不思議な老人と駅

駅(フリー写真)

今年の夏に体験した話。

雨がよく降る火曜日のこと。その日は代休で、久々に平日をゆっくり過ごしていた。

妻はパート、子供達は学校。

久しぶりの一人の時間に何をして良いやら分からず、取り敢えず外へ出てみた。

すると、家の前を一人の老人が横切って行った。

それを見た途端、車で出掛けようと思っていたはずなのに、何故だか外を散歩したくなった。

平日の昼間、雨の中、誰も居ない道路。これらのキーワードがとても懐かしくなり、傘を差して歩き出した。

ブラブラ歩いていると、目の前には小さな市電駅。

それも懐かしく思い、駅に入ってみた。

誰も居ないホームに雨の音…。

私は、今度は電車に乗りたくなり、切符を買った。

行く宛など無かったので、取り敢えず3つ先の駅、実家のある駅まで行こうと決めた。

ホームのベンチに座り電車を待っていると、向かいのホームに先程の老人と思われる方が座っていた。

気にも留めずに、ぼーっと『電車を降りたら母校まで歩こうかなー』などと考えていた。

ふと左横を見ると、向かいに居たはずの老人が横のベンチに座っていた。

向かいのホームとこちらのホームを繋ぐ陸橋は私の右側。

誰も横切ってはいないはずなのに、そこには老人が座っていた。

普通ならとても怖くなるところだが、何故か私は怖くはなかった。

それどころか気にも留めていなかった。まるで不思議な事ではないように…。

田舎の電車は、平日の昼間なんて一時間に一本。なかなか来ない。

また横を見てみた。誰も居ない…。『あれ?』と思い右を見ると、私のすぐ右隣に座っていた。

流石に驚いた。

驚いたのだが、それよりも、その老人が誰かに似ていることが気に掛かった。

『あれ? 誰だっけ?』と真剣に考えていた。そんな中、電車が来た。

私は電車に乗ったが、老人は乗ろうとはしなかった。

きっと次の電車に乗るのだろうと、さして気にも留めず、私は電車の中であの老人が誰だったのか考えていた。

考えて考えて、二つ目の駅でやっと思い出した。

4年前に亡くなった親父だった。

何故すぐに思い出せなかったのか不思議だ。

あの時の空間には、不思議な空気が確かに流れていた。

異世界から来た友人

毎年夏に地元に帰って高校の頃の友人5人で集まるんだが、今年の夏にちょっとおかしな事があった。 どうにも意味が解らない話で、誰かに聞いて欲しくて。 みんな30代半ばになり、子…

湖(フリー写真)

弘法大師の涙雨

昔テレビで見た話。 今から20年程前、香川県民の水瓶とも言える満濃池が干ばつで干上がった。 満濃池は、かの弘法大師が築いた溜め池で、近隣に幾つもある灌漑用池が干上がる事が…

ドアノブ

奇妙なセミナー

これは私が幼稚園の年長から小学校低学年の頃に体験した話です。 幼稚園年長の頃のある夜、母にそっと起こされ、着替えをさせられて車に乗せられた。 車は見た事もないような暗い裏道…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。 山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

鳥居(フリー素材)

お狐様

これは私が、いや正確には母が半年前から9月の終わり頃までに経験した話です。 今年の7月某日、諸々の事情で私は結婚を前に実家へ一度帰省するため、アパートから引越しすることになりまし…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。 オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。 東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

犬(フリー画像)

愛犬との最期のお別れ

私が飼っていた犬(やむこ・あだ名)の話です。 中学生の頃、父の知り合いの家で生まれたのを見に行き、とても可愛かったので即連れて帰りました。 学校から帰ると毎日散歩に連れ出し…

ガラス窓(フリー写真)

ガラスに映る人

私はN県の出身で、私が住んでいる街には、地元では有名なカトリック系の女子大があります。 私の母はその大学の卒業生でもあり、その頃講師として働いていました。 当時中学生だった…

谷川岳(フリー写真)

谷川岳の救難無線

大学のワンゲル時代の話。 部室で無線機をチェック中に、 「どうしても『SOS』としか聞こえない電波がFMに入るんだけど、どう?」 と部員が聞いて来た。 その場に…

異なった世界のスイッチ

アサガオが咲いていたから、夏の事だったと思う。 私は5歳で、庭の砂場で一人で遊んでいた。 ふと顔を上げると、生け垣の向こうに着物姿の見知らぬお婆さんがニコニコして立っている…