俺はベッドの上に立たされていて、母親に怒…

北陸本線

二日前だから11月の6日の出来事。終電間近の北陸本線の某無人駅での変な話。 音楽を聴きながら待っていると、列車接近の放送もなく急にホームに列車が現れた。 「うぉっ、時刻表よ…

年賀状をくれる人

高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。 ありきたりな感じの干支の印刷に、差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめで…

天国(フリー画像)

人生のやり直し

俺は一度死んだことがある。 これだけだと訳が解らないと思うので詳細を説明する。 ※ 小一の頃、夏休みが終わり二学期が始まった。運動会や遠足もあったし、毎日普通に生活していた。…