タイムトラベラー

ABYC000a00fa

10年前、俺が小学6年生の時の話。

ある日学校から帰る途中、人通りの多い交差点で信号待ちをしていたら、自分以外の周りの人や道路を走ってる車とかが一斉に止まった。まさしく時が止まったようだった。

「え? 何これ?」と思った途端、交差点のど真ん中に男と女の2人組がいきなり現れた。本当にいきなり、パッて感じで。

見た目は普通の、どこにでもいそうな感じの若い男女だった。ただ二人とも全身黒ずくめだったのが印象に残ってる。

で、現れるなりこっち見て、声を揃えて「あ。」って言った。

俺は何か知らんがヤバイと思って、逃げようと走り出したが、男の方に追いかけられて腕をつかまれた。腕をつかまれたことで完全に恐怖で動けなくなった。

男が俺の腕をつかんだまま女に向かって「失敗してんじゃねーか」とか「失敗だけならまだしも、姿見られたのはまずい」みたいなことを言った。

女の方は必死に男に「すみません、すみません」って何度も謝ってた。

男はしばらく「どうするか」とか「まずいよなー」とか言いながら、困った様子だった。

そしたら男がいきなりこっちを向いて、「このこと誰にも言うなよ?」って言ってきた。俺は怖くて、必死で「言いません!言いません!」って言った。

横で女が「それは駄目ですって!ばれたら余計にまずいことになりますって!」って言ってたけど、男が「バレなきゃいいんだよ、そもそもお前が失敗したんだろー」とか言って揉めだした。

結局、男が女を言い負かしたみたいで、女は泣きそうな顔でしょぼんとしてた。

男が屈んで俺と同じ目線になって「これやるから絶対誰にも言うなよ、頼むから。男の約束」って言って、つかんだままの俺の腕を引っ張って、手に何かを握らせた。

俺が「わかりました、絶対誰にも言いません」って言ったら手を離してくれて、そのまま頭わしわしなでながら「すぐ元通りになるから、もうお家帰りな」って言った。

女の方も「脅かしちゃってごめんね」って、申し訳なさそうに言った。

俺は男に貰ったものをポケットに押し込んで、言われた通りに止まったまま人達の横を通り抜けながら走って家に帰った。

玄関で靴を脱ぎながら、お母さんも止まってるんだろうかと不安になった。

止まったお母さんを見るのがなんとなく怖かったので、いつもお母さんがいる居間の方を見ないようにダッシュして自分の部屋に入った。

ランドセルを片付けてると、居間の方からテレビの音と、テレビを見て笑ってるお母さんの笑い声が聞こえてきたので、居間に行ってみたら、お母さんが驚いた顔して「いつ帰ってきたの?」って言ったのを見て、あ、元通りになった、と安心した。

お母さんに今体験したことを言いたくて仕方なかったが、言わないと約束したので言わなかった。

部屋に戻ると、男に貰ったもののことを思い出して、ポケットから取り出してみた。

和紙っぽい紙に包まれた飴みたいだった。

包み紙から出してみると、ちょっと白っぽい透明な飴で、中心部分が虹色のマーブル模様みたいになってた。

流石に食べるのはヤバイだろと思ったが、好奇心に勝てずにその飴を食った。

味はめちゃくちゃ美味かった。今までに食べたことのないような味で、その美味さはとても言葉では表現できない。とにかくものすごく美味かった。

その後ももう一度その飴が食べたくて、毎日のように交差点の付近をうろうろしたりしてみたけど、一度もその男女に会うことは出来なかった。

今でも交差点を見ると、この体験を思い出す。

関連記事

機関車(フリー写真)

電車の幽霊

埼玉の三郷に操車場跡という所があります。地図にも載っています。心霊スポットとしては途中のお化けトンネル(化けトン)が有名ですが、体験したのはその近くの建物です。操車場は…

女性のシルエット(フリーイラスト)

妻の生き霊

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。トントンと包丁の音がする。台所では妻が昼飯を作っているようだった。テレビを点けて携帯を見ると、一昨日内…

手伝うよ

私が通学する駅は自殺の多い駅だ。そのせいか、電車の急停止が多い。急停止が多いあまり、学校や会社に遅れても「電車が」「自殺があって」と言えば遅刻扱いにならず、受験は余った…

10円おじさん

10年程前に会った10円おじさんの話をします。当時、高校を卒業したばかりで、仲間とカラオケに行きました。一両や二両しかない電車の通る無人駅の傍にある小さなカラオケ店です…

山神様

これは、俺の曽祖父が体験した話です。大正時代の話ですので大分昔ですね。曾じいちゃんを、仮に『正夫』としておきますね。正夫は狩りが趣味だったそうで、暇さえあれば良く山狩り…

無人駅

見知らぬ駅

今でも忘れられない、とても怖くて不思議な体験。1年と半年ほど前になるでしょうか、私がまだOLをしていた時の話です。毎日毎日、会社でのデスクワークに疲れて、帰りの電車では…

夏みかんの木(フリー写真)

夏みかんの木の神様

少し不思議な話を親から聞きました。自分の親は今から25年前、八丈島という所に転勤になったそうです。そこの社宅(一軒家)の庭に、一本の夏みかんの木が植えてあったのですが…

女性のシルエット(フリー素材)

この女になろうと思った

友達が経験した話です。高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された(Aも男)。Aはショックで混乱しつつも、Bを傷付けないよう丁寧にお断りしたそうだが、Bか…

イタチの仕業

祖母の葬式の晩の事。田舎の古い屋敷で壁3面ガラス張りの小さな和室に1人だった。長い廊下の突き当たりの座敷には祖母が安置されていた。裏の山には江戸時代からの一族の墓が並び、近くの公園…

思い出

小学生になったばかりの頃の話。学校の近くに沼を埋め立てて造った更地があって、放課後になると鉄条網の隙間から友達と潜り込んで遊んでた。あの日。埋められた地面の一部が、底が…