時間停止

time-travel2-photo-courtesy-of-junussyndicate-on-deviantART

小学生の時の話。

昼休みの校庭で、10秒ほど周囲が1/10秒シャッターで写真を撮ったように止まったことがあった。

単に止まったのというのは少し違う。慣性の法則を無視してピタリと静止。止まっている映像が見える以外、つまりの視覚以外の五感は喪失していた。

「あっ・・・止まってる」という思考を頭の中でなんとか搾り出した瞬間、ズンと周りが動き始めた。動きが戻るときも体は何の違和感も無く、バランスを崩すこともなく、停止する前と同様に走り続けていた。

止まっただけなら良かったが、その前後で友人関係が変化していたからあの時は参った。

顕著なところでは、仲の良かった仲間3人組みが解体していて友達以前のただのクラスメートになっていた。また一番いがみ合っていたやつが普通にしゃべりかけてくる、ちょっと仲のいいやつになってた。

次元の歪み

先に断っておきます。この話には「幽霊」も出てこなければいわゆる「恐い人」も出てきません。あの出来事が何だったのか、私には今も分かりません。もし今から私が話す話を…

山道

途切れさせてはいけない

俺の嫁が学生の頃の話。オカルト研究サークルに入っていた嫁の友達K子が、心霊スポットについての噂を仕入れて来た。東北地方某県の山中に、周囲を注連縄で囲われている廃神社があ…

ヒサルキで思い出した体験談

あれは私が小学校4年生くらいの頃だった。私が通っていた小学校は全校生徒40人弱と過疎化が進んでいる田舎の学校で、とにかく周りは山や段々畑ばかりで、コンビニなんて学校から10キロ…

公園

代弁者

今年の秋頃かな。二条城の周りを走っていた時の話です。トイレがあるんですけどね、そこに三つほど腰掛けやすい石があるんです。そこで走った後の興奮を抑えるために、ぼんやりと座…

手形

友達の先輩Aとその彼女B、それから先輩の友達Cとその彼女Dは、流れ星を見に行こうということで、とある山へ車を走らせていました。山へ向こうの最後のガソリンスタンドで給油を済まし、…

更衣室のドアノブ

私は初等教育学科で勉強していて、この科は文字通り小学校教諭を目指す人たちが専攻しています。授業の中には『学校給食』やら『体育』やらといったものもあって、私は体育が苦手でした。 …

都市(フリー写真)

見知らぬ町

俺が高校生の時に出会った時空のおっさんの話。その日は友達と遊んでから帰って来て、自分の部屋(一戸建ての3階)で寛いでいた。ベットに寝転び、伸びをしながらリラックスしてい…

材木(フリー写真)

木こりの不思議な話

朝、林道を車で走って現場へ向かう途中の出来事。前を歩いていた登山者が道の脇によけてくれたから、窓越しに会釈をした。運転していた相方は「お前、何してるんだ」と言い、…

昔の電話機(フリー画像)

申し申し

家は昔、質屋だった。と言ってもじいちゃんが17歳の頃までだから私は話でしか知らないのだけど、結構面白い話を聞けた。田舎なのもあるけど、じいちゃんが小学生の頃は幽霊はもちろん神様…

登山(フリー素材)

赤い着物の少女

システムエンジニアをやっていた知人。デスマーチ状態が続き、残業4、5時間はザラ。睡眠時間は平均2〜4時間。30歳を過ぎて国立受験生のような生活に、ついに神経性胃炎と過労…